2022年04月29日

若者の自殺防止にもっと力を入れよう。

児童・生徒の自殺が近年増加傾向にあるといわれる。若者の死因の第1位が自殺というのは憂うべきことであり、先進国の中では我が国だけのようだ(男女ともに)。令和2年の小中高校生の自殺は499人と政府が発表している。平成28年に200人を超えてから翌年には300人となり増加の一途となっているようだ。自殺未遂者の数を加えてみてみるとその10倍程度いるのではないかと言われているようだ。
コロナ禍による不安定な精神状況にある社会現象も拍車をかけていると思われる。若者の自殺予防対策は急務であろう。我が国では古来切腹などの文化があり、潔いとの見方で、自殺が非難されることが少ない風土もある。また最近では個人の権利意識や自由が尊重される風潮もあり、自分の命は自分のものとの考えも強くなっているように思え、自殺の抑止力も弱いと思われる。自分の命は親からいただき、社会で守られる天からの授かりものなのだ。少子化も問題だが命を守る対策も力を入れて取り組まれなければならない。
posted by 明比昭治 at 16:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月22日

えひめ南予「きずな博」4月24日から年末まで。

昨年に開催予定したが、コロナ感染拡大の警戒から延期していた、愛媛県南予を中心とした災害復興からも元気を取り戻すとのコンセプトをもって、南予各地でのふるさとの良さを共有できるような取り組みを、各地で企画している「なんよ博」が、4月24日から1年遅れでスタートする。
コロナの感染状況は弱毒化しているとはいえ、感染の収束がまだ見込めない中にあるが、十分に気を付けながら実施され、「つながるきずな、ひろがるいやし」の連帯感が生まれ、繋がりが残る成果が上がるよう期待したい。各地で催しが展開されるので、私もこの2年間は県内といえども各地への訪問交流を控えていたのだが、ぜひ参加したいと期待している。みなさんもゆとりをもって参加してみましょう。
posted by 明比昭治 at 14:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月16日

大谷選手1・2号今季ホームランでた。

先発ピッチャーでしかも打者として指名1番バッターの、まさしく一人でチームを引っ張っての使命感をもって、しかも野球の本場アメリカの大リーグで、ベーブルースと並び称さんされ二刀流で野球ファンの期待も一身に背負って頑張って今シーズンが始まり、早く勝利投手、ホームランをと待ち望んでいたのだが、今日はバッターで集中したのだろう初回から1番バッターいきなりホームランで第1号、また第3打席でまた第2号ホームランをたたき出した。素晴らしい集中力や精神力にただただ称賛するばかりだ。エンジンがかかった大谷選手おめでとう!初戦でいきなり盗塁などもやってのけていたが、どうかケガの無いようにフルシーズン頑張って欲しい。頑張れ大谷選手!
西条高校出身阪神タイガース「秋山拓己」投手、昨シーズンは10勝の頑張りを見せてくれたが、今シーズンも頑張って!
posted by 明比昭治 at 19:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月11日

日本プロ野球でロッテの佐々木朗希(20)投手28年ぶり完全試合達成。

プロ野球も開幕間もないが、4月10日千葉ロッテマリンスタジアム(ZOZO球場)で、ロッテとオリックスの試合が行われ、6対0でロッテが勝利した。この試合でロッテの「佐々木朗希」投手が、何と1回2死から7回が終わるまで、打者を13連続三振を奪い、1試合で19奪三振という快挙を達成した。
28年ぶりの日本プロ野球史を塗り替える快挙とのこと、プロに入団3年目でやらかした大偉業で、アメリカの大リーグでは、世界的に注目されている大谷修平さんが先日開幕戦でピッチャーとして登板、残念ながら負け投手、ノーヒットと拍手喝采に場面がなかったが、佐々木投手は日本で大きな戦果を残された。
彼は非常にまれなる足腰の筋肉の持ち主で、陸上の短距離選手として取り組めばオリンピック選手として活躍できる要素の有るキン肉マンだそうで、これを見抜いていたプロ野球のトレーナーは無理をして壊さないように育て上げ、ここに花を咲かせたようだ。これからもけがの無いように頑張って、楽しませて欲しいものだ。
また、アメリカではプロゴルフのマスターズ大会が行われ、昨年優勝メジャー制覇を果たした「松山英樹」選手の連続制覇を期待したのだが、どうも首の筋肉痛が出ていてコンデションが悪かったようで、残念だが2オーバー14位でプレーを終了した。しかし世界のトッププレーヤーの中で、こんな成績を残せるのは大変なことと敬服するばかりだ。
スポーツは掛け目なく全力投入で頑張る姿を見せてくれ、一喜一憂心を揺さぶってくれる楽しさがあることが何より爽やかだ。
posted by 明比昭治 at 18:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月07日

新型コロナ「オミクロン株がBA.2に置き換わり」第7波を起す兆し。

昨年末から流行が始まり、年始から重症化への傾向は低いようだが感染力の強い「オミクロン株」が流行し第6波としてこれまでにない感染拡大が、若い人を中心に進み、まん延防止や再度の緊急事態宣言を講じてきたのであるが、年度末に向かってやや減少傾向に転じたかなと思うのもつかの間、春休みや花見シーズンとなり人の足も軽くなったところで4月に入ってまた感染拡大の傾向に転じる兆しだ。
「BA.1」より3倍以上感染力の強い「BA.2」置き換わりが進んでいると言われ、更にヨーロッパなどで新しい変異株にも進化が世界的にも進んでいるそうだ。症状が軽いので感染の自覚があまりないうちに感染を広めているいるのではないだろうか。10歳以下の幼児やこどもはどうしても動き回るので友達や家族との接触も多く拡散させてしまうのだろう。
高齢者の感染者が少ないのはやはり「ワクチン接種」の効果だろう。若い人も子供たちも早く「ワクチン接種」を進めてほしい。拒否反応も一部あるようだが万分の一のことのようだし対処方法もあることだ。心配はあることだが全てを否定するのは如何なものか。公衆の安全への理解も重要視してほしいものだ。
中国では完全に都市封鎖(ロックダウン)を徹底して、検査やワクチンの接種を進めているようだが、あそこまでの強制は考え物だが気持ちは習うべきことかもしれない
。ロシアのウクライナへの戦争の暴挙とその対策も大きな問題として、いま社会は2重苦の問題を抱え、経済活動が混乱している。長引けば長引くほど、マイナスのスパイラルが起き、一層社会混乱が起こるだろう。早期収束のためにみんなの覚悟と理解・協力が必要だ。
posted by 明比昭治 at 12:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月05日

国の長期債務残高1000兆円を超える!返済できるのか?

国の長期債務残高が3月末で1000兆円を超えたそうだ。高齢化に伴う社会保障費の増加が慢性的な財源不足の要因の上に、新型コロナウイルス対策の巨額な支出も拍車をかける要因となっている。10年前からみて債務残高は1.5倍に急増している。プライマリーバランスを整えることが命題で財政運用に心がけるよう政府もたびたび国民に説明してきたのだが、全く効果が表れていないのが実態のようだ。
これに地方の長期債務が200兆円が上乗せされることとなり、国民1人当たりの負担は950万も越えることになる。ロシアのウクライナへの侵攻に対し、自由主義国が連帯して制裁を加え、戦争拡大を抑え終息へ誘導する必要があるが、これに関連しての物価の上昇を抑える対策費など景気対策にも、支援対策にも財政負担拠出が起きてくる。国の財政運用をしっかりしないと国民負担は増えるばかりだが、司法・立法・行政それぞれがシッカリ機能と権能を発揮して、国民の幸せを守って欲しい。その自覚をみんなでしなければならない。
posted by 明比昭治 at 18:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする