2022年03月31日

大相撲新関脇『若隆景』優勝おめでとう。 春の選抜高校野球『桐蔭高校』優勝おめでとう。

大相撲は新関脇『若隆景』が、元十両だがいまは平幕となっている「 」と、千秋楽に優勝決定戦を勝利し、初優勝を果たした。幕下に長男の『若隆元』、十両に次男の『若元春』と3兄弟が力士となっているのだが、末弟の『若隆景』が出世頭となっている。いい話題を提供してくれ大相撲に興味を持ってくれるファンも増えたことだろう。新関脇で優勝したのは『雷電』以来と記録も残されたが、福島出身の東北人粘りで今後の活躍を期待したい。それにしても横綱欠場・大関陣が優勝戦線にも残れない成績は残念だ。
スポーツニュースでは、プロ野球も開幕したが、春の高校野球選抜大会が31日決勝戦を行い。大阪の『桐蔭』が優勝した。決勝戦で桐蔭は4本ホームランを打っての一方的に試合を進め、準優勝校滋賀の『近江』高校に18対1の大差のついたゲームとなった。桐蔭の選手の強打力は素晴らしく今大会で11本のホームランを記録した。コロナ対策が求められる中にあって、ブラスバンドや有観客での開催を勇気をもって取り組まれたことは私は一定の評価をするところだ。近江高校も京都の「京都国際」がコロナの感染で出場辞退の後を受けて急遽出場決定出てから取り組まれたようだが、最後まであきらめずよく頑張った。途中でコロナ感染により棄権高校も出たが、無事閉幕した。また夏に向け、全国の高校球児頑張って毎日練習を重ねられることを期待する。
posted by 明比昭治 at 18:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだまだ収まらないコロナ感染。

昨年末から変異したオミクロン株が発生し、第5波として年明けから感染が拡大を続け、ワクチン接種が進んだ効果もあってか高齢者への感染拡大は落ち着いたり、重症化は抑えられてきているのだが、いかんせん若者の感染拡大が止まらない。40歳以下で感染患者の80%を占め、10歳以下とか10歳台が多く、その家族(親)との感染が主流の状況となっている。
学校も春休みとなり収まってくるかなと思っていたのだが、花見など陽気にも誘われて外出機会も多くなっているのか、なかなか収まりが見えず一進一退の様子だ。確率の極めて低い副反応のことばかりを気にせず若人のワクチンも積極的に打ってもらい、まずは自己防衛そして周りの人へうつさないことに努めよう!
学校の友達もみんなマスク顔で、本当はどんな顔をしていたのか全体像が見えない友達関係で終わるのは寂しい限りだ。新年度がスタート、一週間もすれば、新学期も始まるのだが、お互いの顔の見える、心も通じる日常生活を早く取り戻そう。みんな悩みは同じだろうと思われる。ならば一層みんなで気を付けよう!


posted by 明比昭治 at 17:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月25日

1ヶ月過ぎたがロシアの不法侵攻おさまらず。

ロシア(プーチン大統領)の一方的ウクライナへの侵攻戦争で、どれほどまでにウクライナ国民が命を奪われ、生活基盤を奪われ、周辺の諸国では避難民を受け入れ、ロシアの若い軍人も戦火に殉じ、全く大義の無い不法な暴挙が未だ、1ヶ月を過ぎても戦火が収まっていない。
狂気の君主の命令で、どれほどまでに掛け替えのない命や歴史を積んだ財産が失われていることか。本当に残念でならない。まだ、これから思わない進展に「核や生物・化学兵器」を投入して戦争を深化させる可能性も、欧米をはじめ列国が心配しているのだが、取り返しのつかない最悪の事態に陥らないよう祈るばかりだ。
こんな世界の憂いの中にあって、北朝鮮がまたミサイルを発射したそうだ。昨日のミサイルは飛行距離ではアメリカ本土迄達する性能を誇示したようだが、日本の排他的水域(日本海の領海内)内に、発射から75分もたっての落下のようだが、追撃ミサイルもキャッチが出来ていない我が国の防衛能力にも背筋が寒くなる思いだ。何より今なぜ膨大な費用もかかるのにミサイル実験を繰り返す必要があるのか、専制国家の狂った暴君のやることが、凡人の私たちには解らない。かの国の皆さんには悪いが、世界中で一致して軍備ではなく経済制裁で(昔から兵糧攻めの戦法がある)自国で民衆が立ち上がって政権をつぶして貰うほかない。その国民もつらいだろうが、言われなく命を奪われる被害国の方が何万倍もつらいことだ。
posted by 明比昭治 at 14:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月18日

正副議長交代(愛媛県議会)110代議長に「渡部浩」さん就任。

第387回愛媛県議会定例会は3月18日最終日で、令和4年度の当初予算を含めコロナ対策関連など令和3年度の補正予算も合わせ提出されていた議案のすべてを原案可決して閉会した。
収まりの見えないコロナ対策の上に、ロシアのウクライナへの侵攻戦争が勃発するなどがおこり、経済の先行きや社会不安が日ごとに高まりを見せている中にあり、国民の不安解消に政治がしっかり応えていかなければならないのだが、国民もこぞって協力の「挙国一致」が求められる時である。
このような中であるが、愛媛県議会では議長選挙の改選(申し合わせで1年交代)があり、西条市選挙区選出で自民党6期の「渡部浩」(67)が第110代目の議長に選出された。私も同じ選挙区で同期に県会議員となり共に手を携えて頑張ってきているのであるが、申し合わせの慣例もあり同期でも年齢が上の者が優先して就任させてもらえる会派内での申し合わせもあり、同期では私が最年長の故で8年前に4期の最終年に102代の議長にさせてもらった。その後残念ながら自民党会派で会派を分裂させる動きが起こり、分派した連中が(自民党の除名も受けた)他党とも野合の上過半数を取って議会人事で議長ポストをとり、第1会派の自民党会派が議長につけない状況も生まれる混乱が起き、なかなか議長につけなかったのだが、自民党愛媛県連の幹事長をこの2年間勤めていただき、分裂した中での党運営にもご苦労いただいた姿をみて、今回は第2会派の自民党籍のある議員も協力する中で、出席44名の県議の中で37票、白票7票の結果で支持を頂き、当選された。
厳しい環境の中で苦労されたが、この度の就任は私も我がことのようにうれしい。任期最後の年とはなったが立派に努めてほしいと期待する。
posted by 明比昭治 at 14:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月16日

目を覆うウクライナの惨状を許すな!

謂れなきプーチン政権の暴挙から、ウクライナに一方的に攻め込み何の罪も関わりもない市民の命も財産も奪うというロシアの暴挙が、未だに止まらない。老人や婦人・子供たちが着の身着のまま、寒空の中逃げまどい、国外へ脱出して震えている姿をテレビで見るにつけ寒気も走る。
精神的にニュースを見ているだけでもおかしくなる人が多いことだろう。黙っていてはいけない。こんな蛮行暴挙がまかり通ることを許していればやがて私たちの身の回りもそんな状況を迎えることになるだろう。
国際的にも連帯して早く収束の手立てをとるべきだ。北朝鮮・中国などのロシアとの連携にも配意して取り組まれたい。コロナ対策も大変だが、コロナより恐ろしい暴挙に敢然と立ち向かおう。
posted by 明比昭治 at 12:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月09日

暴力(戦争)を止めよ!

ロシアのプーチン政権のウクライナへの一方的侵攻で、建物や施設がミサイルや砲弾で破壊され、何の罪も関係もない市民が死傷の危険にさらされ、家族が引き裂かれて逃げ惑うという悲惨な状況にさらされている。寒空の中子供たちも着の身着のままお母さんに手を引かれて非難している。せめてにもと逃げ延びた隣国などでボランティアが支援活動をしてくれているのだが、この先の安心・安住・生活の目途もない。
こんな不利尽なことが許されてはならない。一刻も早くプーチン・ロシアの蛮行を止めなければならない。目には目をと軍備で対抗しては何の解決にもならず、被害の事態が広まるばかりだ。
日本に住む私たちも決して他人事で見過ごしてはならない。不利尽な侵略を許していれば、明日は我が身の状況を作ることにも繋がりかねない。
「話せばわかる」と仲裁をすることもあろうが、複雑な利害や感情がそれぞれのおかれた環境により違うため簡単ではない。最も大切なことはかけがえのない命を暴力で奪うことは誰の権利にもない。たがいに助け合って命を大切に守り合うことこそが、知恵のある人間の役目だ。
posted by 明比昭治 at 11:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする