2017年01月09日

新成人おめでとうございます!自覚を!

今日は成人の日全国で20歳をお祝いする成人式も行われることでしょう。西条市では昨日実施されました。他でも出席しやすい日に都の配慮で、行政の式典を設定されているところも多数あるようです。いずれにしても新成人として、社会では完全に責任ある成人として認められる大人の入り口をみんなでお祝いし、本人には自覚をしてもらうことも大事な節度と思います。
全国では今年は126万人余で昨年より6万人多くなっています。少子化の中にあって第3次のベビーブームの子どもたちでしょうか?
愛媛県では12,799人、西条では1055人でした。選挙権年齢も18歳に引き下げられ、選挙権に対する話は新鮮味が亡くなりましたが、酒やたばこは20歳からと、これまでどおり法律に規定があります。
ところで成人式に参加する衣装が、近年ド派手になったり、会場周辺で騒ぎ立てる例もまだまだ全国ではあるようで、報道されています。この時にしかできないからと無法なことが許されるわけではありません。これこそ人に迷惑をかけない社会人としての自覚をしっかり持ってほしいものです。一部の心無い行動でみんなを不快にさせてはいけません。
みんなで支えあって、秩序ある社会の主人公として自覚を深め、今後の大人としての人生の素晴らしいスタートをお祝いします。
posted by 明比昭治 at 15:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

お日待祭・とうど祭。

今日は田舎(西条)の伝統行事が重なり、参加させてもらった。朝8時に男性陣が集合。本当は若い衆が中心となりべきだが若者が減ってしまい老若を問わずとなってしまっている。まず神社(伊曽乃神社)へ行き氏神さんのお札を受け、神輿を担いでともに家々に配って廻る、この時お寺(臨済宗保国寺)の経本の入った大般若箱も一緒に借りてきて、家々をまわり本年の厄除けを祈る行事で、「お日待祭」を行った。本来は新年の6日から7日にかけて日の出に家内安全や・五穀豊穣をお祈りしたものだろうが、夕刻に再度集まり、婦人たちが作ってくれたご馳走で、懇親会としている。今では勤め人も多くなったので正月3が日を除く、最初の土曜日と決めている。また自治会の四方の角には、厄払いの「辻札」も建てる。こんな行事である。
また、お正月の玄関や床の間に飾った「注連縄」をはやす(燃やす)『とうど祭り』も今日行われた。これも本来は10日の鏡開きなどに合わせて行われるものだろうが、やはり土曜日とか日曜日に行われるようになった。今日はあいにく雨模様で竹で組んで作った「とうど」さんがうまく燃えないハプニングもあったが、皆さんだ持ってきた「しめ飾り」は無事燃やすことができ、また婦人会がふるまってくれた甘酒などをみんなで頂き、無病息災を祈った。
こんな田舎で何とか継承されている行事にこそ心のぬくもりがあり、末永く継承されたいものだ。

posted by 明比昭治 at 15:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

明るい笑顔の年賀交歓会。

西条市内で新年早々からいろいろな年賀の挨拶の機会が続いている。感想として総じて皆さん明るくいい年にしましょうね!と声を弾ませているのが感じられる。昨日も西条商工会議所の年賀交歓会があったが、昨年10月に伊藤剛吉会頭から星加隆夫会頭に交代引き継がれ、多くの役員の交代もあったようだ。11月には青野勝市長から玉井敏久市長に交代市政も引き継がれた。
このように政財界のトップが変わり、あらためて皆で協力して、何か西条らしい清新な地域づくりを目指そうや!との思いが感じられ、これまでの歴史の上に立って、地域力を破棄しようとの、力強い息吹のようなものが感じられうれしい。
今年は愛媛国体・えひめ大会・東予東部(西条市・新居浜市・四国中央市)の地域資源を生かした魅力発信を県としても重点施策になるので、これらを起爆剤に自らの力で構成の繋ぐ「エネルギー」をレガシーにすべく取り組もうと私も呼びかけさせていただいている。みんなで地域の良さを知り、大いに磨きをかけてゆきましょう。
posted by 明比昭治 at 10:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

2017年仕事始め。

今年も今日から仕事始めです。皆さんそれぞれに新しい年を迎えて今年はこんな年にしよう。こんなことに取り組んでみよう、と決意や意気込みを持たれて臨まれていることと思います。よく「3日坊主」ともいわれ、中々継続するには強い心が必要です。
今更ながらですがやっぱり成果を収めた人の足跡を見てみると日々の精進努力が実を結んでいます。
今年も正月恒例の90年の歴史を積んだ「箱根大学駅伝」が行われましたが、それぞれの選手は毎日毎日練習を積み重ね、チームとして自分の役割をしっかり果たし、仲間に繋いでゆく責任が問われる厳しい戦いです。これに私は良く当てはめて、日々の努力を誓っています。明日のために今日も一日頑張りましょう。
posted by 明比昭治 at 09:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

「えひめ国体」「えひめ大会」開催を一丸で!

1月3日「2017新春えひめスポーツの集い」が、松山全日空ホテルで開催された。毎年開かれていることではあるが、今年はいよいよ9月30日より国民総合体育大会「えがおつなぐ愛媛国体」続いて全国障害者スポーツ大会「えひめ大会」が10月30日までの、1ケ月間にわたり県内各地で開催種目ごとに実施される年の初めにあたり、関係者が集いこの大会の成功に向け、一丸となっての取り組みを誓い合う、熱を帯びた集いであった。
私も県スポーツ少年団本部長を務めさせていただいており、故に県体育協会の理事も務めさせていただいているため、責任の重さも嚙み締めるところである。
何としても開催県として「天皇杯獲得」の総合優勝を!昨年の岩手大会は7位まで上昇したのだが、これから最後の踏ん張りで目的達成に向け、県(知事)・体協関係団体・支援企業行政などなどオール愛媛体制で取り組もうと意気を上げたところだ。
大亀県体協会長の悲願であり、そのための協力・支援金なども他県に比しても例がないほどまとまっていると思われる。
天皇陛下も開会式にはご出席いただくのだが、このことも県民上げてご歓待をし、日本国の弥栄をともに祈りろう。
まさに64年ぶりの祭典を未来に繋ぐものに皆で取り組もう!

posted by 明比昭治 at 15:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

穏やかに新年の幕開け。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。朝5時起床、例年の通り地元の氏神と言いながらも、旧「国幣中社」の『伊曽乃神社』の歳旦祭に・・・。夜明け前の一番冷え込む時間なのだが今日もきりっとしまる霊気の中行われ、この国や地域の安全・安心、天皇家のご安泰と家族の平安などなどの思いを込め、また元気で見守っていただいていることへの感謝の気持ちをこめての初詣であった。
この後も、地域の『橘新宮神社』さらに『石鎚神社』のお参りし、石鎚神社では「感謝」と揮ごうさせて頂いた。
どうか皆さんお互いよき年に仕様ではありませんか。年末に安倍総理がアメリカの皆さんの『寛容』の心が平和を守る根本だと説かれたが、まさに寛容の心を大切にしようではありませんか。
posted by 明比昭治 at 19:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

ゆく年くる年お幸せに!

とうとう今年(2017年)もカウントダウン状態となりました。今年もお陰さまで元気に過ごせ、また着実に自分の心に成果を残せたことに、そしてその成果に為に多くに皆さんにお力添えを頂いたことに、感謝の1年でした。
こうして皆さんに支えて頂いでいることに幸せこの上ありません。この幸せがどうか来年にも続きますように!それには私自身が一層の努力精進が必要であることは言うまでもありません。どうか見放さないようにお付き合いをいただきますことを改めてお願いします。
世の中いろいろありますが、決して責任を相手や周りに人に転嫁して、自分を正当化することにばかり奔走するようなことの無いように、みんなで幸せを分かち合えるようにしようではありませんか!皆様とともに本年も充実し、幸せ感を保てる年になることを念じます。みんな頑張りましょう!


posted by 明比昭治 at 19:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

「和解の力」で平和を守る。安倍総理真珠湾で表明。

安倍総理はアメリカ・ハワイの真珠湾を訪問、かつて敵同士だった日米を今日の姿に結び付けたのは「寛容の心」がもたらした『和解の力』だと述べ、日米は今こそ寛容の大切さと、和解の力を世界に向かって訴え続けていく任務を帯びている。とオバマ大統領とともに真珠湾の追悼施設「アリゾナ記念館」で献花黙祷をささげた後に、訴えた。
1941年(昭和16年)12月8日の旧日本軍による真珠湾奇襲攻撃の犠牲者に対し「この地で命を落とした人々の御霊に、ここから始まった戦いが奪ったすべての勇者たちの命に、戦争の犠牲となった数知れぬ民の魂に、永劫の哀悼の誠を捧げ、戦争の惨禍を二度と繰り返してはならないとの「不動の方針」も強調した。その上で、真珠湾攻撃に参加し戦死した日本海軍士官の勇気を称え米軍が墜落現場に記念碑を建てたように、日本の戦後復興と国際社会への復帰を支援した米国民の「寛容の心」に心から感謝を申し上げ、憎悪が憎悪を招く憎しみの連鎖はなくなろうとしないが、寛容の心、和解の力を訴えてゆかなければならない。日米の同盟・絆こそ『希望の同盟』だとも説明したそうだ。
まさしく積極的平和外交に取り組む安倍総理の決断で、真珠湾への慰霊訪問は平和への礎となってほしいものだ。
また総理は、ハワイ沖で米戦艦と愛媛県立宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」が衝突し、犠牲とり亡くなった9人の生徒をまつる「えひめ丸碑」にも慰霊訪問献花をされた。思いは見えないが「思いやり」の行動は見え、人々の心に残ることだ。
posted by 明比昭治 at 09:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

相変わらずパクリか?上海「大江戸温泉物語」

なんと上海に「大江戸温泉物語」!東京お台場の温浴施設として東京の新名所と名高い「大江戸温泉物語」と同名で外観もそっくりな温浴施設が中国・上海にオープンしているという。上海側の運営会社は「名称の使用権」を関連会社を通じ、昨年11月から3年間の期限で、日本の「大江戸温泉物語株式会社」と業務提携を結んだ。さらに権利取得後に運営ノウハウや従業員教育を学ぶため、12名の従業員を東京の店舗で学ばせた。と発表しているという。
日本側の会社は、上海ン会社が発表した文書は把握しているが、内容はすべて事実無根で非常に困惑し、弁護士などと相談し法的措置も含めて必要な対応を検討中のようだ。
どちらの発表を信じるか?国内での騒動でなく国際的な騒動なので、直接庶民には影響も感じないことだが、商標権や特許権については何時かの時点で、当事者にとってはグローバルな世界情勢の今日の状況では、国際的にも非常なダメージ受けることになるため、ゆるがせにしてはならない問題なのだ。又かと笑って済ませられる問題ではない。
無効にもそのことがよくわかっているので、より巧妙にあの手この手を考えてやっているのだろう。直接当事者にならないよう中国内部で巧妙に中間で焦点をはぐらかせる手法もとっているのだろうと思える。
いずれにしてもあの手この手の知恵で、はばかりもなく騙された方が悪いがごとく、商魂たくましい中国のことを良く知っておこう。
posted by 明比昭治 at 10:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

おめでとうございます!

天皇陛下におかれては、昨日83歳のお誕生日をお迎えになられました。国民こぞってお祝いを申し上げます。昨日の宮中参賀の皆様を前にしても、新潟糸魚川市での火災の被災者にお見舞いのお心づかいも頂いたようで、その優しいお心には敬服のほかありません。また年齢を考慮され自ら公務に支障が無いようにとお気遣いされたことにも、皆に心配をかけているとのお心配りもされているようで、このような天皇様をいただいていることに日本人として誇りさえ感じるところです。ともかくお元気で国民のささえになり続けて頂くことも祈るばかりです。
また今日はキリスト教ではクリスマスイブでメリークリスマス!楽しいことはいいことです。
posted by 明比昭治 at 17:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

糸魚川大火お見舞い申し上げます。

22日の午前10時半ごろ中華料理店から出火したらしいが、折からの強風にあおられ周辺の商店や住宅に延焼し、約150戸にもおよび消失,出火から10時間以上たった午後9時ごろに一応鎮圧した模様だという。
市は現場周辺の363世帯744人に避難勧告を出し避難所を開設して対応。県は自衛隊にも災害派遣を要請、近隣県の消防も応援に駆け付けているそうだが、なにしろ広い範囲におよぶ火災でありさらに風向きも変わる強風に中での消火作業で、水利にも事欠きこのような大規模火災になったようだ。まだこれからかたずけも寒空の中大変なことだ。災害はいつも突然起こり、落ち着けといっても無理なことは分かりますが、被災された皆様や関係者に、心からお見舞い申し上げ、再起再興へ気持ちをしっかり持って頑張っていただきたいと思います。
これから寒さ厳しく火の扱いも多くなりますが、お互いしっかり火の扱いと管理に気を付けましょう。
posted by 明比昭治 at 09:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

どうやら衆議院の1月解散は無さそう。

役務柄一番気になるのが選挙があるのか?ないのか?である。今年の夏は参議院の通常選挙があり、やっとの思いで何とか「山本順三」議員の3選を勝ち取った。国会でも衆参両院で、自公の連立与党が安定多数を占めて「安倍総理」強いリーダーシップを発揮し、精力的に外国へも出かけ、首脳外交にも取り組んでいる。何といってもアメリカの大統領が共和党トランプ氏にと決まるや面談に行き日米の連携の確認を得るものとし、片やロシアのプーチン大統領を招いて関係を深め、平和条約締結への足掛かりを求める外交に努めるなど、両大国に軸足を置きながらバランスをとって、時には仲介役ともなれる役割を果たそうともするような、バランス感覚をもって取り組んでいる。その姿勢は私も支持するもので、しっかり今の安定政権で、世界で日本の存在感を示せる国になる布石を打ってほしいと思っている。だがこれらの外交成果を訴えて自分の姿勢の評価を試すために1月通常国会の冒頭解散があるかもしれない?と、憶測を呼んでいたのであるが、年末年始にまたハワイ訪問、アメリカ大統領就任訪問、ロシア訪問などの予定を進めているようなので、衆議院の1月解散説は完全になくなったと思われる。なんとか正月にバタバタしなくてもよさそうだ。だが、常在戦場の備えは必要だろう。いろいろな所へ積極的に顔を出し、語り合うことに努めたい。
posted by 明比昭治 at 10:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

西条西警察署新庁舎で業務スタート。

県下の警察署も老朽化に伴い、順次建て替えが進められてきたのだが、1961年3月建築で県下で最も古い庁舎だった「西条西警察署」が、場所も現在地から西条市役所東予支所のとなりの市有地で、県道に面し機動性も確保でき、昨年11月に起工式を行い新築建設中だったが、このほど落成、12月19日より業務が開始された。私はまだ内部に入って見てはいないのだが、鉄筋4階建ての大規模地震にも耐えられ、屋上には72時間連続使用可能な非常用発電設備も備えられているそうで、心配される「南海地震」にも備えの構えが生かされている。
個々の建設が遅くなったのには、合併し『西条市』となると1市に1署でもよいのではないか、との県幹部の考えもあり調整に時間がかかったことも裏事情があった。私は行政面積が県下で3番目となる広さがあり、広範囲に生活する人口も多いことから、消防署も2署体制としており、これからまだ発展させなければならない地域で、2署の確保は絶対必要と主張してきたものだ。
場所も現在地より機動性の確保できるところへと勧め、市有地を無償貸与の条件で現在地へ移転させ、落成後は現在地の庁舎は解体し、逆に西条市の市営住宅に近接していることもあり、都市空間として公園で市が整備し使用するなりとし、逆に県が市に無償貸与することで双方ともに、住民に理解を得られる方法と調整案の調整にも、努力奔走させていただいた経緯もあり、ことの進展が非常にうれしい。平成29年1月23日に落成式典がある。
続きを読む
posted by 明比昭治 at 15:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

クラブwカップ決勝で鹿島アントラーズ大健闘。

18日夜、サッカーの世界中のクラブチームが各地の予選を勝ちぬいて勝ちあがったスペインの「レアルマドリード」と、開催国として優先権を持って勝ち上がった日本の「鹿島アントラーズ」の決勝戦があり、世界中のサッカーファンの目を釘づけにした。
結果は「4−2」でさすが『レアル』が優勝したが、一時は2−1と鹿島が勝ち越し、スタジアムも騒然と沸きあがった。この鹿島の2点ともMFの柴崎が得点ゴールネットを揺らせた。素晴らしい健闘振りで、ファンも大満足な試合だった。
面白いのは
準優勝賞金(4億6千万円)が鹿島の選手全員の年俸に相当する額だそうな。また、レアルの看板選手「ロナウド」の年俸は20億円で、鹿島の選手全員の額ははるかに及ばず、その他の選手でも鹿島の総額が及ばない選手が何人もいる。まだ日本の選手の稼ぎの評価は世界にははるかに及ばない。頑張れ日本!

posted by 明比昭治 at 13:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

今年最後のボランティア。

いよいよ今年も残すところ少なくなってきたが、去る13日に私の政治家人生で、大恩人の「村上修蔵」さんを亡くし、悲嘆の極みの心境にある。彼は私の2番目に上の兄と同級だが、付き合いは西条ライオンズクラブに入会し、始まった。本当に面倒見の良い兄貴分で、色々な面倒を見てもらった。なによりライオンズクラブ活動ではないが、私が県議会議員の選挙に出馬し、落選、落ち込んでいた時にあれこれと励ましてくれ、市議会で再起の道を「後援会長」を引き受けてくれ、見事上位当選を勝ち獲らせくれました。
その後、還暦の年に脳血栓に襲われ寝たきりとなり、奥さんの手厚い看病で闘病を続け、20年も頑張られていたのだが、とうとう卒寿となって帰らぬ人となった。葬儀では、友人代表で弔辞を送らせていただいたが、本当に安らかなるご冥福を祈るばかりだ。
そんなことで、気病みしていたのだが、17日には後援会役員と忘年会、18日の早朝から地元の友人たちと取り組んでいる、環境奉仕ボランティア、続いて西条市の山間部の大保木で、6年前から続けている里山の孟宗竹林の整備ボランティアに参加し、年中行事の生活を取り戻した。やはり仲間と汗を流すのはいいものだ。何より精神的に安定する。
posted by 明比昭治 at 17:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

「神ってる」「金」今年の世相

年末恒例の今年の世相を反映した言葉で、『流行語大賞』はセリーグ優勝のプロ野球広島カープ監督が、鈴木誠也選手の活躍を評して発した「神ってる」となった。昨年もプロ野球選手の活躍が評価された「トリプルスリー」だったが、プロ野球が日本ではまだまだ国民的人気があるスポーツとして定着しているのだなとの感想もある。プロ野球ではパリーグ優勝さらに「日本一」となった「日本ハム」で,165Kの速球を投げる投手、更にはバッターとしても22本のホームランを打ち、大活躍の「大谷翔平」さんもプロ野球にファンの関心をひきつけ貢献した。
また、今年の世相の1文字は「金」でやっぱりオリンピックがあり、選手の活躍が国民に明るく、力づけに役立ったのだろう。やはりスポーツが人々の心を動かせる大きな力がある。来年は愛媛で国体が開催され、県下各地で競技が繰り広げられるが、地域おこしの起爆剤となって欲しいものだ。

続きを読む
posted by 明比昭治 at 12:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

ロシアのプーチン大統領来日。安倍総理ハワイ真珠湾慰霊訪問。

12月15日安倍総理とロシアのプーチン大統領訪日し会談する。12月26日安倍総理はハワイの真珠湾に赴きアメリカのオバマ大統領と共に戦没者を慰霊する。
年末押し迫っても総理には一時も休む間もなく世界に向け、「未来への扉を開ける」との強い思いで行動される。私は大いに賛成だ。
この2つの行動と会談はこれからの世界情勢に大きな波紋を投げかけることになるだろうと思う。
ロシアとの「平和友好条約」に結びつき、北方領土の緊張問題・朝鮮半島や中国との緊張緩和に役立って欲しい。アメリカのオバマ大統領は先に広島を訪問、原爆慰霊碑に訪れた、悲しい歴史があるものの日本の総理が真珠湾での犠牲者を慰霊することも、双方がこれまで以上に、平和や経済やあらゆる分野で協力関係を、一層深める相互理解に役立つものとしたいものだ。成果を大いに期待し新しい年を迎えたいものだ。
posted by 明比昭治 at 16:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

TPP参議院可決。韓国大統領弾劾可決。

日本の国会も韓国の国会も国の進路に重大な意味を持つ大事な議案可決。わが国の動きも外国の動きも目が話せない。
TPPはアメリカ「オバマ民主党政権」が主導で貿易の自由化を呼びかけ、日本国内でも農産物など自由化により厳しくなる面をどうこれから対策を立てながらも、世界の秩序の枠にも協調し輸出経済バランスを保ってゆく必要との見識で、やっとまとまりかけた話も、アメリカ大統領が「共和党トランプ政権」に、来年1月移行するが、アメリカがTPP離脱を表明しており、いったい何が信義則でこれから付き合えばよいのか?と疑わしい関係になる心配が大きい。
韓国大統領は弾劾が可決し、大統領権限がはく奪される。外交がストップするわけでこれまでの約束はどうなるのか、特に慰安婦問題が合意したのに何の効力も持たない状況にされたのでは、これも信義則に反することになり、これからのお付き合いに暗い影が立ち込めた。
posted by 明比昭治 at 16:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

カジノ法案に賛成・反対?

12月に入り定例県議会があり、忘年会が連日入りで時間の整理も頭の整理もつかない状態が続き、ブログの書き込みもままなら無い。
今国会で議員立法として、日本でカジノ(賭博場)を認めるかどうか?法案が提出され、衆議院の委員会で審議か通過、参議院の委員会に廻されている。自民党内にも一部慎重派がいるし、連立与党の公明党でもまとまらない、日本維新の党は賛成の提案者で、大阪での万博も地域活力の創出のため(オリンピックも誘致計画した海辺の埋立地の活用)積極推進を図っている。民進党にも賛成する議員もいるもだろうが「カジノ依存症対策」が盛り込まれていないので反対を叫んでいる。急に出てきた問題のように何故急ぐのか?と反対の理由ずけにもしているようだが
絶対ダメ!とも言いがたいような空気がある。総合観光施設でホテル・劇場・ショッピングモール・各種レジャー施設などが併設され、「カジノ」は全体に施設面積から見てもほんの3%程度のものであり、雇用や流通経済で社会の活性化に寄与するものだと、その意義には肯定する見解が、安倍総理は党首討論で示されていた。
博打は日本社会でも本来禁じられてきた。「かるた」でさえその起源には博打扱いされていた、「富くじ」もそうだ。今の「パチンコ」だって「スロット」だって、賭け事である。しかし、何かにつけ社会で許されて実質認知され行われているのも現状だ。
日本でやらなくたって日本人も外国へわざわざ出かけて浪費してくる人も随分いる。「ギャンブル依存症」対策も必要かもしれないが、節度ある人格形成に力を入れることこそ必要で、あらゆる社会人としての人づくりにもっと力を入れ、博打の掛け金の限度額を規制するのも一つも方法ではないだろうか?冷静に国ためになる展望を審議して欲しいものだ。
posted by 明比昭治 at 15:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

もう師走に入った。

今日から師走に入った。振り返れば人生最高の(自民党愛媛県連幹事長)責任ある立場をいただいたことに精一杯務めねばと、毎日毎日その任の重さに緊張の連続で、あっという間に時が流れている。まだまだ課題も多く、達成感に不満足な日々を送っているのだが、誤りになき方向に向けて頑張り任を果たしたい。
取り組みの中でも参議院議員選挙という大きな取り組みには、野党連合で強力な知名度のある候補者が対立候補として擁立され、党本部からも連日応援が入るなどの運動に拍車をかけ、おかげさまで勝利を得て切り抜けることが出来た。このばたばたのありように反省し、早速平素の活動のあり方の見直しに取り組み、惰性で流されないように、運営改革にも取り組んでいるところで、試行錯誤でもある。
また、党組織活動とは別次元で、西条市の活性化のため、西条市長選挙の取り組みも市民の皆さんの声を聞きながら取り組んだ。いろいろ非難や中傷もいただいていたようであるが、私は信念と信義に基づき当らせて頂いたのだが、これも勝利の結果が得られ有り難いことだった。
今年初めての「山の日」に石鎚山に登山したのだが、下山の途中足を滑らせ怪我をし、皆さんが心配してくれてヘリで搬送をいただき、「大難を小難に、小難を無難に」とご加護もいただき、向う脛の裂傷で済ませていただいた。
大小織り交ぜた、多忙な日々を暮らせていただいているが、何より感謝の毎日である。自分が守っていただくには、皆さまの役に立つようにしなければならない。その為には何より和を大切にしたい。今年も最後まで一生懸命頑張ろう。
posted by 明比昭治 at 14:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする