2021年02月08日

今治市長に「徳永繁樹」さん(51)初当選。おめでとう!

2月7日は「今治市長選挙」「今治市議会議員選挙」の投開票日だった。今治市長選挙には4選を目指して現職の「菅良二」さん(77)と、新人で昨年11月に市長選挙への出馬を表明の後、12月県議会中に県議会副議長を辞任及び議員辞職して挑んだ2人の戦いとなった。
結果は徳永さんが42,318票、菅さんが36,240票で、6078票の差で初陣の徳永さんが当選された。徳永さんにはコロナ禍という現況の大きな課題、それを乗り越えた新しい時代を求める施策の市政運営と展開に期待をしている。
菅さんも徳永さんも元県議会議員で、私たち自民党会派で一緒に取り組んだ仲間であり、菅さんは合併後の今治の市政運営にこれも嘗ての県議同僚であった「越智忍」さんと戦い、勝利され以後3期市長を務められ、敗れた時の市長「越智忍」さんはその後県議会議員に返り咲き現在も務められている。このように自民党会派で共に政治活動をしてきた県議会議員経験「仲間」の戦いが今治市長選挙では、繰り返されており私たちも共に活動する仲間同士なので、どちらも頑張れとエールを送るばかりだが、戦いのしこりを残さないようにされることを願うばかりだ。
今回当選された「徳永」さんは、私と一緒に自民党県連役員執行部を務めて、政策や組織運営についても汗をかいて経験もしていただいたので、立候補に際して、今後は市長として公正な立場で市民のためにする政治行動をとって頑張って欲しいと激励させていただいておいたので、彼は守ってくれるでしょう。ともかく「徳永市長」誕生おめでとうございます。「菅」元市長にはご苦労様でした。今後も徳永市長を励ましてやってください。『今治市のご発展』をお祈りし、新選良の30名の市議会議員さんにもご活躍をご期待します。共に頑張りましょう。









posted by 明比昭治 at 09:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする