2020年10月20日

今度はGO TO商店街。

コロナ対策は経済支援活動も並行して実施が大事と、国の各省庁において、それぞれ所管の関係事業に対し各種補助金や給付金に加えて、農林水産省はGO TO Torbenイート、国土交通省はGO TOトラベル、今度は経済産業省はGO TO商店街という支援制度を実施している。
大規模集会イベントの入場制限も徐々に拡大しているものの、地域がコロナ情勢も安定し、要望するのならだが、国がイベントの開催を奨励・
推進するのはチョット国民感情とはズレがあるのではないだろうか?
もちろん感染防止対策は十分にとり組むことが前提ではあろうが、今よりも来年でもよいのではなかろうかと思う。何かやらないと何にもしてないのかと評価されることを気にして、中身が不十分で曖昧ちぐはぐな事業とせず、誰にもわかりやすく納得される内容であり、成果が出る事業であってほしい。莫大な予算を組んでいるのだが、後年に負担を付け回すのではなく、投資効果となって景気回復に役立ち税収の増につながるようなになって欲しいものだ。
一方では賑わいを求める取り組みがありながら、一方では失業や給与カットなど収入源にあえぐ人もあふれるアンバランスな状況が、このれから年末の社会現象となるのではないかと、不安がぬぐえない今日この頃だ。
posted by 明比昭治 at 12:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

キャンプテントが増えましたね。

今年は連日河原にテントを張って、野宿する人がふえましたね。私は川添いに住んでいますから毎日様子を目にしています。
お金をかけた旅行もコロナで移動がままならないし、自宅にこもるのもストレスがたまるため、アウトドアスポーツ感覚の人が増えたのだろうと思います。
例年ならキャンプといえば夏のレジャーでしたが、今年はずっと続いていますし、土日のみならず平日にも一人用のテントを張って、何と雨の日も張っている人がいたりします。ゴミやトイレの心配ことも心配になります。
自転車で来てテントを張っている人もいますから、健康増進のためにも自転車新文化の普及は必要と思っていますが、サイクリングロードの整備に合わせて、一定のところにはトイレや休憩所も整備する必要もあるでしょう。
子供ずれの家族も多いのですが、子供の体験させることは良いことですが、マナーだけはしっかり教える体験にしてほしいものです・
posted by 明比昭治 at 11:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

日本学術会議(官製)の役割は?

日本学術会議のメンバーの今年の委員選定を巡って政府が6名を外したことで、学問の自由が侵されるとか言って政府に異論を投げかけている騒動が報道されているが、何故だかよくわからない。説明責任を政府(総理)に求めているのだが、本来10億円もの国家予算を使って学術会議を運営するということは国家に学術・文化などの振興にどんな貢献をしていただいているのか、そちらの説明責任のほうが先になされ、国民がその納得の上に立って委員の活動が評価され、選任の是非が問われるべきではないかと私は思う。
学問の自由が侵されるというならば、自前で自己責任をもってする活動であるべきなのだろう。どうもこの組織が官製でありながら既得権益となって委員に選ばれることが、自由を守ることよりも、ステータス扱いになっているのではないか・? 長年の歴史が今日では悪弊ともなっているのではないだろうか?自由を守ることのありようもこの際検討してみることが大事ではないだろうか? やはりスポンサーが背景にあればその意向が表れるのはよくあることだ。テレビコマーシャルでもスポンサー企業の反社会性を追求するような番組を創れば、スポンサーは即刻撤退するだろう。お互い目くじらの立て合いをしておれば、もう止めとけとなるのが答えとなってくるのではないだろうか・・。誰にも束縛されない自由を守るってことは難題である。
posted by 明比昭治 at 09:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

伊曽乃神社祭礼神事ユーチューブで中継される。

いよいよ伊予路は秋祭りの時期となったが、今年はコロナ感染の関係でかきての威勢の良い大声を掛け合った「だんじり・みこし・太鼓台」などの「かき夫」が密で、感染拡大に繋がっては(特に祭り好きな人が都会から帰ってくるときにコロナを持ち帰っては?)との心配があり、今年は神事が中心のお祭りとなるようだ。
こんな中ではあるが、西条の伊曽乃神社では神事の様子を、10月15日午前6時からユーチューブで中継して放映されるようだ。
神社地元の「ト−ヨビデオ」さんが、例年なら「だんじりなど」の奉納の中継をし、毎年ビデオ編集をして販売して、みんな俺が写っているから記念にと買っているのだが、今年は本来の祭りの基である神事を映し、何時もは逆に見られない場面、「祭りの本質」を見られるようになるだろうと思います。期待ください。
「天照皇大神」を「武國凝別命」をご祭神とする由緒ある「伊曽乃神社」の、国家ならびに地域社会・家庭の「平安・繁栄の祈り」加えて「疫病退散の祈」りを映像を通じてみんなで一緒にお祈りしましょう。
posted by 明比昭治 at 20:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月06日

いつもなら地方祭りが賑やかなのだが・・・。

9月定例県議会が今日10月6日閉会した。相変わらずコロナ対策が補正予算も中心で約97億円余、西日本災害対策や防災減災対策に約44億円、決算後の剰余金積立や当面の課題対応に約22億円が組まれた。コロナ対策は令和1年度の補正予算から今回までで累計で愛媛県では1060億円を組んで対応している。皆さんの要望に十分応えられるかどうかはいろいろあろうが、かなり手厚く対応を取り組んでいるともいえる。
いずれにせよ早期収束を願うばかりだ。
さて、例年なら10月5日から松山地方の秋祭りが始まり、今月は伊予路が秋祭りで地方の平安発展をみんなで願い祈るところだが、祭りをにぎわすみこし・だんじり・太鼓台などが運行を中止ということとなっており、街中で威勢の良い掛け声や、子供たちの賑わいの声が聞こえない状態で寂しい状況だ。今年は我慢すべきなのだろう。祭り神事で疫病退散を十分願いこもう。そして平安を祈り安定した日常を早く取り戻そう。


posted by 明比昭治 at 14:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

トランプ大統領コロナ感染?

何とアメリカ大統領トランプさん、イメルダ夫人が新型コロナウイルスに感染し陽性反応が出て、入院加療中とのこと、驚きだ。
いよいよ大統領選挙も本番を迎え、公開討論会なども始まったが、今後の日程では組みにくいことになるのだろう。第1回目の討論会だが政策論争にはならず批判合戦で、どちらも70歳も過ぎた高齢紳士の人格者としてリーダーの姿には全く見えなかった。
高齢者といえばコロナウイルスも高齢者は重症化率が高いのだが、最高の医療スタッフがついているので大丈夫とは思うが、気になることではある。これまでニュース報道などで、トランプ大統領はマスクもつけず、距離も取らず多数の集会などにも出かけていたし、強がり発言が多かったのだが、コロナはどこへも隔たり無く侵攻していることを肝に銘じるべきだろう。大統領補佐スタッフも感染し、クラスターとなっており大変な状況のようだ。1日も早い鎮静収束を祈るばかりだ。


posted by 明比昭治 at 12:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする