2020年07月02日

河井議員夫婦いい加減に往生せよ!

先の通常国会閉会後、逮捕され拘禁し、取り調べを受けている「河井克行衆議院議員」「河井案里参議院議員」夫妻だが、昨年の案里議員の参議院選への出馬と選挙をめぐり、自民党本部から破格の1億5千万円という資金が出され、自民党広島県連は現職の「溝手顕正議員」が出馬しているので、新人の「河井案里候補」とは支持する人も少なく、河井陣営としては切り崩しのためにも「金」を配って取り込みを図ったのだろう、検察の捜査で、渡した側、受け取った側の双方の捜査も厳しく進んでいるようだ。
当初は選挙費用でウグイス嬢への日当が法定の1万5千円を超えて支払われたとの疑惑から始まったようだが、今では広島県内の市長や町長・県議・市議・町議への金のバラマキへと捜査が広がり、辞職者が出るなど、広島県内の政界が大揺れとなっている。
自民党としても党費から破格の資金を誰が支持し決済し、溝手議員との差をつけて資金を出したのか、公認候補に対する党の資金の平等性や透明性に大多数の党員が疑問と疑念が党員の中でも渦巻いている。
これほどまでに地元の広島県民にも迷惑をかけ、自民党にも迷惑をかけていながらも、国会議員バッチにこだわり、周りの迷惑には意を介さない勝手な人格の河井夫婦は、揃ってそもそも民の代表者としての資格が問われる。まず議員としての資格を返上し、法の裁きに堂々と応じるべきだ。私ども国のため強度のため身を犠牲にして取り組む多くの自民党活動者・支援者は迷惑千万なことだ。
posted by 明比昭治 at 14:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする