2020年12月31日

2020回顧して。

年齢も満72歳となり、気持ちだけは万年青年のつもりだが体力的にはやはり無理が出来なくなり、このあたりでいいかと答を出すようになってきたように思える。なにくそと思うのだがやはり無理しては・・と妥協を許してしまう。
年初の松飾が取れたと思ったら中国・武漢のコウモリを起源とするといわれる新型コロナウイルスがあっという間に世界中に広まり、年末までに世界中で約8000万人が感染、175万人を超える死者が出ている。我が国でも22万人を超える方が感染、3200人を超える方が亡くなられ、11月末からは変異した感染力の強いウイルスが出始め、猛威を振るっている。
コロナ禍は経済も人の心も蝕み、医療体制の崩壊・経済破綻をかつて経験のないほどのダメージを与えている。ワクチン・治療薬の開発も急がれ、世界中で取り組まれているのだが、安全な薬としての承認を得られるまでのは時間がかかり、今行うべき手立てはやはり一人一人が感染を受けないように、マスクや手洗いを徹底し人との接触機会を最大限少なくし外出を控えることだろう。
国や行政も一番心配して手立てを考えているのではあるが、個人の尊厳を盾にした民主主義の個人の主張の前で、あまりにもちぐはぐな対処事例が多すぎるように思えてならない。本来国が国民の命は守るべきであり、国の指示にしたがえないのなら、強制力を発効して個人の権利の制約を規制する必要があるべきだろう。法の整備も急がれる。
いつもなら多くの人と語らい、心を通じ合って色々なことに取り組んできたのだが、人との接触の機会を制約され、形式的に処理をせざる得ない状況が続き、お互いの交流にも疎と溝が出来つつある。やはり人は言葉や行動でお互いの温もりが伝わってこそ、心は通じ合えるものだ。
色々な制約も乗り越える知恵を出し合って明るい年を迎え切り拓いてゆきたいものだ。
posted by 明比昭治 at 10:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月23日

連日コロナコロナで気も滅入る。

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、連日マスコミで報じられ注意を喚起されているのだが、我が国の医療体制にの崩壊につながりかねない程深刻な状況だと、医療従事者(医師会・看護協会など関係者)からも悲痛な叫びさえ出ている。
行政もあらゆる配慮をしながら取り組んでいるのだが、効果が表れてきていないのが実情だ。私たちも非常に気を使いながら早期の収束をと願っているのだが中々うまくゆかなく気分も晴れない。明るいニュースで気分転換をと思うのだがどうしてもコロナ情勢のことが頭から離れず、暗い気分になっってしまう。ブログへの書き込みもついつい晴れない今日この頃が続いている。
posted by 明比昭治 at 10:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月14日

ねんりんピック笑顔のえひめ2023大会設立総会で開催承認。

2020年12月14日厚生省創立50周年を記念して、1988年に第1回大会が「いのち輝く長寿社会」を開催テーマに、兵庫県で開催されて以来、「全国健康福祉祭」(所謂「ねんりんピック大会」)が、各県持ち回りで開催されているのだが、今年はコロナ禍により開催されなかったのだが、第35回大会を2023年10月28日(土)から11月15日(火)まで愛媛県で開催することが決定されており、大会開催の向けて実行委員会を組織し準備を始めるため、第1回設立総会が開催され、中村愛媛県知事を会長に『ねんりんを重ねた愛顔伊予に咲く』を大会スローガンにスタートしました。
この大会は60歳以上を参加対象者にするが、幅広い世代間交流にも配慮して、健康スポーツ交流大会・福祉生きがい文化交流・共通イベントなどを事業内容として、ふれあいと活力のあふれる長寿社会に形成に寄与することが目的とされている。
2017年の国体開催以来、全国規模での大会を次々誘致し、県民の活力や経済活力にも役立つよう取り組んでいるのであるが、今年のスポーツマスターズ大会もはじめ残念ながら全国規模大会で、多くの方に来県いただく機会が、コロナの感染拡大に状況下で、中止ともなっており、一日も早くコロナの収束を願うばかりである。
さて、人々の心も最近の世情は自己中心の風潮が蔓延する中、コロナにより蜜を避けるため、対面の機会が少なくなり人々の交流も疎となりがちで、協調・連帯の意識がますます薄れかかっているような事案によく遭遇するのだが、残念でならない。今こそこ志を同じくする者の連帯を深め人々が希望が持てる社会を創ろうではないか。
posted by 明比昭治 at 15:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月10日

1000万円自宅で盗まれる!?。

コロナ禍で人の心も経済も落ち込んでいるときに、今朝の愛媛新聞の社会面に、西条で住宅に盗みに入り現金1000万円や腕時計などが盗まれ、犯人が共謀者と共に逮捕されたとの記事が目に留まり驚いた。
1つはやっぱり景気が落ち込み金に困った人が増え、年末も控え物騒なことも考える人、自殺を考える人などなど、コロナが人心をも一層蝕む状況を生んできているのではと危惧することだ。
また一方では、被害者が会社役員ということなので、社員の給与かボーナスなどの支払いのため準備していたのか何か、1000万円もの現金を自宅に保管したり持ち歩いたりしている方が、キャッシュレスや銀行とのオンラインが進んでいるのに、今も現金本位の人がいることに驚いた。
犯罪や事故防止のために、多額の現金を手元保管はしないようにしましょう。銀行の口座振替で支払いごとのやり取りの殆どが決済出来、証拠も残るのです。
コロナの収束はまだ見えないのですが、これを収めるのは私たち1人1人の自覚と、安心感を補完する社会のシステムの充実です。
来る新年正月を、家族と共に笑顔で迎えられるように、医療関係者や、収束に向け努力をいただいている皆さんに感謝の心を送り、「うつらない」「うつさない」、危機管理の基本である、自分の命を守る行動をしましょう。
posted by 明比昭治 at 10:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月04日

石鎚山はまだ雪冠らず。

12月に入り朝夕寒さを感じるようにはなったが、わが地方の寒波の目安は「石鎚山」が真っ白い雪を冠ったら、冬の身支度を欠かせなくなるのだが、今年は未だに白い雪景色の山が見えない。今年は暖冬なのか?
新型コロナの感染で世間が寒気で震わされているからなのだろうか? お蔭で紅葉は今年は長く楽しめているようだ。
県議会でもコロナの動向が中心話題で取り組まれ、医療崩壊につながらない無いように、収束目指してみんなの自制と協力を呼びかけている。
この世界を襲っている難は、社会生活のスタイルまで変えざるを得ないよう迫っている。前向きにとらえれば「産業革命」「道徳革命」に繋がるのかもしれない。善の道に繋げよう。

posted by 明比昭治 at 14:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

我慢の師走入り

いつもなら忘年会の予定が手帳に連日はいるところだが、残念なことに定例的に開催予定のあった団体から忘年会の開催中止の案内ばかりだ。
新型コロナの感染拡大は、全国的にも第3波が襲っており、愛媛でも11月だけでも198人の感染陽性反応者が出る状況で、医療の環境もひっ迫が懸念されている状況だ。医療現場や保健所など対応に追われる、コロナ対策従事者の皆さんには心より感謝とねぎらいをいたしたい。
これからクリスマス・正月と、1年でも大事な家族の団らんが求められるところだが、家族で会う機会も状況によっては難しく考えなければならないこととしてとらえ、政府や地方自治体も感染拡大防止のため、外出・飲食宴会などを制約を求める方策を急遽発しているのだが、今一つ徹底できていなく、国民のほうがじれったさえ感じているのではないだろうか?
ここは我慢と理解を深めみんなで収束に向けて協力しよう。だらだらとストレスを重ねないように、願わくば年内で封じ込められるよう願うばかりだ。これ以上続けば経済も疲弊するばかりとなる。
寒波も押し寄せている。朔日詣りの神社へ向かう道すがらも仰ぎ見る、石鎚の山も曇って見えないのだが、新雪で覆われたことだろう。


posted by 明比昭治 at 14:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする