2021年05月27日

ワクチン接種券が届きました。

市から広報でも「お知らせ」が配られ、コールセンターへ電話するか、ウェブ予約をして下さいとある。これまで75歳以上の後期高齢者、5月26日からは70〜74歳の方、6月9日からは65〜69歳の方に順次接種券が市から贈ってくるとの案内です。
接種にあたっては、かかりつけの医院(市内すべての医院ではない)、市内の病院、または集団接種会場のいずれかを自分で選択して、予約をすることになるのだが、送ってこられた接種券をみてまず第1印象として、接種券など印刷されている文字が小さくて読みずらい。(理解しずらい)誰か家族などに見てもらいなさいと言うことだろうが、家族の同居がなく1人住まいの高齢者が私の身の回りにも沢山いる。どうしたものかと思案にあぐね、接種しないで終わってしまう人がかなり出るのではないかと思う。電話しても中々つながらない、インターネットやスマホの繋ぎ方・使い方がわからないので申し込めない・・・。接種しなければと思うのに‥申し込みがどうにもならない・・また接種会場へ出向かなければならないのだが、足が不自由だし、車の便もない・・。お年寄りには解っていながらも2重にも3重にも接種にたどり着くまでに、たどり着く手段で障害が多く、悶々とストレスもためていることだろう。感染予防のため接触を避けねばならないので、電話や郵便の手法を取っているのも理解はできるが、一人暮らしのお年寄りや、体の不自由なお年寄りなどに、行政機関が(代行者も含め)出向いて、声をかけてあげるとの、血の通うことが出来るべきと私は思う。
このことも含め、外出自粛で引きこもり状態の方々のストレスは大変なものがあるように思えてならない。こんな閉塞感を増幅するような社会現象が続いてはならない。ご近所でも声を掛け合おう。
posted by 明比昭治 at 14:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月21日

自民党愛媛県支部連合会の役員改選。

コロナ渦による第4波の対策として、大都市圏では第3次の「緊急事態宣言」や、その他国内各地でも局部的に感染拡大で医療崩壊を招きかねないと危惧される地域の「まん延等防止等重点措置」を講じている中、各種会合や行事もついても「密」を回避するため中止や制約の必要性が求められ、自民党愛媛県支部連合会として、通常総会を4月末で予定し、さらに5月22日まで計画変更していたのだが、これも結局開催を中止し、昨年と同じく、所属の県議会議員による「常任総務会」で総会に変えての決議を5月20日県議会会議室で行い、提案案件のすべてを原案可決した。これらは来年の通常総会大会で、昨年と合わせて2年分が報告されることになる。
そんな中1年任期となっている役員の改選について、すでに留任が承認決定されていた渡部浩幹事長一任としていたので、幹事長から発表決定された。
自民党県連の中で県議会会派が二つになっており、一体化への早期修復を党員から要請されている中であるが、要は議長など議会での人事の主導権が大きな分裂要員であるが、今年は衆議院議員の選挙が遅くとも九月中に行われるのだが、結束した取り組みが出来るようにしなければならない。来年には参議院議員の改選期ともなり合わせて、議席確保のため党員の結束が問わるところだ。私は幹事長にこれら選挙で力を合わせて取り組める人事体制も重要な視点と配意でと、総務会長として進言、四つの選挙区では副区長を二人制として改革された。
私自身はもう長老組に入るところの立場にあるので、執行部入りも遠慮してバックアップに努めることにさせて頂いた。みんなで自分のことばかりを優先せず、世のために役立つため仲間と力を合わせて、この国の未来を平和で安心して、子供や孫たちが引き継いでくれる社会の建設のため、ここは汗をかこうではないかと訴えたい。自分を目立たそうとするパフォーマンスが、正常な社会を毒することになっていることを今見つめなおそうではないかと呼びかけたい。
posted by 明比昭治 at 15:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月20日

予期せぬことが次々と。

昨年来のコロナ禍は予期せず世界を襲って、対策が未だに定まらず後手後手と迷走している。走りながら対策を打たなければならない状況が解っているはずと思うが、ああでもないこうでもないと非難の応酬で、一層迷走し対策の効果を遅らせて、無駄を生んでいるように思えてならない。
気象も異変で今年は梅雨入りが例年より20日も早くなっている。天候気象はあらゆるところで問題を誘発することが予測される。農作物には特に影響が大きい。愛媛は裸麦の生産量が全国1だが、丁度収穫前の時期となっており、まだ半分くらいは刈り取りができず雨が長引くと立ち枯れでカビが発生し病気を誘発し、減収被害が心配される。また玉ねぎなども収穫時期になっているが、畑で腐ってしまわないか心配だ、等々。
誰にも万全の方策が見いだせないのに、ああだこうだと後戻りや立ち止まりで混乱している中にあっても、いろいろな事態は時を待ってくれない、世界に状況をみてもイスラエルでの空爆、中国とアメリカの対立の深まり、など広い視野と見識をもって注意と対策の構えをしっかりしていないと、首も回らない状況に陥る心配がある。
いま、我々はかつての高度経済成長で、金や物での一定の豊かさを感じ取っていた時代感覚から、脱却し、人の命の尊厳を考え直してみる必要な時に至っているのではないだろうか?いつのまにやら勝手なことばかり言うことがまかり通る世相の国になって、自分の命が守れくなっているのではないだろうか?
posted by 明比昭治 at 10:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月14日

非難のネタばかり探さず前向きに後押ししよう!

パッと明かりが広がるような話題が見つけられないものなのか?コロナ。コロナの話題で密になっており、それが感染拡大し、一生懸命なんとかせねばと頑張ってくれている人たちのモチベーションに冷や水を浴びせるかのように、あれが悪いこれが出来てないと今では社会の健康を維持する免疫力をそいでしまうような状態ではないだろうか?
一方ではSDGsの取り組みが今後社会、いわゆる持続可能な社会を築くための必要性に目を向けられている希望の光があるのだが、やはり目の前のコロナによる人との非接触で内に籠ってのマイナス思考が、今社会に蔓延して、暗い話に結びつけてしまっているように思えてならない。
オリンピックに関わる問題にしても、スポーツで社会を元気にとの理念の元頑張っている人達、それを応援する人たちその純粋な気持ちが爽やかで、共感を呼び、スポーツの意義が認められるものだろう。それに向けて純粋にあらゆる困難・ハードルを越えて頑張っている人たちのに、あんたがたが社会に迷惑や負担やリスクを負わせているのだぞと、足を引っ張り圧力をかけることは如何なものか?
ワクチン接種が一日でも早く国民に行き渡るようにし、日々感染者対策にもかかわっている医療関係者を含め、エッセンシャルワーカーの不眠不休の頑張りにみんなで御苦労様との思いと理解をもって、次々おこる諸問題に対応されている皆さんに、大きく広い感謝の心で接しましょう。
ワクチンの手配で高齢者から・医療従事関係者から優先接種を勧められていますが、なにさま設備の問題・人的要因の問題いろいろぶつかりながら事故の無いように、みんな頑張っておられます。手配の関係で相手もあることであり、部分的には問題も起きることでしょう。
それを攻め合ってモチベーションに水を差し、無駄や後戻りを大きくすることの無きようみんなで理解して、譲り合って協力しましょう。
全てはみんなのためになることに繋げましょう。
posted by 明比昭治 at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月11日

人の命の軽重を国会で詰め寄る蓮舫議員の見識を疑う。

以前に民主党政権時代に、国会の事業仕分けで、スーパーコンピューター開発にかける予算を取り上げ、計算速度を世界1速いことを取り上げ、何故世界1でなければならないの?2位ではどうしていけないのか?と投げかけ、技術革新を目指して取り組んでいる研究者や技術者の意欲に水をぶっかけるような発言や、その考えに先端技術立国を目指す日本の国会議員の見識として如何なものか?政権を取ったおごりの態度が見え反感を買ったことが記憶から消えないのだが、今度はコロナ禍の中でのオリンピック開催に向け、IOCもJOCも政府も東京都もあらゆる関係者が、開催の是非や難問可決に、苦難の判断で混乱していることをわかっていながら、この混乱に乗じてまた不見識な発言で総理の見解をただすと迫った。
オリンピック開催中に外国人選手と日本人がコロナに感染し重篤な症状で同時に病院に搬送されたら、どちらの命を優先して治療するのか・・?
国会の場で国際親善平和を求めるオリンピックに関して、人道的な判断を求めるべきでは無いだろう。どちらの命も助けるため最大限のことを尽くすべきなのではないか!。日本人を優先すべきだと蓮舫さんは総理に迫られたが、そんなことを国会の場で総理に迫るその見識に私は異を唱えたい。
posted by 明比昭治 at 09:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月05日

外出を控えて。

この連休に感染が第4波としての拡大をどうしても止めなければ・・・。とコロナウィルスが変異株となって猛威を振るってきていることを懸念し、第3回目の緊急事態宣言を発したり、愛媛などでもまん延防止等重点措置法を適用し、人流を止めるように政府も地方自治体も躍起になって国民に呼びかけたところだが、もう1年もあまりうがい・手洗い・マスクの着用・三密回避・不要不急の外出控え・・・と叫び続けてこられたので、最近は緊迫感が一般的に薄れ、逆に巣篭りストレスから、わかっていてもじっとしていられず出かけることになってしまう状況で、このゴールデンウィークでも、昨年の状況からすれば何倍もの人が出歩いている状況で、感染防止効果が表れていない状況が続いている。
いよいよ各地で医療崩壊が起こる状況が色濃くなっていよう。早くワクチンの接種を進め、鎮静化を図らなければならないが、一般診療やコロナ対策診療にお医者さんが取られ、ワクチン接種の方に手も回りにくくなってくるのではないだろいうか?
誰のためにみんな苦労しているのだろう・・・。みんなの命や生活を守るために苦労しているのだ。どうか今が一番大切な感染抑え込みに必要な時だろう。みんなでこの苦境理解と協力を束ね取り組もう。
私の自宅横の河原でも連日家族や仲間でBBQキャンプをするグループで大盛況だった。せめてとの気持ちもよくわかるが、自宅で家族で今しばらく過ごす時間を続けよう。10日後に鎮静化していたら多少は安堵ができるのだが・・・。
posted by 明比昭治 at 16:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする