2021年06月30日

1年の折り返し、7月1日はお山開きだが。

今年もコロナ禍の中で未だ終息が見えないどころか、変異株による感染力が強くなり、第4波から第5波と続いている。ワクチンが効果ありとの報もあるが、中々順調に進まず、オリンピック開催までに国民の80%位の接種が進めば良かったのだが、2回の接種を終えられる人は50%にも満たない状況のようだ。この国難(世界中だが)にあたって国のやることのスピード感や手法について非常に歯がゆい思いが国民にも募っており、不平不満の声が80%以上あると予想される。だけどこの状況を作っているのは政府の責任だけではないだろう。国会での取り組みや論争を見ても、不平や不満の声ばかりで、揚げ足を取るような議論に多くの時間を要し、答が先送りとなり即効性が表れない積み重ねで、効果が得られないのだ。なんでも言いっぱなしが民主主義ではない。国民1人1人がシッカリ主権者として責任と義務を果たしながら、この状況を改善しなければ、そのつけはやがて国民の元に帰ってくるのだ。子供たちや孫たちのためにもみんなで結束して社会と国を守ろう。
明日からは1年も折り返しとなるが、石鎚山でもお山開きだ。今年も御神体を山頂まで担ぎ揚げるのだが、大勢で威勢良くの密を避け、信者にお守りされての行となる。これからの1年を「大難を小難に、小難を無難に」送れるよう、大神様にお守りいただく、お山を仰いでお参りしましょう。
posted by 明比昭治 at 18:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月28日

振り込め詐欺にご注意を!

先日来西条市役所の有線放送で夕方6時ころ連日、市内の住民に対し、『市役所の職員とかたり保険金の還付がありますと電話連絡、コンビニに誘い出して「還付金詐欺」が多発しているので、注意を』と放送があった。
そして翌日の新聞で、市内の50代・60代の女性が連続して100万円など高額に詐欺にあった被害が警察に届けられたと報じられていた。
コロナ騒ぎで人々の接触の機会が薄れ、誰とも相談することができなかったのか、まんまと付け込まれての詐欺であり、いろいろな手口で電話で勧誘ご増えているそうだが、ずいぶん前から振り込め詐欺にご注意をと、警察や防犯関係者からもずいぶん呼びかけられているのに、被害が後を絶たない。語りが巧妙になっているのかもしれないが、おかしな話は必ず誰かと相談することで、落ち着いた判断をすることが大事だ。
インターネットも発達し、変なメールも連日どこからアドレスを見られたのかたくさん入ってくる。決して思い当たらないところからのメールは開かないこと、さも知り合いのように送られるメールもたくさんあるが、思い当たらない内容のものは無視することが大事。
インターネットなど情報伝達手段は非常に発達しているが、それを利用し使いこなすにはかなりな知識が必要で、一般の人には使いこなしはまず無理と理解したほうが良いだろう。思い当たらないことが連絡されたときは、とにかく無視すること、それでも気になるときは絶対にだれかに相談すること。相談が思い当たらなければ警察に相談してください。
posted by 明比昭治 at 12:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月23日

第375回愛媛県議会6月定例会始まる。

6月21日から7月7日までの日程で定例県議会が始まった。いろいろ注意も喚起し対策を講じているのだが、新型コロナのまん延はウイルスに変異株で感染力も強め、第4波が襲われ東京などに再度の「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」を発令し、鎮静化に努めているところだが、安心できる医療体制を確保できるまでの状況に中々至らない、一方でワクチン接種も始まり、接種体制も医師会などの協力や皆さんの知恵で、だんだん増強されている。7月23日の東京オリンピックの開催にあたっても、蔓延拡大や医療の緊迫を心配するあまり、中止や無観客での開催などいろいろな意見がかまびすしいのだが、開催は決定して進んでいる。これからは事故無く成功裏に取り組まれ世界に安心感を届けることが何より大切なことだ。みんなで成功へ協力して導こう。
このように騒々しい状況の中1日も早い終息への取り組みの手を入れるべく、大きな補正予算を組んでこの議会でも審議される。本当に困った人に手が差し伸べられるように配慮が必要だろう。仕事が失われた。恥ずかしくて人にも言えない。巣ごもりして悩みぬいている。そんな弱者がいないだろうか?そんな気配りの取り戻せる社会に風潮を考える論議の深まりをのぞみたい。
posted by 明比昭治 at 18:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月22日

東京オリンピック・パラリンピック開催決定。

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会は、6月21日に日本政府・東京都・国際オリンピック委員会・国際パラリンピック委員会との5者会談協議で観客数の上限を収容定員の50%以内、上限を1万人とすることで合意して開催することとなった。
コロナの感染拡大など状況によっては、無観客とすることあり得るし、8月24日に開幕するパラリンピックの入場者制限の課題は、東京オリンピック開会(7月23日)の1週間前の7月16日までに決定することになったようだ。
いずれにしても開催が決定されているのだから、安全で安心し選手が最高のパフォーマンスを発揮できるように、万全の態勢づくりにみんなで協力しよう!その選手や関係者の頑張る姿を見て、爽やかなスポーツの感動と、一体感のだいご味や友情を確かめられる大会にしようではないか。
これまで準備に関わってきた方々の中には縮小により報われなかった方もたくさんおられることになろう。ボランティア活動で準備や計画を立てておられた方も沢山おられるが、予想と違ったことになるケースも沢山出ることだろう。だからと言って誰かへの責任追及で憂さ晴らしをするようなことなく。みんな笑顔で大会を応援できるようにしようではありませんか。
posted by 明比昭治 at 17:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月21日

驚いた!塩崎泰久衆議院議員突然次期選挙出馬しない。

6月19日愛媛県第1選挙区(松山市中心)選出で、衆議院議員を8期(参議院議員1期もある)務めてきた「塩崎泰久」議員が、松山市内で自らの後援会の幹部会で突然次期の選挙(今年9月に想定されている)に出馬しないと宣告され、その後市内のホテルで記者会見を開き、宣言されたと私もマスコミ報道で知らされ驚きました。
これまで全くこのような発表になるような言動も見られず、誰もが一様に驚いているところだろう。選挙区内に政治活動の掲示ポスターもかなり張られているのだが、公よく選挙法に倣って、選挙の6ヶ月前には候補者として単独の顔写真のポスタ〜を晴れないのだが、「牧島かれん」議員との2連で講演会の案内ポスターにも貼り替え、次の選挙に向けても当然出馬され、これまでの自民党内や政府での重要な役職の経験も生かして、特にコロナ禍で大変な時局にあって、厚生労働大臣の経験も生かして、安全・安心な社会づくりに敏腕を払ってほしいものだと誰もが期待をしているところだが、本人は後継・人心一新や本人の一定の政治テーマに見通しがついたこと、奥さんとのこれからの生活も大事にしたいなどを挙げて、決意した。後継は自民党県連が公募して候補者を決まられたく、自らの後継者指名はしないで決定された候補を応援する。とのことで身近な関係者も誰も知らされない突然の発表である。
潔い話ではあるが次の選挙まであまりにも時間が少なく後継者選考、選挙への準備に大変ハードな取り組みにもなることだろう。自民党としてこれまで保ってきた議席を万全を期して候補者を立て確保しなければならない。真っ白な状況での候補者要路いつになるのだが、皆さんのご理解とご協力をお願いしたい。
posted by 明比昭治 at 10:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月19日

国民の安全安心を守るのは私の責任だ。(菅総理国会でも名言答弁)

第204通常国会が6月16日150日の会期を終え閉会した。やはり新型コロナ対策が(「まん延防止等重点措置法」の成立)何といっても中心の議論とはなっていたが、他にも長年懸案だった「国民投票法の改正」、安全保障上重要な基地周辺など土地の動きをチェックする「重要土地等調査・規制法」や、デジタル庁の創設のための法、75歳以上の高齢者の医療費の窓口負担を年収200万円以上に方は2割負担とする改正などなど61の法案が可決されたようだ。
この国会でもやはり議論の中心はコロナ対策だが、ワクチン接種について早いの遅いの、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の発令や解除が遅いの早いのいずれも場当たりなことを取り上げる議論に終始し、この先どうする方向を見出し、夢や希望を持てる社会の創造のため国民が納得し協力して一丸となって取り組む姿勢に導くような議論が行われていないのは非常に残念である。場当たりの現象を取り上げての議論で、自分を弁護するばかりのパフォーマンスをするものだから、みんなが意地になって議論をかみ合わせようとしない結果を生んでいると思えてならない。前向きな結論が導けないで、結局足の引っ張り合いとなって、あと送りの原因となっている。
いよいよオリンピック・パラリンピックの開催に向けて、世界に向けての公約を果たす時が来たのだが、もちろんコロナ対策という特別況下での開催となり、厳しい覚悟と対策を講じて取り組まなければならないのだが、誰かの責任に逃げ口上をもって押し付けるようなことは止めよう、万全の注意をみんなで払いながら、選手の最高のパフオーマンスを称賛し、感動と勇気を得たいものだ。
菅総理は国会で国民の命の安全と安心を守るのは私の責任だと明言し、G7でも国際協力を呼びかけている。国民が足を引っ張り不安をあおることは止めよう。
posted by 明比昭治 at 11:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月10日

ワクチン接種を企業・大学などでも打てるように拡大、希望を募っている。

新型コロナの鎮静化にはとにかくワクチンが効果的と、政府も高齢者向けを皮切りに接種を進め、指定の病院や接種会場以外にも、企業や大学など接種会場や機会を拡大して、11月末までには12歳以上の全国民を対象とした接種が概ね浸透するよう全力で進めている。
ただ気がかりなのは窓口を広げるのはよいが、あそこでもここでもと申し込みをしておいて無駄が生じないのか、管理が行き渡って実施できるのか心配である。最終的に誰が摂取したのか出来ていないのかチェックできるものなのだろうか。接種が自主的なものであり強制されるものではないので、チャックのしようもないのではなかろうか?2回以上3回の接種したり、1回で打たなかったり誰が、どこでチェックするのだろう。
あくまで自主的なものだから、自己による管理チェックが基本だ。機会は拡大されるが、無駄のない効率的接種で効果を上げて行きましょう。
posted by 明比昭治 at 09:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月08日

「おもてなし」の精神で誘致したオリンピックを止めろ!でいいのか!

いよいよオリンピックの開催が世界的コロナウイルスの感染拡大蔓延で、1年延期されていたものの、開幕まで50日も切ることになったが、未だに止めるべきだコールが、国会でも野党など自分たちの保身のためか声高に主張している。
オリンピックの開催の意義や目的など、総理に責任追及を求めているのだが、オリンピックは歴史的に意義はもう広く世界の認められ、オリンピック憲章のもと参加各国が自主的に判断で参加しているものであり、IOCを中心に受け入れ主催各国や競技団体などの合議をもって開催されるののであり、勝手に自国の都合で辞めたなどと軽々に論じられるのもではあるまい。
日本で開催の誘致に際しても、国内での誘致に向けての協議を経て世界に宣言して誘致が選考委員会で選考され、とくに「おもてなし」の心で世界の皆さんを受け入れしたいと宣言して、決定されたことをまさか皆さんお忘れではあるまいに。この宣言の責任感を放棄しては世界から道義的にも信頼されない国として、烙印評価されることになるだろう。
コロナで大変な状況にあることは十分承知のことだが、困難な状況はみんなでどう対処し解決して、オリンピックの精神の生きる大会にするべきかを議論し、協力してこの時期でも乗り越えて開催実施した結果を残すべきだと私は思う。
リスクの回避のために投げ出してかかわらないことが国際平和に役立つこととなる道ではない。誰か悪者を創って留飲を下げる破壊的行動や議論ほどむなしいものはない。不幸の道へ導くのは慎もう。
posted by 明比昭治 at 14:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月03日

台湾囲い込みにワクチン?

初期対応により感染拡大防止にマスクの着用を求め、スマートフォンにマスクを販売している店が全国で情報把握できるソフトアプリで徹底し、蔓延の抑え込みに成功した事例で紹介されていた「台湾」のコロナ対策だった。日本でもネットを駆使した手法の遅れが反省させられたものだが。ここにきて台湾でコロナが航空パイロットからの侵入によりコロナ感染が拡大しているようだ。
これに対しワクチンの接種をと取り組んでいるのだが、どうも中国が自国のワクチンを提供する(ヨーロッパからのワクチンを求めているのを妨害しておきながら)と恩を押し付ける行動に出ているようだ。
一方我が国やアメリカなどもワクチン手配に協力を申し出ており、専制共産党の中国の支配に屈することの無いようにと、祭総統は自由諸国との連携を求めているようだ。中国政権のお世話になって、今や自治権も奪われた香港の2の舞にならないようにと、総統の意思が固いが国民は早くワクチンをと求めており、この対応が将来の自治権にまで影響する問題ととらえ慎重に対応されたいものだ。
中国は香港の次は台湾と、更には尖閣諸島と領有権の拡大のため、軍備の増強や自国に都合の良い法改訂まで行い、虎視眈々と狙いをつけているように思えるとの理解が私も同調できる主張だ。
posted by 明比昭治 at 10:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月01日

ワクチン接種の展開先が明るくなってきた。

まだまだ感染拡大が続いている地域もあり、「緊急事態宣言」(北海道・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡・沖縄の10道都府県)、宣言に準じた措置が求められる「まん延防止等重点措置」(埼玉・千葉・神奈川・岐阜・三重・【群馬・石川・熊本】)が、6月20日まで適用が延長される【一部は13日まで】。制限事項が一部緩和されるようだが、もう少しの辛抱で一般医療の逼迫や、異常な状況は脱することが出来るようみんなで理解と協力をしよう。
一方の対策ではワクチンの接種が効果ありなので、接種体制の国も地方自治体も全力で取り組んでおり、接種会場や従事者の確保に政府の呼びかけに呼応して手を上げてくれる方々が増え、かなりの見通しがついてきたようだ。万一のケースを取り上げ批判の声を上げるマスコミなどもあるが、注意喚起はよいが皆の志気をくじかせるようなことは慎まれたいものだ。
ただ、電話・インターネット・携帯電話などを利用できない、一人住まいの高齢者や身寄りのない方など、弱者対策としての声掛けや、みんなで配慮が必要だろう。私は何百万人もいるのではないかと思う。10万円が届かなかった人・マスクが届かなかった人、公表されていないがかなりいたのではないだろうか?都合の悪い数字は闇の中にしてしまっていてはならない。しっかりこの底辺を守ることが大切で、これが出来なければざるの目からこぼれてしまう弱者が守れないではないだろうか?
posted by 明比昭治 at 10:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする