2020年08月04日

愛媛で陽性100例目。

8月3日新型コロナウイルスの感染者の100人目が確認された。50代の会社員で女性だがどうも感染経路が不明のようで、市中感染と想像されるようだ。不明と言えばあらぬ詮索とデマ・うわさが走ることになりそうだが、本人や家族が一番苦しまれていることゆえに、絶対に静かに医療関係者に任せて、早期の回復を祈るばかりであり、蔓延防止の囲い込みに、みんなで連携し手を尽くしてもらうことを願うばかりだ。
これからお盆に向けて、帰省や旅行など人の動きが一層多くなるのだが、ひやひやドキドキこれ以上増えないようみんなで注意しよう。みんなで外出を控え自粛し、3密回避の行動、暑くともマスクの着用につとめ、ストレスをためているかもしれないが、ここで緩めては元も子もない。
経済社会活動も大事で、蔓延防止と両立ができるよう、知恵を出し合ってここは踏ん張り頑張ろう。政府もはっきりした言葉で国民の理解と協力を得られるような、発信力を高めてほしい。
色々な会議や行事も、中止・中止と後ろ向きになってしまっている。前を向いて進めるエネルギーを失わないようにしよう。
愛媛県ではコロナ対策関連予算で、8月6日に国の第2次補正予算の成立をうけ、追加補正予算を組む臨時議会が開催されるが、これまでの累計で約1000億円が組まれるのだが、収束に向けさらにアフターコロナでしっかり社会が安定するように、しなければならない。
posted by 明比昭治 at 14:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする