2020年09月14日

自民党第26代総裁に「菅義偉」さん。

9月14日自由民主党総裁選挙が党大会に代わる両院議員議員総会で、衆参の国会国会議員と、地方県連の3票の割り当て141票を合計した534票(国会議員欠席11名)で、「菅義偉」「石破茂」「岸田文雄」の3名の立候補者により選挙が行われ、「菅義偉」(71)さんが377票、「岸田文雄」(63)さんが89票、「石破茂」(63)さんが68票で、「菅」さんが、70%の得票率で圧勝し、第26代の自由民主党総裁に選出された。
16日に開かれる国会で「第99代の首相」に首班指名され、新内閣を発足することになる。
菅さんは第2次安倍内閣の官房長官として、安倍首相と同じく史上最長の7年8か月余を2人3脚で支えてきた。安倍総理の体調不良からの突然の辞意に伴い、後継総裁として「岸田」「石破」の2名が意欲を見せていたのだが、この2人の戦いになると、「石破」さんが過去の総裁選挙への出馬経験や、地方での支持が強く、「岸田」さんは安倍内閣で外務大臣や党では政調会長の務められているが、石破さんに勝てないだろう。石破さんと過去に総裁選挙で戦ってきた安倍総裁も、麻生副総裁も「石破」さんにはさせたくないと個人感情の思惑もあったのだろう(政治家も人間だから個人感情が出ることも常にあることだ)。地方票で「岸田」さんは極めて少なく、「石破」さんは実績からも強いものがある。そんな予想が立つものだから第3の候補として「菅」さんを皆で担いで、圧勝へ導く力学が働いたのだろう。高等算術と力学の結果、無派閥ながら市議会議員から国会議員へと辛酸をなめながら苦労を重ねてきた「菅」さんが、この多難な時期に適任と選ばれたのだろう。
既成概念や縦割り行政の弊害などを排し、効率的で機能的で意欲のある組閣や人事で運営にあたるとの決意も示されているが、是非頑張って欲しいと大いなるエールを送り「菅総裁」の誕生を期待し、お祝いしたい。
posted by 明比昭治 at 20:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする