2019年04月05日

いよいよ選挙戦も最終日となりました。

幸い雨もなく10日間の選挙戦穏やかな天候で終えられそうです。選挙戦としては昨年の災害が頻発した故に防災・減災・災害復旧対策などが注目はされましたが、誰もが取りく問題なので違いが明確になる争点でもなく、全体として政策論争に際立つ違いも示されない静かで穏やかな選挙戦で終始した。私として他の候補との違いを見せるのでなく、自分の政治姿勢や信念を皆さんに知っていただくために自分流にこまめに座談会などを重ね、担参の声を聴くことに力をいれ、大きな演説会で一方的に話を聞いてもらうスタイルを意識してとらないで対話型に力を入れて取り組ませていただき、概ね期待と計画を順調に進められた。悔いなくやれることは取り組んだ戦で終えられそうだ。悔いはない。最後まで堂々と戦う。皆さんのご支援も最後までお願いする次第だ。そして結果を待ちたい。

posted by 明比昭治 at 21:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

新年度のスタート。元号は「令和」

今日から新年度がスタート。いろいろ職場などでは新任地や、新入社員の入社式でそれぞれの「スタート式」が行われ緊張の1日であったことだろう。また今日は5月1日に新天皇が即位されるにあたり、事前に元号の発表が内閣よりなされ「令和」(れいわ)と発表された。
色々評論されるところではあるが、評議よりもみんなで喜び、親しみ新しい時代を拓く事こそ大切なことだ。必ず神風を起こし、新風を吹かせてくれることだろう。やっぱり日本では大化以来の元号があって日本と言えるのであろう。
また今日から新しく働き方改革の施行がなされる。自由は尊重すべきことではあるが、権利ばかり主張の余り組織の連帯や協調が損なわれることの無きよう運用されて欲しいものだ。
いよいよ選挙戦も残り6日となった。これからラストスパートで頑張りたい。必勝を期して仲間と共に!

posted by 明比昭治 at 22:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

県議6期目へイザ出陣!

3月29日統一地方選挙の県議会議員選挙が告示された。私は今回6期目への出馬をさせて戴きました。思い返せばもう20年(5期)も務めさせてきたのだ。3期目までは合併前の西条市選挙区、4期目、5期目は合併により面積も人口も倍の選挙区に拡大された中で選挙に取り組み大変苦労する選挙だった。まだ今回になっても広い選挙区の隅々まで行き届かない選挙の運動状況だ。どの候補者もこの広い選挙区内に周知をする方法に苦労していることだろう。だから、盛り上がってしのぎを削るような厳しさもなく、盛り上がらないのだ。争点もないので盛り上がりがないともいわれるのだが、首長選挙なら政策争点が見えやすいが、そもそも議員選挙では争点など見つけられないのが当たり前で、30年・50年を見すえた地域づくりへの政策提言が主な活動目標として有権者に理解と支持をもらう運動になってくるのだろう。私はホームページに6期目に向けての政策提言を示し、街頭や集会で皆さんに呼び掛けて、選挙運動を後援会の皆さんと共に取り組む、従来の運動方針を変えないで頑張ってまいります。皆さんのご理解とご支援をよろしくお願いします。最も大切にしたのは有権者を裏切らず、共に信頼関係を大切にする、倫理観だけは不偏の姿勢で頑張ります。
posted by 明比昭治 at 20:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

中学校内で擦傷事件

西条市内の中学校の2年生朝礼集会時に、男子生徒が同級生の後ろから刃物で頭を切りつけるという事件が20日発生した。学校でも市民の間でも衝撃が走った。詳しいことはまだわからないのだが、SNSトラブルで殺意をもって切り付けたというから、今後事件の背景の詳細解明が、今後の事件防止のためにも必要だろう。中学校の卒業式に先日参加したのだが、一時荒れる卒業式などと言われ、卒業式の日に学校の入り口で警察が待機するようなことあったが、もう最近はそんな気配もなくなって整然と粛々と行事に参加している状況だと思っていたのだが・・・。やはり子供達の内面には私たちの知れない状況があるのだろう。社会の発展に心の成長がついてゆけない状況でもあるのだろう。AI・ITCとインターネットの進展は人間の心の成長などよりはるかに早く進んでいるのだ。もう避けては通れない、心の成長をしっかり備える教育システムの取り組みが大切だろう。
posted by 明比昭治 at 21:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

今任期最後の定例県議会閉会。

第362回2月定例県議会が、一般会計・各種特別会計(計18事業)や条例改正などの議案54件、請願6件、議員提出議案2件を審議終了し閉会した。
今任期の最後の議会となり、充実感がありながらも議員活動において自民党会派が分裂し、同士の絆が崩れる事態になり半分の2年間はごたごたが続いたことには残念な思いがしている。いよいよこれから4月7日の選挙に向け、こんなゴタゴタでお互いの足を引っ張り合うようなことが、次の新しい任期には引きずらないで自民党の仲間と愛媛の課題解決に向け、県民の信頼に応えられる議会活動であり、議員活動として取り組めるよう、選挙に勝ち抜きたい。
ところで、今上陛下のご英断で御世代わりが来月行われるのだが、陛下におかれてはご即位30年のお勤めを戴いた。この間常に皇后陛下と共に国民に寄り添い日本国民の象徴として、平和を希求する姿は本当に有り難く、各種災害にも遭遇したが、その際に被災者を励まして頂くお姿には本当に労いのお心が滲み出ており、感銘すら覚えるお人柄が滲み出て敬服する次第だ。また愛媛国体をはじめ、ご来県いただき愛媛県民にもお力を戴いた。
そこで、愛媛県民の総意を現す気持ちを形にと、議員同士で発意し、記念植樹を行おうと、愛媛県議会の議事堂前に、議会終了後、県木「黒松」の記念植樹を行った。上皇となられても末永いご健康をお祈りしご長命を、仲間の議員や県民と共にお祈りする次第だ。

posted by 明比昭治 at 15:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

統一地方選県議会議員選挙まで1ケ月。

愛媛県議会議員選挙の投票日は4月7日だが、いよいよ1ケ月となった。県内13選挙区の内無投票の予想選挙区が5選挙区あるようだ。松山以東の選挙区は全て選挙となるが、昨年の豪雨災害に遭った南予は愛南町以外は無投票か?との様子のようだ。
立憲民主党が候補を出している選挙区が選挙となるようでもある。西条でも立候補が予定され、広報車が周っているようだが、なんだかわけのわからないような歌を流しているのだが、以前どこかの宗教団体の運動にも似たようなのがあったかなと思い出される。表現の自由もあり異を唱えるものでもないのだが、選挙に向けて色々あるんだなあと感心させられる。蛮からタイプの私にはとても真似ができない手法だ。
皆さんはどう受け止められるのか?
posted by 明比昭治 at 19:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

桜井よしこ(美しい日本の憲法をつくる国民の会)さんから「推薦状」

第19回統一地方選挙にあたり、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」推薦候補者とすると、会の代表「櫻井よしこ」さん。同じく会の愛媛県民の会実行委員長
「加戸守行」さんの連名による『推薦状』を戴いた。
いよいよ4月7日の投票日まで1ヶ月となり、その他各種団体からも「推薦状」を戴いたりして、気持ちも徐々に入ってきたところだ。13日の県議会最終日までは当初予算31年度の事業計画の推進に対する質疑や提言で、議員としての職務を全うしなければならないが、いよいよ選挙戦に向けて活動を後援者と共に本格化させなければならない。現職として公務をこなしながらで、後援を戴いている皆さんには自らの責任で運動を戴いているわけで、本当にありがたい限りだ。
これからの活動の中で、市内各地を巡って各地の課題や、皆さんのご意見を伺えるので、それが政治活動の原点の課題となるので大事にし、各地を訪問したい。これまでの活動実績もこれらの選挙の機会に得た情報を生かして課題解決につなげることが多く生かされてきたものである。
皆さんせっかくの機会ですから、日頃思っていることを是非投げかくてください。どの候補者にもそれが大事な政治姿勢に繋がることでしょう。
なかには、その場その場で場の空気読みで凌ぐ輩も居ようかと思いますが、その人の足跡を見れば見抜けることでしょう。後世に憂いをもって今背筋を伸ばしてしっかり共に見つめましょう。

posted by 明比昭治 at 13:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

今任期最後の一般質問に立つ。

県議として5期目を務め、いよいよ4月には任期を終え改選を迎えるのだが、2月28日第362回定例愛媛県議会の一般質問のトップバッターとして登壇し、継続して政策課題としている問題を中心に取り組んだ。
@四国への新幹線導入に向け、皆で一致協力取り組み、国土の均衡ある発展を理解され、地域の活性化、さらに強靭な輸送路確保のためにも必要を訴える。
A2020「東京オリンピック・パラリンピック」の開催後の9月18日から、愛媛で「日本スポーツマスターズ大会」が愛媛で開催されることが決定しているが、この大会の成功に向け、全県的に盛り上がるよう取り組もう。
B県立学校のWiFi環境の整備と、ICT環境の整備で情報化社会を生き抜く若者を育てよう。特に高等学校では、知識や技術を十分に高め、社会に出る準備をすることが必要不可欠だろう。
C児童虐待防止を、法の整備と合わせ、関係機関が総力を挙げて充実するよう取り組んで欲しい。子供の保護も大事だが、親の心の闇についても解決すべくカウンセリングなども必要ではないか。
D県廃棄物処理センターの運営の今後方針は、廃止のようだが、東予の関係市町と協議を重ねられ、方針の決定をして欲しい。
E自然の恵み豊かな瀬戸内海の干潟の保全に継続して取り組み、適切な資源管理や種苗放流などで、2枚貝類をはじめ漁業資源の回復をさせよう。
F加茂川における黒瀬ダムの、洪水調節機能を、ダム内の土砂の堆砂が計画から4倍のスピードで進み、200%を超える状況、近年の気象状況、更には支流の流量監視など、総合的判断で下流域の安全を確保するよう、洪水調節機能を確保され、必要な河川情報も住民への周知が届くようにして欲しい。
以上が、質問の要領でした。
なお、知事が年度末までには一定の目途をつけたいと言われている、分水問題について、西条市は3月末までに市議会の意見の集約し回答するとしているが、私自身これまでも機会ある時々に違憲を申し上げてきた地元議員として努力を惜しまないが、関係者には建設的かつ冷静で賢明な議論で、それぞれの地域の「生活基盤の安定化」が図られることを期待する。と申し添えておきました。
単純に反対・賛成の手を振りかざし対立するような愚行にならないよう、真摯に状況をお互い分析・把握し、市民の理解を得られる結論を導くべきでしょう。

posted by 明比昭治 at 14:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

4月の県議選に向け頑張ります。

2月23日私の政治活動の基盤でもある「自民党西条支部」の支部長として、支部総会を開催@平成30年の事業報告並びに決算報告 A2019年事業計画並びに予算の承認 B役員改選 と議事のすべてを原案可決戴きました。さらに追加提案の特別決議として @4月の県議会議員へ出馬予定の「明比昭治」候補 次に7月の参議院議員選挙に愛媛選挙区で党公認候補の「らくさぶろう」候補、更に7月に任期満了の後は、衆議院議員として愛媛第3選挙区から出馬と参議院議員からの転向を決意し、党の内定了解の得ている「井原たくみ」候補、の3名をそれぞれ「西条支部推薦」候補として、全力支援の決議をいただきました。
私は、県議会議員選挙に今度で6回目の出馬挑戦となりますが、第1回目の最初は自民党員ではありましたが、公認は原則として現職議員の実績優先と聞かされ、「無所属」で出馬、当選後県連で協議され「自民党会派」に入らせていただき、党活動、県連運営に仲間の議員と共に汗をかき勉強を重ね、「自民党西条支部長」も務めさせていただき、以来2回目以後の選挙では「支部推薦」をいただいて、当選を重ねさせていただきました。推薦をいただいた重みを忘れることなく、しっかりと諸課題に党員・党友の皆さんと共にとりくみ、実現の道にもつなげてきました。しかし、課題は常に生まれ、気を緩める間もありません。これからも一生懸命「公」への奉仕の心を忘れず、自分の姿が社会の反映され、皆さんと信頼し合える社会づくりにつながるのだとの使命感をもって頑張ってまいります。みなさまの力強いご支援や、激励を引き続きよろしくお願いいたします。
posted by 明比昭治 at 08:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

第362回定例愛媛県議会始まる。

2月21日から3月13日までの予定で愛媛定例県議会が始まった。県議会としては任期最後の定例議会となるが、平成31年度の当初予算一般会計で6440億円ほか、特別会計・企業会計を加えて、合計9781億2000万円の規模で、前年度よりも231億800万円の増で、中村知事就任以来最高の当初予算規模である。「防災・減災対策」「人口減少対策」「地域の活性化」が3本柱で、@「雇用・経済に愛顔を」A「お年寄りや障がい者に愛顔を」B「子供たちや女性に愛顔を」C「観光に愛顔を」D「地域の安全・安心に愛顔を」と「愛顔あふれる愛媛づくり」の基本政策の実現に向け諸施策を事業化する取り組みがなされます。
私も2月28日の一般質問の一番として登壇し、@四国新幹線の実現に向けてA日本スポーツマスターズの2020開催に向けてB県立学校におけるICT環境の整備についてC児童虐待の防止対策についてD愛媛廃棄物処理センターの運営についてE瀬戸内海における干潟の再生と保全についてF加茂川における黒瀬ダムの洪水調整機能の確保と住民への河川情報の提供について。をこれまでも質問で取り組んできたことを、さらに改善させ未来に向かって安心できる社会環境となるよう推進の手を緩めず取り組みます。その他の議員からも実のある議論がなされ、任期最後の議会をかざり、次の愛媛へとの発展に取り組みたいと思います。
posted by 明比昭治 at 12:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

臨時県議会(第361回)で災害対応など補正予算組まれる。

先の7日に成立した国の補正予算(防災・減災、国土強靭化のための緊急対策やTPP協定に向けた農林水産業の強化策など)をうけて、これにスピード感を持って積極的に取り組むための補正予算を、成立させるため2月13日愛媛県議会臨時会が開催された。
T.一般会計では@防災減災対策として、道路・河川・砂防・港湾ため池などの改修、河川の簡易監視カメラや水位計の整備、ハザードマップの作製、肱川水系の治水対策の前倒し実施、県立学校関係ブロック塀安全対策、A農林水産業の体質強化に間伐促進、林道整備、B県民の安全安心の確保のため、主要信号機の停電対策、原子力防災医療体制の強化などで、110億円余、
U.工業用水道事業会計で、水管橋の耐震化など、4億円余。V.病院事業会計で中央病院の除染室整備に4428万円。
以上の補正予算V3議案が提案され審議され、いずれも原案可決された。この補正を加えて平成30年度の愛媛県各会計累計予算の総額は1兆861億786万円となる。
来週21日からは第362回の定例県議会が開催され、平成31年度の当初予算も提案され審議されるのだが、ここでは知事の3期目第Vステージの公約実現のための予算も提案される。一般会計では6440億円の予算が組まれる予定だ。
posted by 明比昭治 at 11:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

今年は県一会場で「建国記念の日奉祝」愛媛県民大会

平成の御代最後の思い出として、今上陛下御即位30年もお祝いして、今年は「えひめ県民文化会館」大ホールにて県下各地から集い、1会場として3000人余が参加、「建国記念の日奉祝大会」が、盛大に開催された。記念講演としては旧皇族の「竹田恒泰」を迎えて、神武天皇が詔を発せらて建国・天皇に即位されてから、2679年の世界に比類なき歴史に国民はもっと誇りを持たなければならない。建国のその時代は勿論文字もない弥生時代のことだから記録はないが後世「古事記」・「日本書記」に日本の国生み神話が記述され、それ以前の事柄が読み解かれるものである。
キリストの誕生であれ、お釈迦さんの誕生だってみんな後からつくられた話であって、日本の歴史程真実性がないものを神格化させているのだ。
中国など4000年の歴史などというが、国としては毛沢東によって造られた「中華人民共和国」まだ70年余の国なのだ。
明治時代に「紀元節」としての2月11日を建国の定め、先の大戦後一時廃止のこともあったが、世界の各国でも建国の日を祝っており、昭和41年に再び「祝日」と定められたものである。この国の国柄として「天皇」を中心に国民平穏生活維持・国家の繁栄に取り組んできた。天皇陛下も国民をいつくしみ祈って戴いており、常に国民に寄り添って、励ましの言葉をかけていただいている、その「大御心」がこの国のみはしらとして、国を守っている「国柄」である。
その自覚を改めて国民こぞって問い直し、国を建て治してゆかなければならない。そんな決意を新たにする「大会」だった。
国民こぞって今年の御代替わりで、天皇陛下のことを知る機会となるので、みんなで国の有りようの理解が深まりを願うばかりだ。


posted by 明比昭治 at 18:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

「らくさぶろう」7月の参議院議員選挙に自民党公認で出馬!

7月の参議院議員選挙に愛媛選挙区から立候補する候補者として、自民党愛媛県支部連合会(会長山本順三参議院議員)は、1月22日本人からも強い政治活動への取り組み希望も受け入れ(南予の豪雨災害の被害を目の当たりにして郷土の復興の力になりたい)候補として決定、党本部に公認申請を出していたのだが、2月7日正式に自民党公認候補と決定された。2月10日には東京で党大会が開催されるが、ここで自民党の7月の参議院選挙への公認候補の地方区・比例区共にすべてが紹介され、いよいよ選挙戦に向けての本格的活動のスタートとなる。
愛媛県支部連合会においても、2月13日には県連として選挙対策本部組織を立ち上げ、スタートを切る。いろいろな機会に「らくさぶろう(本名:冨永幸伸 54才)」のことをしていただくよう、皆様御引き回しをよろしくお願いします。やる以上絶対に選挙戦を勝って当選させなければなりません。衆議院愛媛第3選挙区の議席奪還もどうしても成し遂げなければならないことで、今回現在の参議院議員の任期(7月)満了をもって、次の衆議院議員選挙にくら替えの英断をした「井原巧」さんもどうしても勝たせなければならない。自民党が一丸となってそれぞれの議席獲得にとりくまなければ、愛媛のためになりません。皆さんのご理解とご協力をお願いします。参議院議員として井原巧議員にお力添えいただいた方にはもうしわけありませんが、愛媛の為との大きなご理解をお願いします。本人も自民党も苦渋の思いの中から出した結論です。もう前に向くのみです。
その前に4月7日投票日の、愛媛県議会議員の選挙もあるのですが、自民党として一致協力しながら、組織の団結力を乱さず、有権者にお応えできる活動となる県議会活動となるよう目指し、取り組んでおりますので、その候補の地域代表も勝ち獲れるようどうかお力添えください。
posted by 明比昭治 at 18:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

悲しすぎるわが子への虐待死。

昨年も散々香川から東京へ移り住み、両親から食事を与えられずに衰弱死した「結愛(5才)」ちゃんのことが散々報道され、「いい子にしますから・・・」と切々と訴える手紙にも誰もが心痛めたものだ。全国で児童相談所・福祉事務所(役場)・警察などにも対応の窓口があり、都度都度連絡を取りっての連携や情報共有がなされていると思うのだが、絶滅とはいかず、虐待事案は年々増えているようである。全国の児童相談所のまとめでは平成29年度13万件も超える事案を扱っているそうだ。
親の家庭内での我が子の育児の問題として、外部の強制力を及ぼすには決定的なのもが見いだせにくく、非常のデリケートなこととなり、困難なこととはわかるのだが、いろいろな目で確かめ包括的な判断と対策・対応が必要なのだろう。何れにしても早めの発見・早めの手当対応が大切だし、一定の強制力が働く決断も総合判断の中から求められるべきと思う。
今日も千葉県での小学4年生(10才)女児「心愛ちゃん」の死亡事件が連日報じられ、心も凍り付くように悼まれる。先日の県議会常任委員会閉会中の委員会でも、警察の相談窓口の対応と関係部署と警察がしっかりと連携をとって未然防止に役立つあらゆる検討をお願いしたところだが、近所の地域住民の温かい(監視や批判・中傷とならないよう細心の注意が必要)連携・人間関係の構築も必要だろう。
posted by 明比昭治 at 09:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

今日から二十四節気の始まり立春。

日本には春夏秋冬の四季があり、それぞれの季節に織りなす風景を醸し出す。そんな自然を誰もが五感で受け止めながら毎日暮らしているのだ。
そんな日本がみんな好きであり、私も大好きで外国に行っても自慢している。インドの子どもをホームステイで受け入れたとき、雪を見に行ったのだが、「痛い、痛い」とすくみ込んでしまったは面白かった。1年で温度も35度位の範囲を体が調節していることも不思議だが、その対応能力が脳の活性化にも繋がっているのだろう。
昨日の節分を境に今日から春で、立春(2月4日)、雨水(2月19日)、啓蟄(3月6日)、春分(3月21日)、清明(4月5日)、穀雨(4月20日)で、5月6日は立夏でこれから夏の始まり、小満(5月21日)、芒種(6月6日)、夏至(6月22日)、小暑(7月7日)、大暑(7月23日)、と進み、立秋(8月8日)からは秋となる。処暑(8月23日)、白露(9月8日)、秋分(9月23日)、寒露(10月8日)、霜降(10月24日)、いよいよ11月8日の立冬からは冬に入り、小雪(11月22日)、大雪(12月7日)、冬至(12月22日)、小寒(1月6日)、大寒(1月20日)、次に2月3日節分で1年を納め、また立春で新しい1年が始まる。この24節で太陽の周りを1年かけて回り、更に毎日1回転する地球の作用で、こんな不思議なエネルギーを発し、自然を織りなしている。神秘な世界があるのである。こんな大きな宇宙の中で小さなことでうじうじせず、大きな温もりを発しようではないか!

posted by 明比昭治 at 09:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

自らの心の邪気も払おう「節分」

今日は節分「鬼は外」「鬼は外」「福は内」今日から暦が代わる日だ、まずは自分の心の中の邪気を払ってスッキリとさせ、明日からは新しい気力を温めて過ごそうではありませんか?最近は「豆まき」(40%)よりも「恵方巻」(60%)が節分の行事のように変わってきているそうだが、やっぱり夕方、「オニワソト」「フクワウチ」の声がアチコチで聞こえる風景の方が情緒がある。一口ではかぶりつけない大きな巻きずしを口いっぱいにほおばる姿は滑稽に映るし、食べきれなくて残ってしまうのも勿体ない。そんなことで廃棄処分される恵方巻の量が日本全国では何十トンにもなる無駄を国の方でも(「農林水産省」)注意喚起したようでもある。
明日は立春、この年明けは雨も少なく比較的穏やかだったが、どうか今年も大きな禍なく過ごせる年であって欲しいが、自分の欲ばかり求めていては、穏やかざることに必ずつながる。ここは質素に穏やかな毎日を取り戻そう。



posted by 明比昭治 at 19:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

石鎚酒造で「プリンセスミチコ」醸造。

西条で老舗の醸造元「石鎚酒造」では、社長・専務・常務の親子家族で酒造りに取り組んでいる。以前は杜氏さんや雇人さんが泊まり込みで半年ほど酒造りをし、当主は販売のため税務署を中心として外回りするような容がほとんどだったが、今は当主も醸造の勉強をし、家族が中心となって独特であり、その醸造元の特徴のある酒造りに取り組まれる形態を、どの蔵元も地酒ではほとんどとなっている。
私の同級生には蔵元の息子が何人もいて、石鎚酒造もその1つだ。ただ、ここの同級生は大阪にいて家業に関係のない仕事についているのだが、学生時代に実家(石鎚酒造)によく遊びに行ったりしていたので、今の社長(兄)家族とも懇意にさせて戴いている。話は余談が多くなったが、専務の浩夫妻と弟のみのるさんは酒造りに非常に熱心で研究も重ね、独特の酒造りに励み、「鑑評会」で金賞はこれまでも度々受賞されている。
最近では金賞を獲るための酒づくりを超え、食とマッチして楽しめる酒造りに主眼を置いて取り組まれている。ANAの国際線搭載機内酒として採用されているのもその証だろう。
この度は出身校である「東京農大」が、卒業生の内から全国の7醸造蔵元で、美智子皇后陛下が命名したバラ「プリンセスミチコ」からの酵母をいかして、酒を創るというプロジェクトのメンバーに四国で唯一選ばれ、2月近々出来上がると聞いている。すでにマスコミで取り上げられているのだが、西条としても愛媛としても誇れるニュースだ。
越智浩専務は、愛媛県酒造組合の理事長も1昨年から就任され、愛媛の酒の売り出し(売り込み)にも頑張っておられ、海外マーケットの拡大にも県ともタイアップするなど力を入れて取り組まれている。シンガポールの日本酒販売スタンドバーは「いしづち」と名づけられているそうだ。
酒を飲まない私だが、こんないい明るい話にはみんなで酔いしれたいものだ。

posted by 明比昭治 at 09:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

なおみ優勝・玉鷲優勝。おめでとう

全豪オープンテニスで「大坂なおみ」選手が優勝した。これで世界ランキングも1位となったそうだ。全米オープンに続きのグランドスラム大会での優勝で実力正にナンバー1になったのだが、22歳とこんなに若い世界1はなく、アジアでももちろん日本人としても、初めての快挙を成し遂げた。日本人と言われてもお父さんがセネガル人の為黒人で、日本語もたどたどしい状況なので、ストンと来ないところもあるがともかく素晴らしいこれからの活躍も期待したい。賞金もどのくらい稼ぐようななるのか野次馬として興味もある。
大相撲では関脇「玉鷲」が初優勝、愛媛出身の玉春日親方(現:片男波部屋の親方)が育てた力士である。今場所では注目は横綱「稀勢の里」の頑張りに集中して始まったのだが、残念ながら4連敗で「引退」ということとなり、その後は大関陣の崩れ、白鳳も終盤崩れで、がぜん関脇力士の頑張りが注目されることとなり、最後に玉鷲が抜け出て初優勝を34才、本日第2子の誕生と2重3重の喜びが舞い込む「玉鷲デー」ともなったようだ。玉春日関の縁でこれまでも愛媛にも来られ馴染みが出来ているが、モンゴル出身と言えど愛媛のファンも大喜びだ。これまで15年間1日も休まず土俵に上がっていると報じられているが、怪我はともかく命取りとなる、常に万全に注意して、昇進を目指し今後の活躍に期待したい。
posted by 明比昭治 at 20:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

4月の県議選挙に向け準備事務所開設。

今日は4月の統一地方選挙の県議会議員選挙に向け、先の1月19日後援会より激励の継続支援決定をいただき、4月7日の投票日まで後援会活動の拠点として、選対事務所を開設させていただいた。もう残り71日の日程となるが、自宅の併設した事務所では駐車場が狭いので、西条市樋ノ口383番地に今回も準備いたしました。これまで前回、前々回と同じところで、西条地方局から300Mほど西になります。
今日の神事で開始の拝礼、玉串で代表者に合わせての拝礼、終了の拝礼、を一同で行ったのであるが、見事に2拍手の柏手が後援会役員を中心に30余名の参加者が、一糸乱れず打たれました。本当に感激です、みんなが心ひとつにスタートする門出でしたが、これほどまでの一体で結ばれた結束の表れと感謝感激です。第1回の選挙から、これで20年を迎えますが、今回も後援会役員が全て変わらず留任で、苦楽を共にして頂いているのですが、今回も最後までこの結束で頑張り当選を勝ち取ります。
選挙に向け4年前の政策を改めて読み直してみたのですが、残念ながら今も時代の課題状況は全く変わっていません。むしろ悪化が進んでいるのです。人口減少・自然災害の脅威など・・。地方の衰退を防止する地域活性化・地方創生の手立てを、皆さんと知恵を寄せ合いながら、具体的取り組みをより一層すすめ取り組んでまいります。

posted by 明比昭治 at 18:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

物騒で気になることが多い。

私も先日運転免許証を更新したのだが、高齢者講習をうけてからの更新となり、自動車学校で実技もあった。なかには教習所の車だと普段乗っていない車と違って不慣れで、コーナーで脱輪するような人もいたが、難なく終了させてくれてはいた。高齢者がブレーキとアクセルを踏み間違えての事故も多くなり、一方通行の逆走、あおり運転など、危険に遭遇することも多くなっている。
先日愛媛県庁の玄関で発砲自殺しようとした老人の事件があった。夜中午前2時頃で誰も見ていないところだったが、拳銃をもって県庁の前にわざわざ行って自殺しようとするとは・・身近なところで思いがけない事件や事故が起こり社会不安が募ってくるが残念でならない。
先に新聞報道にもあったが、県内でも引きこもりが増えており、しかも高年齢化している事案が増えているとのこと、過疎化が人のつながりも薄くしてゆく事にもつながっているのだろうか?地域で見守りと声かけが何のわだかまりもなく伝わる社会にしなければならない。
車で走っていてもちょっとしたことで、追っかけ回す「あおり運転」事例も、テレビのニュースだけでなく、身の周りでもよく耳にする。みんなもっとゆったりしようではないか!ギスギス生きても何の楽しみもないだろう。みんなの笑顔を見ている方がどんなに心安らぐことか!
posted by 明比昭治 at 17:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする