2020年12月01日

我慢の師走入り

いつもなら忘年会の予定が手帳に連日はいるところだが、残念なことに定例的に開催予定のあった団体から忘年会の開催中止の案内ばかりだ。
新型コロナの感染拡大は、全国的にも第3波が襲っており、愛媛でも11月だけでも198人の感染陽性反応者が出る状況で、医療の環境もひっ迫が懸念されている状況だ。医療現場や保健所など対応に追われる、コロナ対策従事者の皆さんには心より感謝とねぎらいをいたしたい。
これからクリスマス・正月と、1年でも大事な家族の団らんが求められるところだが、家族で会う機会も状況によっては難しく考えなければならないこととしてとらえ、政府や地方自治体も感染拡大防止のため、外出・飲食宴会などを制約を求める方策を急遽発しているのだが、今一つ徹底できていなく、国民のほうがじれったさえ感じているのではないだろうか?
ここは我慢と理解を深めみんなで収束に向けて協力しよう。だらだらとストレスを重ねないように、願わくば年内で封じ込められるよう願うばかりだ。これ以上続けば経済も疲弊するばかりとなる。
寒波も押し寄せている。朔日詣りの神社へ向かう道すがらも仰ぎ見る、石鎚の山も曇って見えないのだが、新雪で覆われたことだろう。


posted by 明比昭治 at 14:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする