2019年12月10日

臨時国会閉幕。どんな法案が成立したの?

参議院選挙が終わって、臨時国会が開かれていたのであるが、12月9日閉幕した。次は来年1月20日ごろから通常国会が開かれ、令和2年度の予算審議のほか、国際動向を含め外交や、低迷する経済状況、重要な国内の諸制度の見直し・改正・立法に真剣に取り組まれるのだろうか?
今回の臨時国会の審議状況を見ていると、国会がやらなければならない職務責任はどうなっているのだろう?と疑問を抱くし、この国の将来にだれがどう責任をもって進めてゆくのか、現状の無責任状況が残念でならない。経済状況(GNP・GDP)・教育水準・福祉水準などなど世界の先進国として成長し、自負も持っていた我が国の状況は今日どうなのだろう?さてこれから20年後はどんな状況なのだろう。
誰が想像しても今の状況が保たれているとは思わないことは明白だ。給与は上がらない、預金の金利はつかない、年金はカットされる、医療費や介護費用など自己負担比率は上がらざるを得ないだろう。こんな将来不安が蔓延しては、結婚も子育ても難しい。人口は急速加速度的に減少する、まさしく負のスパイラルへの突入で、中国・韓半島・ロシアとの関係も想像すると恐ろしい。
令和となり天皇陛下のご即位で、国民が一体となりこの国の独立した国体を守らなければならないことは陛下も訴えられた。もはや瞬時もおろそかにせず、国会で責任ある審議と立法を取り組まなければならないと強く訴えるものだ。与党も野党もない。

posted by 明比昭治 at 12:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする