2021年07月21日

オリンピック始まる。女子ソフトボール「日本」まず1勝でスタート。

2020東京オリンピックがいよいよ始まった。開会式は23日夜だが、21日から競技が始まり、女子ソフトボールと女子サッカーが今日から始まる。ソフトボールは「日本ーオーストラリア」が初戦で対戦、日本のピッチャー『上野』は2008年北京オリンピックで金メダル投手となったが、13年ぶりにまだ現役として活躍、本日の試合は「8−1」5回コールドで勝利投手となった。
上野投手は明日が誕生日で満40歳を迎えるそうだ。今も現役で日本リーグでも活躍しているが、リーグの試合中にボールが顔面に当たり大けがをすることにも見舞われたが、神様が与えてくれた試練と受け止め頑張っていると回顧されている話を聞き、私も感動した。日本人男子サッカーでは「三浦カズ」が50歳までの現役で頑張っている。他にもいろいろな協議でもレジェンドがいらっしゃるが、こんな努力をする姿がスポーツがあたえる感動のエッセンスとして私たちにも勇気と元気を与えてくれる要素でもある。
コロナ騒ぎでいろいろあるが、感動がのこるオリンピックになって世界の友好と平和協調に成果を上げて欲しい。
13年前に北京で金メダルを取った後、日本リーグの試合で西条に「上野選手」もきて(当時はルネサス高崎のエース)試合をしてくれ、西条の人にも応援する人が大勢いる。上野選手再び金メダルを得られるように頑張ってほしい。
posted by 明比昭治 at 13:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする