2020年06月25日

ユニクロの柳井会長京都大学へ100億円寄付。

京都大学には医科学でノーベル賞受賞者お山中教授・本庶教授の2人がいらっしゃり、IPS細胞や医薬の分野で先駆的に取り組まれ人材を育成、技術の進歩に取り組まれ、ご本人の業界との関係でも研究資金のバックアップが寄せられているようだが、今般ユニクロの柳井会長から個人として
私財から10年間にわたり、合計100億円を寄付するとの発表があった。
まさにコロナ対策で莫大な国家予算が必要となっている時、こんな大きな善意の表明は国民みんなを原義付け、温かくするニュースだ。
富める人が貧しい人に慈悲の心を配ることは、素晴らしいことですが、中々できることではありません。世界の富裕者ランキングに入るほどの富裕者に柳井会長はなっており、もうこれ以上増やす必要もないのだろうが、節税対策で寄付すると益々可処分所得が増えることだろう。
一般庶民では中々寄付をするのは勇気がいる。何で造った金なんだろうなどと要らぬ詮索をするのも俗人の嵯峨だ。日本の頭脳が外国へ流出することも危惧されながら、止まらない現実があるが、ぜひ国内で若者が育つように有用な環境に役立てられたいものだ。
posted by 明比昭治 at 12:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする