2020年01月26日

大相撲も大波乱。幕尻「徳勝龍」優勝!

大相撲の初場所はは波乱や物議をかもす場所であった。優勝は幕尻の33歳「徳勝龍」が千秋楽の結びの一番で土俵に上がり、大関「貴景勝」と対戦、見事寄り切りで破り、14勝1敗で初優勝を果たした。勝利をかみしめ土俵上で涙した姿に相撲ファンは感動した場面だった。またそのあとの優勝力士へのインタビューでも実に初々しく好感を示していた。幕尻力士の優勝は2000年春場所で「貴闘力」以来20年ぶりで2人目とのことだ。
本人にとって十両を24場所、幕内に上がってからも25場所を勤めているところの苦労の末の結果として最高の幸せを感じていることだろう。
ところで今場所は、白鵬・鶴竜の両横綱が序盤の途中から休場する寂しい場所でもあった。この2・3年横綱が休場する場所が増えているが、横綱の進退問題も議論されることに繋がってくるだろう、また大関もカド番となっていた「豪栄道」が負け越し陥落が決定的だろう。かつて大関を勤めていた「高安」もかつての気迫がみられない。小兵の「炎鵬」が面白さで人気者とはなっているが、やはり今場所も8勝7敗と勝ち越したものの、大関に昇進するまでの期待は持てないだろう。中で「正代」が今場所13勝2敗と頑張ったのが将来につながる楽しみであった。
何といっても大相撲は国技であり、裸で堂々とぶつかる勝負スポーツとして圧倒的に国民から支持もされファンの期待も大きい。けがをして痛々しい力士も見られるが怪我には十分注意して、楽しませてもらうことをこれからも期待したい。
posted by 明比昭治 at 21:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする