2019年10月21日

ラグビーファン一挙にふえた。

ラグビーワールドカップが9月中旬から日本で開催されているが、予選リーグで日本チームが世界の強豪チーム相手に大善戦、4戦を全て勝利して、決勝リーグに進み、準々決勝トーナメントで南アフリカと20日夜対戦、敗戦となったもののこれまでの日本チームの団結力を高めるチームとしての取り組みにも応援するサポーター誰もの感動を与えたと評価されている。
ラグビーといえば猛者の集まりで、格闘技まがいの評価をこれまでされがちだったが、トライを目指して全員が一丸となって前に勇気をもって突進する姿が、いま開かれているワールドカップで多くのファンを引き付けた。日本代表チームにも外国人出身者が多いのだが、彼らそのものが日本代表としての心構えが、心底持たれている姿にも共感を呼んだものであろう。今や地球人として差別もなく、戦いが終われば敵も味方もなく讃えあうノーサイドの精神も、共感を呼ぶラグビー独特のスポーツ感にもみんな酔いしれものだろう。
誠意のベスト8に日本代表が残った。これからベスト4、決勝戦と熱い戦いが続けられるが、ますます盛り上がって応援熱も高まることだろう。
スポーツによる感動は何より爽やかで、心が豊かになる浄化剤だ。
posted by 明比昭治 at 13:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする