2020年02月25日

「大型クルーズ船乗船客の県人7名」陰性で帰県。

今日から第367回愛媛県議会2月定例会が、3月18日までの日程で始まった。冒頭の挨拶で知事から新型コロナウイルスの国内での感染状況の中、大型クルーズ船「ダイヤモンドプリンス号」に乗船していた県人7名が、陰性と判断され22日に下船され、県内に帰宅していたと国から連絡があり、県として各人に連絡を取って経過を確認、県の独自の検査でも25日(本日)陰性と確認されたと報告があった。
まだまだこれからも全国で感染が広がる心配がある。人の移動や集会の機会などが年度末を控え多くなり避けられない。学生も試験シーズンだ。
ここが感染拡大を抑え、重篤者や蔓延を抑えるために重要な時期でもあろう。一定の強制的移動制限の決断も必要だろう。主催者は実施か?・取りやめか?厳しい決定の決断力を求めたい。触らぬ神にたたりなし。危険回避は自己責任でもある。
さて、令和2年の当初予算も含め、まだまだ2年前の西日本豪雨災害からの復旧・復興に国の支援も得て大きな予算で取り組まざるを得ないのだが、人口減少も伴う地方の活力低下をいかに抑え、伸ばすべき分野に力を注いで地方創世に力を入れてゆくかの質の高い実効性のある政策に取り組むかが問われる時代だ。これらの点を活発に議論しながら県民の期待と負託にこたえる議会に取り組みたい。
posted by 明比昭治 at 11:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする