2020年05月25日

今年も蛍が舞い始めた。

このところ連日気温が上昇し、昼間は夏日のようになってきた、田んぼには田植えの準備で水が張られる時期になり、17日に環境美化奉仕グループで、月に1度の草刈りやごみ拾い活動をしたところだが、ここに例年のように蛍が飛び始めた。嬉しい限りでみんな待っていてくれただろう。
5月24日現在では150匹くらいだが、これから半月ほどに徐々に増え始め1000匹に余るようになるだろうと思われる。先の草刈りの時にあまり水際を刈り過ぎると蛍の繁殖や休息の場がなくなるので気にしながら刈り込んだのだが、今年はうまくいったようで明るくよく動きが見える。
コロナ対策で世間は暗いので、せめてもと明るく飛んでくれているのだろうか?
ただ、大きな市道沿いの100メートルほどの間にあるのだが、車のライトや通行には気を付けなければならない。(駐車場もないので、これも気を付けてほしい)。だが今年はJR 線路脇にある土木会社の資材置き場になっていたところが整理され整地されているので、ここに駐車も許されると思うし、この駐車場の奥の水路やJR線路土手にも蛍が多く見られるので楽しめよう。密になることは慎んで、蛍を持って帰らないように!
ほんの小さな明かりであり、初夏の夜のわずかな時間にしか見られないが、人々の清涼剤となって癒してくれる。こんな環境をみんなで大切にしたい。
posted by 明比昭治 at 11:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする