2020年11月23日

新嘗祭も粛々と。

神社行事としては1年の締めくくりの行事になろうかと思われるのだが、五穀豊穣を感謝し、新米をいただけるお祀りとして、「新嘗祭」があり、我が地方ではこの行事に合わせて、伊勢神宮の「大麻」(ご神札)と氏神様のお神札を氏子の家々に届け、新しい年の神棚に入れ替えお祀りをするために、地区の世話人への「頒布始め式」も例年賑やかに行われるのだが、今年は神社役員関係者のみで斎行された。
時あたかもコロナ感染が第3波といわれる拡大状況にあり、世相の混乱も続いているのだが、一日も早い収束と平安を祈るばかりだ。
これからいよいよ年末にかけ寒波も押し寄せ、体調も優れなくなることだろうが、まずは自己で体調の管理に十分つとめ、感染防止に努めよう。
新しい年には神風で鋭気を取り戻すことが出来るよう、神仏様にもお守りいただこう。
posted by 明比昭治 at 11:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする