2021年02月18日

令和3年の椿祭りは10日間。

例年旧暦1月7・8・9日に斎行されている、松山の「伊予豆津彦神社(俗称『椿神社』『お椿さん』と呼ばれている)」の例大祭は商売繁盛・家内安全祈願などのご利益をいただくことで愛媛県内でも多くの参拝者があるお祭りだが、今年は2月18日から28日の10日間行われ、参拝者が密にならないように配慮して実施されます。
皆さんもその意を汲んでご参拝をされることをお勧めします。
例年なら国道33号線から神社までの参道約500Mを通行止めにして両側には露天商も出てにぎわうものですが、今年はこれをなくし通行止めも行わないそうです。
このお祭りを境に伊予路に春を呼ぶと言われ、このお祭り中が一番寒い天候も過去の歴史実績を示しているのですが、今年も一番の寒波に見舞われています。自然と暦は正直だとつくづく思います。社会の平安と回復とコロナ退散の春も呼んでほしいとお願いを加えたい。
posted by 明比昭治 at 11:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

答をどこにみつけようとしているのだろうか?

このところ連日報道されるマスコミの扱いを見ていると非常に残念だ。とくにオリンピック組織委員会「森喜朗」会長を辞任に追い込んだまではジェンダー思想とオリンピック精神の普及啓発徹底までは正義感として理解はできるが、その後オリンピックの開催を目前の最大の課題としている中にあって、後継者の選出と組織の機能発揮が一刻たりとも無駄にできないで避けられない状況にあるのだが、ああでもこうでもと候補に挙げられる方の人格を否定し晒すような状況と見受けられるのだが、公益のためにとの使命感をもって役割を果たすべきマスコミの使命を逸脱してはいないのだろうか?と残念に思うのは私一人だろうか?もうオリンピックなどやらんなければいいんだとの意図があるのだろうか?こんな状況に置かれて火中の栗を拾う人が出来るのだろうか?すべての犠牲を払って就任してもまた揚げ足を取って、引きずる降ろされるような恐怖意識を社会に植え付けてしまうように思えてならない。今こそみんなで足りないところは補い合って未来へのエネルギーを生み出す取り組みにはみんなで後押しをしようではないかと呼びかけるものである。国会の議論もしかりで、真の大きな国益を目指しての議論を深めてほしいものだと思う。
コロナ(難)に打ち勝つには一人一人が地球上に存在する責任として自らの命を守ること、それが周りの人の命を守ることに繋がる出発点の考えだとの認識が大切だ。また愚痴をこぼしたが、最近のマスコミ報道から受けるニュース状況に耐えかねて!
posted by 明比昭治 at 09:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする