2021年04月16日

福島原発処理水の海への放出への反発。

東京電力福島第1原発の事故以来、冷却水として使われた水を、敷地内のタンクで貯蔵しているのだが、菅総理が福島原発の処理水について、海洋放出を2年後から開始すると発表した。
これに対し漁業協同組合連合会会長がまず、原発事故後10年たって福島沖での漁獲の風評被害がやっと薄れつつある中、再び風評被害にさらされる苦労は耐え難く絶対反対だと表明された。菅総理から直々にこの処理水については国際原子力機関(IAEA)が示すトリチュウームなど放射性物質の含有率基準を20分の1以下、一般の水道水よりも7分の1以下の含有率に薄まった状況の処理水として、常にモリタリングをしてIAEAの監視の元作業することも説明されたにもかかわらず、反対との態度表明であり、政府の事前の説明不足もあったのかなと危惧するものだ。
さらに韓国、中国も政府の海洋放出の発表に反対・反対の声を上げ、日本政府へ大使を呼びつけて批判の行動に出ている。
正に国際原子力機関が示す基準をはるかに下回り、機関が責任もって一連の作業を監視するとの条件も提示しているのに、反対とは何たることか。やがて自国が放出している処理水が、今回示さされた基準など遥かに越えた濃度で放出されていることにブーメランのように返されて、自国の首を絞めることとなり国際批判を浴びることになるのだろうが、まさに頭かくして尻隠さずという愚行である。
日本政府もこれまでも慎重に扱ってきた問題とは思うが、何かにつけトップの発表の前に事前説明をもっと丁寧にしておくべきではないだろうかと思う。
posted by 明比昭治 at 13:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする