2021年12月31日

2021年最後に大騒動。西条で鳥インフル発症。

昨年来世界中で大騒動を起こしている新型コロナウィルス感染だが、国内でも第5波を越え、11月中頃からワクチン効果もあったのか感染拡大が急速に収まりつつあり、年越しができれば平常生活が取り戻せるかと期待していたのだが、感染力の強い変異ウイルス「オミクロン株」が世界で広まりつつあり、我が国では政府が徹底した水際対策を講じ、外国人の渡航の制限も厳しくしているのであるが、日本人の帰国を認めないわけにもゆかず、入国後の検査と観察にも徹底して取り組んでいるところだが、やっぱり網に目をかいくぐっての侵入があり、一部市中感染も出ており気が休まらない状況で、年末年始の人の移動でのも何とか爆発が抑えられればと思っているところで、県内での感染陽性者は12月に入って4日以後0状態で年を越せると多少安どの気持ちでいたところですが、30日に西条の採卵用の養鶏場で数羽の死亡が確認され、県内では初めての鳥インフルエンザの疑いで、緊急消毒や防護体制の強化に取り組まれた。この養鶏場で13万羽が飼われているが、制限区域とされる10キロ範囲には58万羽以上養鶏されており、最大限の防護体制に関係者は奔走されている。
なお、陽性となった鳥の肉や卵を食べても人間の体調などに問題はないとされているが、焼却埋設されることとなる。とんだ年末年始となりそうだが,みんなで協力最小限の被害にとどまるよう頑張らなければならない。人間には新型コロナ、鳥には鳥インフルエンザ、豚には豚熱と、私たちの生活圏にいろいろなウイルスが蔓延している状況で、厳しく対応戦わねばならない。気が休まらない。
posted by 明比昭治 at 12:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月21日

頑張れ愛媛のプロ球団。(野球・サッカー・バスケット)

愛媛には全国組織に関連するスポーツのプロ球団が4団ある。最初に立ち上がったのは正岡子規が広めた「野球」で、石毛さんが骨を折って推進した四国リーグで発足した硬式野球のチーム「愛媛オレンジパイレーツ」。次がjリーグとして組織されているサッカーで、2部リーグに入って頑張っていた「愛媛FC]。この2つのチームにはスポーツの振興で元気な県民づくりの意義も込めて、愛媛県も出資している球団です。
その後、これ等の球団の活躍なども起爆剤となって、今治を中心にバスケットの「愛媛オレンジバイキング」、サッカーの全日本監督も務めた岡田さんの肝いりで進めている「今治FC]。この4チームがプロ球団として活動され県民からもサポーターを募って、運営活動されている。
残念ながら今年の各チームの成績は振るわず、選手も応援団も気落ちしている状況だ。野球は四国リーグで前期・後期ともに最下位で終わった。
サッカー愛媛FCは2部リーグから降格し、いまばりFC と共に3部リーグで戦うこととなった。バスケットもリーグ「最下位」と低迷している。
負けが込んでくると応援の気力もそがれ、プロの球団だから観客動員や支援のスポンサーも減少すれば経営にも問題が起きてくる。選手も地域密着を心がけ薄給で、野球がサッカーがバスケットが好きだからと頑張っている。球団の中で監督を変えたり戦術の見直しも取り組まれているようだが、何か根本的に支援策を考えなければならないのではないだろうか?やはり勝負は結果が出なければ士気(収入)が上がらない。気長く県民もスポーツの持つ意義を理解して応援することが大事だろう。大きな理解で応援しよう。球団も甘えず改質強化を図って欲しいと願う。

posted by 明比昭治 at 09:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月19日

今年も残り僅かとなった。コロナも静かに収まって欲しい。

今年の纒のような話題が毎日語られ載せられている。新語・流行語大賞、年間何とか賞、ことしの10大ニュース・・・。
自分にとって今年はどんな年であったのか、自分史も振り返り、新しい年を迎えるこれからの生き方を見つめてみるのも必要とも思う毎日だ。ともかくこの2年はコロナ騒動で自粛に迫られ外向きな活動が制約され続いたので、明日は明日はと思いながらも、非常に充実感が乏しい毎日だった。これは私一人では無いだろう。そんな中、内に籠りすぎ気分がめいり、心の病に侵され自殺を考える人も増えたことだ。また発散のため普通では考えられない暴挙に走る事件も多々発生している。夜もやがては朝を迎えるのだ。寒い冬も越えれば必ず温かい春が来るものだ。今日だけではない必ず明日があるのだ。明日を期待してみんなで支え合って頑張ろう。
コロナ感染もオミクロン株が世界各地で拡大しているが、我が国では水際対策にも徹底して取り組まれ、今のところ爆発的感染拡大が抑えられており、この年末年始の人の移動でどうなることかと心配されるところだが、私一人では無いどれもが心配していることだから、収まってくれるだろうと期待したい。医療関係従事者には特にご苦労が多いことですがこの非常事態を抑え込めば・・頑張っていただきたい。みんな協力しましょう。無事新年になれば、久しかった各種会合行事も再開し、心の支えがシッカリ息づけることだろう。
posted by 明比昭治 at 10:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月13日

今年の世相漢字は「金」

毎年恒例の年末に発表される今年の世相を反映した漢字は「金」と清水寺の森貫主が揮ごうした。新型コロナ感染拡大の渦中にあり制約の多い中での1年であったが、懸案の東京オリンピック・パラリンピックの開催も1年遅れで、しかも観客を制限とか無観客とかの厳しい条件の中で開催されたが、日本選手の大活躍で「金」メダルが過去最高の獲得の成果もあげた。その他スポーツではアメリカ大リーグ野球で投手・打者の二刀流で大活躍、アメリカのスポーツ記者で選考する大リーグの最高の栄誉賞「MVP」を獲得大金星の成績を残された。
ただこれまでにも「金」は選ばれており今回で4度目となり、コロナ禍にあり景気も低迷する厳しい業界もあり手放しで納得感が得にくい選考結果と思うのは私一人ではないだろうと思う。制約が迫られる日常の生活感で複雑な日常だった。どちらかといえば暗いが「禍」の方が適切かなとも思われる。来年は明るく羽ばたくような世相になるように気を付けましょう。
posted by 明比昭治 at 18:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月09日

南海トラフ地震は?各地で地震が頻発中。

最近関東でも、関西でも、九州でもインドネシアでも・・・各地で地震が頻発している。海中火山の爆発もあり、太平洋側日本の各地に海岸に軽石が到達、自然災害によるいろいろな変動が気になる。
連日のニュースでこれらが報じられているのだが、特に気になるのは30年以内に70%以上の高い確率で「南海トラフ大地震」が発生すると注意喚起がなされても久しくなるのだが、気象庁や学者の皆さんは、南海トラフ地震にはつながらないと現在の群発地震について見解を述べられているのだが、震度5以上の地震が続いているのに誘発されることに繋がらないとは私は思えない。学者の見解を素人の私が否定はできないが、信じがたい。皆さん「備えあれば患いなし」事前の備えは被害を少しでも軽くするでしょう。「後悔先に立たず」ともいわれます、身近に自分にできることは整理しておきましょう。できれば近所周りでも危険想定されている箇所の対策を行政機関に連絡し、確認してもらいましょう。自治会
身近な議員などとも相談し合って取り組んでおきましょう。断捨離にも気を配してみましょう。
posted by 明比昭治 at 14:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする