2020年04月30日

国も県もコロナ対策補正予算可決。

国においても愛媛県においても、新型コロナウイルス対策の補正予算が4月30日成立した。非常事態宣言で外出規制や三密をさけるための制約を国民に求め、事業活動の制約から雇用の確保の問題、経営圧迫など、医療にかかる充実はもとより、国の経済や国民の生活の圧迫などの諸問題に応え、早期終息・収束に取り組むための、施策と予算だが色々メニューもあるが、実態に即して早期に効果的に実行されることを期待したい。
実態を調査して要望にいち早く応えるようにとの声も多いが、相談に行こうにも、外出規制をされている中で身動きも取りにくいだろう。電話で受け付けるということで、電話してみるとコールセンターで形道理の対応をされ、かえってストレスに陥らせるようなことにならないよう、親切丁寧な取り組みを願いたい。県議会での審議に中でも制度が各般にわたり取り組まれるが、縦横の連携も取りながら実が役立つことに取り組む要望をしたところだ。
まだまだ終息が見えないことから、非常事態宣言も継続されることになろう、地域で実情が異なる部分もあろうが、国において調整し国民の移動で蔓延の歯止めがきかないことにならないよう、その他学校の開設などについてもあまりばらばらの意見で混乱をきたさないよう、財政的支援施策も今後も柔軟な対応で、国家が疲弊しないように取り組まれたいものだ。
posted by 明比昭治 at 13:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする