2020年03月15日

孫はやっぱり可愛いもんですね!

新型コロナウイルス対策で諸行事も控えられ中止が多く、そんな状況なのでこちらからあまり押しかけて訪問したり、会合を持ったりもしばらくは慎み、収束を待つようにすべきとして時間に余裕もできているのだが、学校も休校となっているので孫たちも同じように自宅待機では時間が余って仕方がないようだ。さりとて人ごみの中へ出歩くわけにもゆかず、いきおいじいちゃんの事務所でパソコンいじくっている。
だけどじいちゃんも怒るわけにもいかず、にこにこ付き合うばかりだ。孫はかわいいとよくいわれるが、まさに一緒にいて賑やかにされても腹が立たないのは不思議なものだ。
先月3日の節分に次女のところに3人目で、私には7番目の女の子の孫がうまれ、1っか月が過ぎたがまだ目が見えないと思うが、あやすとにこっとしたりもする。女の子なので泣いても耳につくような大声もない。もう10年も余って赤ちゃんを抱くこともなかったが、無理にでも抱いて相手をしてもらいたい気持ちにさせられる。しっかりスキンシップをはかっておいて、先々でも声をかけてくれるようにしておかないと・・・。
息子のところの孫は岡山なので年に数回1ッ泊くらいでくるのだが、2人の娘は市内に嫁いでいるので、外孫といえどしょっちゅう来てくれるので、孫たちにいつも癒されている。大きい子は今度高校へ進み、次は中学へ進む、自分に悔いのない人生を築いてくれたらそれでよい。
posted by 明比昭治 at 20:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする