2020年03月06日

後手後手と解され「内憂外患」の政府。

国内も世界各国も「新型コロナウイルス」対策で、四苦八苦で早期終息のため努力をされているのだが、それぞれ国の事情もあり措置も色々あるが、海外渡航に対してもその違いからギクシャクしているようだ。特に我が国は4月に中国の習近平主席の公式で初来日の予定を進めていた中での
慎重な検討を求められる状況があったことも政府としては慎重にならざる得ない大きな要因で、政府のとるべき対策が後手後手ちぐはぐと、国内も海外にも映って、政府批判が集中しているようだが、批判ばかりで押しを引っ張っていても早い解決には結びつかないだろう。
何度もう言うが誰も悪意で取り組んでいないのだ。大変だがみんなで我慢・苦労を分かち合い頑張ろう。
posted by 明比昭治 at 12:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする