2020年07月19日

西条「伊曽乃神社の秋祭」だんじり運行中止に。

阿波踊り・高知よさこい踊りなど各地で夏祭りが新型コロナウィルス感染拡大防止のため、中止が発表されているのだが、秋祭りがどうなるだろうと気を揉んでいたところだが、7月18日西条では伊曽乃神社の下記の例大祭(10月15・16日に例年行われている)の開催運行について、祭典委員長(常務総代代表)・宮司・鬼頭代表(祭礼行事運営管理役)において協議の結果、@神事については疫病退散・国家・地域の平安の願いを込めて、必要最小限度に規模・日程を検討し、15日に神與を車に乗せ、市内のお神楽は校区で1ッヶ所にまとめて5ヶ所で行い、市内の重厚コースを巡って渡御し収めることにする。A各氏子が奉納運行する「だんじり」「みこし」については、多くの担ぎ手が必要で狭い空間で大声を出すなど密な状況となる、コロナ感染者がまだまだ発生している都市部からの帰郷者や、観光来客が非常に多いので、残念ではあるが新型コロナの感染がここにきてまた増えている(第2波)状況でもあり、「奉納・運行許可」を今年は出さないことにする。したがって「だんじり・みこし」の統一運行も行わない。このことについて鬼頭総会で承認決定された。
西条では全国から多くの方が訪れる機会として、石鎚山のお山開き(7月1日〜10日)と、秋祭りがあり「神事」に関わることでもあるので残念だが、ここは1日も早い収束・安全社会の確保のため、みんなで理解と協力で乗り切りましょう。
秋祭りの実施計画については、愛媛県内各地でもどうするか?と気を揉まれていると思われるが、冷静な対応で取り組みましょう。
「外出自粛」や「行事の中止」で皆さんとの対話・交流の機会が制限されており、みんなストレスも溜まっていることと思いますが、明日への再起のため力を蓄えておきましょう。
posted by 明比昭治 at 11:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする