2022年02月24日

ロシアがウクライナに侵攻戦闘。戦争はしてはならない。

新ロシアは2022年2月22日何故だか知らんがにゃんにゃんの日と猫好きの皆さんが喜ぶことがらが報道されていた。その一方ではウクライナの周辺でロシア軍が軍事演習との名目で何十万人もの部隊が集結軍事訓練の様子も報じられていたが、ウクライナ国内で新ロシア派に独立をプーチン政権は認めると勝手に宣言し、その国民を守るのだとの名目で紛争解決のためにウクライナに侵攻するとの名目を諮り、首都キエフにも砲撃を行い侵攻が始まったようだ。アメリカを中心としてEUヨーロッパや日本を含む先進国G7などの連合が、これに国連でも非難の行動を強め、連携して先ずは軍隊の衝突ではなく、あらゆる経済制裁などを連携してロシアへの圧力を表明しているのだが、人を殺し合う蛮行は絶対に避けたいものだ。
日本としてもこのような領土侵害を認めてしまえば、北方4島の問題・竹島の問題・尖閣諸島の問題と領土問題をなし崩しに奪われてしまうことに繋がるのでは無いかと、真剣に対応を画して行動すべきだ。国益を守り・国民の命を守るために、国民世論の結束を諮り、同盟国と国際連携を図り取り組まなければならない。血を流すことなく知恵を出し合い協調しなからお互いの平安社会を目指して取り組む大事な時が来ている。
posted by 明比昭治 at 18:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月20日

コロナ対策・北京冬季オリンピック後の世界の動きは?

2月20日色々話題も豊かだがともかく北京オリンピックが閉幕した。最終日まで私たちを沸かせてくれたくれたのは、決勝戦でイギリスに敗れ「銀メダル」となったものの、「女子カーリング」のチームだった。前回の平昌オリンピックでは「銅メダル」の快挙だったが、彼女たちの笑顔のチームワークに感動する人が殆んどだろう。他にもいろいろな種目で堂々の戦いぶりで頑張り、メダルを取った選手の他にも若い選手の活躍も感動をいただいた。
そんな中残念だったのは、羽生結弦選手の3回目の金メダルを目指して頑張ったのだが、4回転半への挑戦演技が完成した姿が見られなかったことだ。周りの期待以上に本人が悔やんでいることだろう。こんなにケガとの戦いを挑んでいる純粋なスポーツマンシップに反し、ロシアはドーピングが横行の犯行があり、国として選手を派遣できないのだが、オリンピック委員会として選手を派遣されているのだが、その中でも15歳の少女のドーピング疑惑が最後まで晴らせないで、終わったことは本当に残念でならない。オリンピックの在り方について疑念を残したままでは今後の大会が、一層色々な思惑・疑惑の温床となることとなり、この際大会の運営には抜本的検討が求められよう。
さて、世界が注目するショーが終わったのだが、コロナによる世界をめぐる対応対策で、世の中ギスギスする場面が多くなっているのだが、世界各国でも首脳選挙も睨みながら、不安定要素が色々見られているようだ。最大の動きは中国の戦略・ウズベキスタンを巡りロシアとNATOとの駆け引き、アフガニスタンなど中東情勢・・・あってはならないが軍事衝突のキナ臭い状況が匂っているようだ。平和の在り方をみんなで考えよう。
いずれにあっても犠牲となるのは純粋な平民だ。
posted by 明比昭治 at 14:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月18日

第378回愛媛県議会は令和4年2月22日から。当初予算7000億円を超える。

連日新型コロナウイルス感染症の第6波により、何かにつけても不安定な社会情勢が続いている中にあり、世界的発生とまん延からもう3年も余ってたつのだが終息の兆しも見えず、感染波を繰り返している、医療体制の疲弊度もより深まり、国民の不安は募るばかりだが、収束と社会の安定を取り戻すために、国も地方もあらゆる手立てに腐心を重ねているとことだ。
愛媛県でも連日知事を先頭にコロナ対策に理解と注意を呼び掛けているのだが、見えない敵との戦いので抑え込みに至らないのが現状だ。
目下の最大の課題はこのコロナ対策だが、県の予算でも令和1年度から累計で約2900億円が措置され、医療・検査体制などの充実強化。安全安心な暮らしの確保。地域経済の回復・活性化などに取り組まれている。
これ等の課題も含めポストコロナを見据えた「攻め」の社会経済活動の喚起策にも積極的に取り組み、中村知事の3期目最終年度の締めくくりとしても積極的予算編成として、一般会計当初予算7033億円と知事就任以来最大の予算を組まれている。
特に、新たな未来を切り拓くデジタル施策の展開に力を入れ、行政のDX、暮らしのDX、産業のDXを強力に推進するとして、155項目50億2千万円(前年度当初比で24億円増額)が組まれている。また国の国土強靭化計画にも沿い防災減災強化枠として126億円、知事公約などの対応での地域経済活性化や人口減少対策などで76億円も組まれている。
これらの諸案件審議のため2月22日から3月18日まで定例県議会が開催されます。



posted by 明比昭治 at 11:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月15日

残念!アサヒビール西条工場令和5年1月操業停止の報。

愛媛県西条市が臨海部に100万坪の埋め立て土地造成を行い、企業誘致を行い背後には黒瀬ダムによる豊富な水資源もあり、愛媛県・西条市が共同で積極的な企業誘致を行い、1998年(平成10年)6月より操業されていた「アサヒビール西条工場」が、令和5年1月をもって操業を停止すると、令和4年2月15日アサヒグループホールディングスより発表されたと、地元民にとっては大変悲しい知らせが入った。
四国で唯一のビール園も工場に併設し、一時は年間6万人余の来園者があったと聞いていた観光スポットでもあった。アサヒ生ビールはキリンビールのシェアを追い越し、業界トップの生産売り上げをしていたが、最近は発泡酒の安い商品に押されているとは聞いていた、その上コロナ感染騒動で「乾杯」交流が規制され、売り上げもがた減り状況にもあったのかと思うところだ。
西条市・愛媛県にとっても、全くの痛手となること必定だ。何とか残ってもらえる道が開けないものか!アフターコロナの新しい事業を継続して起業の道を、地元も企業も一体になって次の展開に汗と知恵を絞っての取り組みを願ってやまない。25年も続けば世の中変わるのも解るが・・。
posted by 明比昭治 at 19:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月14日

春遠からじ。お椿さんも終えた。

伊予路に春を呼ぶと言われる伊予豆比古命をお祀りする通称「お椿さん」のお祭りも終わった。コロナ感染対策ゆえに沿道約500Mの両側を埋め尽し賑わう屋台出店が今年も無く、例年なら3日の処を10日間として参拝者の密も避ける対策のため、参拝者の賑わいも見られず気抜けの感じも免れないお祭だった。これで2年連続の様子となったのだが、人々の心に平安や商売繁盛の神様へのお願いもみんなで届くように、ワイワイみこしを担いでお祀りする風情も薄らぎ寂しいのは私だけではないだろう。
ともかくお椿さんが終わると、一挙に伊予路に春が訪れるのが習わしだ。どうか新型コロナの感染もオミクロン株に変異し、第6波で急拡大したが、ワクチン接種や治療薬により、疫病退散と願いたいところだ。
北京冬季オリンピックもこれから終盤となるが、カーリングやアイスホッケーで「すまいるジャパン」女子チームが温かい春の風を贈っても暮れている。ガンバロウ日本!
posted by 明比昭治 at 10:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月10日

羽生結弦選手残念だがあっぱれ!

北京オリンピックで、金メダル3連覇期待のフィギアスケート男子「羽生結弦」選手だったが、ショートプログラムのスケートで出足の回転ジャンプがうまくゆかず、その後最後までのスケート演技を終え、8位と出遅れることになった。
絶対王者として3連覇が期待され、本人はそのためには4回転半を絶対に成功させたいと、前人未到への挑戦に意地をかけて臨んでいたものと思う。これまでもその最も危険な技に挑戦し、何度もけがを繰り返してきた。だが最後までそこに挑戦し、実際は足を痛めていたものとも思われるが、羽生は4回転半を成功させてこその絶対王者だとの自負への挑戦でもあったと思われる。ファイナルの、フリーの演技滑りでも4回転半に挑戦、成功はしなかったが差後まで羽生のスケートを演じ終え、結果8位から4位へと成績を上げ、北京オリンピックの演技が終了した。
羽生の最大のライバルであった1位は「ネーサン・チェン」(22)、2位は日本の18歳新星「鍵山優真」、3位は日本の24歳「宇野昌磨」がメダルを獲得。羽生結弦選手は追い上げ4位で北京オリンピックでの演技戦いを終えた。
ショートプログラムでの失敗も自分が氷と調和できなかったと、リンクの整備不良を言うことなく受け入れ、最後まで前人未到の技に挑戦し続けた羽生選手の誇り高いスポーツマンシップに、3連覇は逃したものの改めて感動を得たファンが多いものと思う。羽生選手感動をありがとう!
さらに日本選手の男女共のフィギアスケーターの皆さん感動をありがとう。
posted by 明比昭治 at 16:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月06日

盛り上がらない北京オリンピック。

2月4日より北京冬季オリンピックが開幕した。コロナ禍により徹底した感染対策なのか会場にも厳戒な警備で一般の人は近寄れないようで、世界各国からの選手と市民の交流による盛り上がりの無い大会状況のようだ。開会前から中国政府の有りようをめぐって人権抑圧の事象が報道もされ、政府外交のボイコットをアメリカが発表するなどから自由主義諸国(西側)は、これに同調する形で政府首脳が訪中せず、オリンピックを国際外交の場と利用する目算は、コロナを理由に訪中しなかった各国首脳も含め少なかったので、このような様子も盛り上がらない原因の一因でもあろう。だが本来スポーツの祭典であり政治的思惑が用いられないのが原則の大会なのだから、マスコミなどで趣旨をごちゃまぜにして報道するから、おかしくなっているのではなかろうか?
スポーツに命を懸けて、限界に挑戦する気持ちで取り組んでいる選手の皆さんには、やはり現場で観客からの応援がより力を生み出してくれるエネルギーにもなるものなのだが、特定の人ばかりの集まりで、熱気が上がらないのも寂しいだろう。日本選手も色々な競技に出場されるが、大いなる成果を期待して応援したい。それにしても女子アイスホッケーチームが頑張っている。ガンバレ日本!
posted by 明比昭治 at 17:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月02日

2月2日はフーフ(夫婦)の日

数字による語呂合わせはいろいろ使われている。2月2日今日は夫婦の日とテレビでも朝から色々な話題に使っている。コロナ感染問題でソーシャルデイスタンスに気を付けようと啓蒙され、我々の心にもお互いに距離感が出来つつあるのかな…と思える今日この頃だが、社会の基本は家庭家族が始まりだから、夫婦の有りようは一番大切なことだ。いつもニコニコ寄り添っていよう。フーフー・ギクシャクしないように改める日にしようではないか。11月22日はいい夫婦の日として近年の日も語呂合わせで親しまれているのだが、どちらもいいではないか。
明日は2月3日だから文の日で手紙でも書いて皆と交流するのもよいだろう。太陽暦では節分で2月4日は立春で春を迎えることになる。
何もかも数字で計算ずくのような杓子定規な生活の追われることなく、悠々泰然のゆとりある生活を取り戻し、生かしてゆこうではないか・・・。いずれにしても今日は2がよく並ぶ日だ。2022年2月2日。
posted by 明比昭治 at 09:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする