2020年04月09日

コロナに負けるな!支援も強化を。

新型コロナウイルスの対策特別措置法に基ずく「緊急事態宣言」を政府が発せられ、いよいよ収束を目指して進むことが期待されるのだが、実質強制力について都道府県知事にゆだねられるようなことであり、県も制限や規制をすれば保障問題が生じるので、踏み込んだこともできない・・・そんなジレンマの中から抜け出せないでは収束も難しい・・・。「責任は俺が取るからやれ!」の気概で取り組まねば・・。
さて、経済活動も外出規制で嘗てない落ち込みで、政府も108兆円の予算を組むようである。愛媛県でもすでに知事の専決で予算を組まれ対策に取り組まれているのだが、その内の中小企業・小規模事業者の経営課題について事業者を対象に『特別支援員』を配置し、金融支援や雇用調整助成金の特別措置などの円滑な活用に向けて取り組まれているので紹介したい。
支援員の配置は「公益財団法人えひめ産業振興財団」(松山市久米窪田町。089−968−1887.FAX089−960−1115・E-mail:tokubetsusien@ehime-iinet.or.jp)に配置され、(1)国や県が実施する支援メニューの詳細説明(2)特別融資制度に係る融資申請書の作成支援などを、直接相談も受けるが。商工団体や県の地方局を通じて相談・出張相談や申請書作成支援も行います。
ぜひ気軽にでも相談されてください。よくわからなければお近くの商工会議所や商工会・所属の商工団体・県地方局・取引金融機関などへ気軽に相談されればよいでしょう。みんなでコロナに打ち勝ち1日も早く元気な個人も家族も社会も取り戻しましょう。
posted by 明比昭治 at 10:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする