2021年11月30日

変異オミクロンコロナ株又南アフリカ地域より

コロナウイルス感染症はデルタ株から更に変異し「オミクロン株」と命名し、WHOが南アフリカ地域から感染拡大が進んでいると発表された。
日本政府は12月1日から12月31日まで外国人の入国を基本的にすべて中止すると早々と決定措置を講じた。すでに11月末にナミビアから入国した人が、「オミクロン株」の感染者として隔離措置も取られたようだ。まだ諸外国でも対策措置はいろいろのようだが、これまでの反省から日本政府は早めの対策手段を講じられたわけだが、経済活動も今やグローバルに世界中と関係している中で、どこから侵入するかわからないし、後追いとなると対処が大変になるという経験から、初期対応が肝心との取り組みは賛成だ。
やっと国内での感染が下火となって落ち着いているこの状況をぜひ続くことにしたいものだ。手洗い消毒・マスク着用・密の回避を国民・事業者が協力の賜物だろう。犠牲や痛みの補いも配慮しながら、コロナの収束に一層国民の協力によって取り組まねばならない。
中国がワクチンをアフリカの各国に何千万人分も供給すると発表しているが、ワクチンを打つことさえ徹底できない国に、ワクチンの重要性を徹底する教育が出来ていなければ無用の長物となる。本質をしっかり見極めて行動すべきだろう。
posted by 明比昭治 at 17:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月25日

明日から第377回愛媛県議会12月定例会が始まる。

最も関心の強い事柄はやはり新型コロナの感染問題だが、11月になって急速に国内でも感染が縮小されており、不思議でもあるが何よりだ。ワクチンや清潔生活環境が役立っているのだろう。再拡大につながらないことを何より願うところだ。
愛媛県でも11月中から連日感染者情報が0であったり、1名だったりと一喜一憂の状況だ。とにかく完全早く収束を願うばかりがが・・・。
国においてもコロナ対策・経済界策など社会の立て直しに55,7兆円の補正予算も次の国会に提案される予定になっているが、県議会においてもやはりコロナ対策・ウイズコロナ・アフターコロナ対策を中心に補正予算が組まれる。
また、県の人事委員会の勧告により、公務員・これに倣って特別職も冬のボーナスの減額行われる。現下の社会情勢の中ではやむを得ない、国家公務員も先ごろ人事委員会の勧告により、この冬及び来年の夏のボーナスが1,5か月分減額される。
さて、今議会12月1日に一般質問に立たせていただくことになっている。任期最終年度を迎えるにあたっての中村知事の仕上げの政策取り組みの姿勢、コロナ対策、県内経済中小企業への支援策、減災防災県土強靭化、豚熱ワクチンの取り組み、いじめ問題への取り組み・・などを問い正してゆく予定です。
posted by 明比昭治 at 12:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月20日

このまま収まって欲しいコロナ感染。

11月に入って全国的にもコロナ感染者の状況が急速に減ってきた。夏場を過ぎての第5波のピークからすれば驚くばかりの現象で何よりだ。
原因はまだ解明されてはいませんが、全国民が感染防止に気を付け、さらにワクチンの接種も70%を超える接種率となり、ウイルその行き手が遮られての効果だろうと思う。
愛媛県でも累計で5409人の陽性感染者、死亡者累計が82名となっていますが(11月20日現在)、このところでは連日1日当たり約250人の検査を継続実施していますが、5日連続で陽性者が0が続いています。
全国各地でも驚くほどの減少で何よりであり、国を挙げての取り組みに国民も協力しての結果だと思う。このまままた年末や年始を控え人流が増えtも来るのだが、第6波に繋がらないように、ここは国民こぞって最大の努力で切り抜けたいものです。
@感染回避行動の継続徹底 A体調異変時は休んで病院に受診 B訪問先の感染状況を事前に確認の上、県外との往来は十分に注意する C会食はルールを守って密を避け実施 と、4つのポイントを示し愛媛県民に引き続き呼びかけ徹底をお願いしています。是非ご理解とご協力をお願いします。誰のためでもありません自分のため、家族のため、社会のためです。コロナ対策にも国家予算の倍以上の予算が組まれ実行されています。早く健全な日常を取り戻し、後世に積み残して国家財政に破綻が生じないようみんなで努力しましょう。
posted by 明比昭治 at 18:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月19日

すごいぞ大谷さん!アメリカプロ野球で最高の「MVP賞」受賞

コロナ騒動で全てが無観客試合だったりしてスポーツ界でも盛り上がりが駆けていたのだが、ことしのアメリカプロ野球の最優秀賞「MVP」に、大谷翔平選手が選ばれた。おめでとう!大谷さん!この選考はスポーツ記者の投票で決められるそうだが、満票を獲得し文句なく選考されたそうだ。日本人選手もアメリカ大リーグへ移り活躍している選手も相当数いるようだが、今ではもう20年も前のことになるそうだが、日本人としては「イチロー」選手以来の受賞だそうだ。
今年の彼の活躍としては、ピッチャーとして9勝。打者としてホームランが46本。他にも盗塁などとにかく走投打の3拍子で大活躍。ファンを沸かせた最高の選手との評価だろう。2刀流のこんな選手が出てくることはこれからはまず無理だろうと思う。
日本政府は国民栄誉賞を贈ると計画したようだが、まだ現役でもっともっと活躍があるだろうから本人も辞退したそうだが当然だろう。因みにイチロー選手も辞退されたそうだし、現役選手引退の今も受賞されていない。
まだ独身だが、彼の所得はけた違いになるだろうが、嫁さんを取るのに適当な人が出てくるのだろうかとも余計な心配がよぎります。
まだまだこれからも頑張ってくれることと思うが、とにかく身体が何よりの活動に基礎になるのだから、気を付けて頑張って欲しいものです。
コロナ禍で沈む空気を吹き飛ばしてくれてありがとう。高額納税にも貢献戴いて有難う。日本中が応援しています。
posted by 明比昭治 at 18:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月06日

「丹萌乃」女子プロゴルフテスト合格。おめでとう!

西条市出身で、「丹萌乃」(24)さんが、日本女子プロゴルフ協会の2021年度の最終プロテストで念願の合格を果たしたニュースに接し、心からおめでとうとお祝を申し上げたい。
おじいちゃんは私と同学年で、野球やソフトボールのチームリーダーだった。私はサッカーだったが同じスポーツ楽しむ者同士、親交いただいている仲だが、プロを目指して頑張ってチャレンジしている「萌乃」ちゃんの成功を私も心待ちにしていた1人だ。
自宅の近くで公認のコースではないがパブリックの「小松ゴルフ」場があり、遊びから始まったことだろうが、お爺ちゃんやお父さん家族の支えと応援で、これまでも何度も今度は今度はと頑張ったのだが、最後にいまひとつで合格を逃してきたが、とうとうプロ挑戦7度目でプロ合格を勝ち取った。
これまで多くの大会に遠征を重ね、苦労を重ねてきたものだろうがこの苦労をバネにして、今後はプロとして堂々の選手生活を楽しみながら、プレーに一層の磨きをかけて頑張って欲しいものだ。心からエールを贈りたい。「頑張れ萌えちゃん」

posted by 明比昭治 at 12:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月01日

愛媛県第3選挙区自民党議席奪還「井原たくみ」当選

愛媛県の4選挙区のうち、第3選挙区(我が西条・新居浜・四国中央の3市)が自民党の議員を失っており、議席の奪還が悲願であったが、2年半前参議院議員を辞して衆議院に立候補の決意をし、以来選挙区内をくまなく歩いて知名度アップに努めて努力した『井原たくみ』さん、念願かなって今般総選挙で見事当選を勝ち取った。本当におめでとうございます。
県議・四国中央市長・参議院議員と政治経験を十分に積まれ、その見識や人脈で地域の役に立ちたいと決心し、これまで毎日努力を日々を送られていたのだが、昨年からのコロナ感染は密を避け、対話や会話に機会が閉ざされ、ソーシャルデイスタンスで心通わせる接触が出来ず、本人にとっても支援する我々にとっても本当に苦労な取り組みとなった。これにもめげず日々の努力の結果で勝利を掴まれた。本当にご苦労さんですと敬意を表するばかりです。
第2選挙区の「村上誠一郎」先生は今回で12回目の当選を得られたベテランで安定した選挙戦だったが、第1選挙区は「塩崎恭久」先生が突然の引退声明を出され、自民県連は公募を実施、8名の自薦他薦応募者の中から、「塩崎彰久」さんが選考され候補となった新人。第4選挙区は「山本公一」先生が病気治療中のため、公認候補を選挙区内の首長・議員などから他薦の推薦より、愛媛県知事の経験もある「長谷川淳二」さんが候補となり、それぞれ選挙区で新人ゆえに強力な後押しをいただき選挙戦を優位に進めてこられたのだが、第3選挙区だけが注目の激しい戦いだった。厳しい状況の中での勝利ゆえ感慨も一入だ。
井原さんの今後の活躍と、愛媛自民党ワンチームで、県民国民にしっかり応える政治活動を、一緒に頑張りましょう。
posted by 明比昭治 at 18:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする