2020年11月05日

鳥インフルエンザ2年ぶり香川で発生。

渡り鳥もやってくる季節になったが、鳥インフルエンザが香川県三豊市で11月5日発生が発表された、33万羽を殺処分するとのこと。近隣にも養鶏場があり、愛媛県東部も50KM県内に含まれると思われるし、渡り鳥の移動季節だ十分な防御態勢の点検取り組みが望まれる。
新型コロナウイルスも寒季に入りまた感染拡大の傾向もあり、当然感冒インフルエンザもこれからが蔓延の心配がある。最近の地球環境が、病原となるウイルスを変貌強化し、顕在化しているのだろうか? もはや人間界が作り出した脅威となっているのではないか・・と脅威を感じる。
地球温暖化が引き起こす様々な脅威の現象に、真正面から取り組む必要を強く感じる。今からでも遅くはない前に進めよう。
posted by 明比昭治 at 10:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする