2020年04月18日

ゴールデンウィークをどう過ごされますか。

連日コロナ対策の話題が頭から離れませんが、「非常事態宣言」を全国対象に発し、ゴールデンウィークに外出を控え、移動をしないようにして、対人接触機会を80%通常生活から減らし、感染防止・拡大防止・医療崩壊防止をするために、この2週間がコロナ終息へ向けての重要な局面としている。先に中国の武漢から発生したとの説が通説だが、中国では「春節」という旧正月のお休みで里帰りなどの大移動がある時期だったが、都市閉鎖・移動制限禁止の強硬手段で、多くの罹患者や死亡者を出したが、現在は終息へ向かって危機を脱出したようでもある。
この中国の例も見ながら、日本でもこれからのゴールデンウィークの人の移動を制約し、抑え込みを図らねばならない。通常ならば折角のゴールデンウィークを満喫し、リフレッシュをしようと計画を立てわくわくしているところだろうが、どうか今年は我慢しよう!ここで抑え込まなければ夏休みもない、秋祭りもない、仕事もできないそんなことになってしまうのだ。この2・3か月の自粛でもうすでに経済的にも大打撃を起こしているが、このゴールデンウィークを明けるまで、空振りの無駄をなくして我慢し、再起の力を温存養っておこう。
学生さんも家族も故郷でみんなと過ごしたいだろう。休んで自宅にこもっていてもストレスで滅入ってしまいそうなことだろう。すでに土日の休日でさえ、自宅で過ごす時間を持て余しているのにどうしよう。近場で時間を過ごせる施設も締まっている。ここは毎日コースを換えて市内巡りの散策とかで、草引き奉仕をしたり、ごみ拾いもいいだろう。新しい自分たちが出来る何かの活動を発見しよう。読書などで新しい趣味の掘り起こしをしてみよう。子供たちがテレビゲームに浸りすぎないように、子供と家族が一緒に取り組むことを相談して触れ合おう。滅入りこんでしまわないよう楽しみをみつけよう。
posted by 明比昭治 at 10:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする