2020年08月06日

75年目の広島原爆慰霊祭。

1945年8月6日午前8時15分、広島に原子爆弾が投下・炸裂し、まさに地獄絵の状況となった。
長崎での被災も含め、いまも原爆症にむしばまれ苦しまれている人々のお気持ちを思うとき、また多くのお亡くなりになった方々や、ご遺族のことを思うと原爆・核兵器の廃絶は我が国が先頭になって世界に訴えるべき悲しい歴史の教訓だ。
容ばかりの慰霊祭に終わることなく、世界に平和の確保、核兵器の廃絶を先頭に立って行動すべきだ。核兵器禁止条約に日本が加盟せず批准しないことは、誰にも理解しえないことである。非核原則を堅持するのは当然であり、それで世界から核兵器が廃絶されることにはつながらない。今も北朝鮮では、中国でも核兵器を保有していることは誰もが認めているところであり、我が国の周辺においてもその武器が使われる可能性の環境条件があるのだ。
現状、もろもろの世界情勢をみてみても完全に平和・非戦闘が絶対に守られる状況にはない。平和の魁として被爆体験の我が国の声は大事だろうと思う。
また、今日は国の第2次補正予算の成立を受けて、地方創世臨時交付金の配分を受けての約169億円をコロナ対策事業追加補正予算が愛媛県議会臨時議会で成立させた。
posted by 明比昭治 at 12:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする