2019年12月25日

今年の出生数予想以上に減少・・どうなる日本の将来

このほど2019年の出生者数を厚生労働省が86万4千人と発表された。私が生まれた1948年の戦後のベビーブームと言われた時代には250万人ほどでしたから。何と今では3分の1です。国が予測していた将来推計よりも2年も早く少子化に歯止めがかかっていないようです。
年間の死亡者による減数は137万6千人で、差し引き総人口自然減数は年間51万2千人となり、総人口の減少も予想以上に進むことになるのでしょう。
国の成り立ちは国民であり、安定して発展できる適切な人口構成により国力の維持を計ることは政治・政策の基本ですから、国の適切なコントロールが機能する政策が必要でしょう。今がプライベート思想を重視するあまり、結婚とか子育てとかに踏み込むと、セクハラだ!パワハラだ!と、本来正常な人間としてや社会人としての営みの問題を話すことさえタブー視される風潮は改められなければならない。もちろん人間的営みをするための生活基盤をしっかり支え築ける社会の構造をしっかりと整えることもしっかり行い、必然的に相乗効果で安心と信頼社会を築くことが大切でしょう。
結婚・子育て・仕事のサイクルがうまく機能する社会環境の整備充実が求められ議論され久しいのですが、実効が上がらないから期待する効果が表れていないのでしょう。「子供は国の宝」です。大人の勝手な理屈と都合ばかり議論せず、大人のわがままを超えて、30年先を見据えた子育てを考えましょう。

posted by 明比昭治 at 10:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする