2021年06月01日

ワクチン接種の展開先が明るくなってきた。

まだまだ感染拡大が続いている地域もあり、「緊急事態宣言」(北海道・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡・沖縄の10道都府県)、宣言に準じた措置が求められる「まん延防止等重点措置」(埼玉・千葉・神奈川・岐阜・三重・【群馬・石川・熊本】)が、6月20日まで適用が延長される【一部は13日まで】。制限事項が一部緩和されるようだが、もう少しの辛抱で一般医療の逼迫や、異常な状況は脱することが出来るようみんなで理解と協力をしよう。
一方の対策ではワクチンの接種が効果ありなので、接種体制の国も地方自治体も全力で取り組んでおり、接種会場や従事者の確保に政府の呼びかけに呼応して手を上げてくれる方々が増え、かなりの見通しがついてきたようだ。万一のケースを取り上げ批判の声を上げるマスコミなどもあるが、注意喚起はよいが皆の志気をくじかせるようなことは慎まれたいものだ。
ただ、電話・インターネット・携帯電話などを利用できない、一人住まいの高齢者や身寄りのない方など、弱者対策としての声掛けや、みんなで配慮が必要だろう。私は何百万人もいるのではないかと思う。10万円が届かなかった人・マスクが届かなかった人、公表されていないがかなりいたのではないだろうか?都合の悪い数字は闇の中にしてしまっていてはならない。しっかりこの底辺を守ることが大切で、これが出来なければざるの目からこぼれてしまう弱者が守れないではないだろうか?
posted by 明比昭治 at 10:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする