2021年03月16日

ダイキ「大亀孝裕」会長のご冥福をお祈りします。

愛媛県体育協会の会長として「愛媛国体の開催誘致と実現」に尽くされた、元DCMダイキ名誉会長の「大亀孝裕」さん(89)が3月14日ご逝去されたとの報に接し、驚愕の限りだ。
西条市の丹原出身で、県立西条農業高校を卒業後、県庁に勤務もしたが松山市で衛生陶器販売の「大亀商事」を創業、その後浄化槽の製造・販売の「ダイキ」を設立、東京証券取引所の1部上場する会社に発展、さらにホームセンターにも取り組み、DCMダイキの会長となった。1代でここまで成長させた苦労人であり、成功者である。
私は愛媛県スポーツ少年団の本部長として、県体育協会(現スポーツ協会)で、親交を頂いてきたのだが、何億円もの私財を投じてのスポーツ振興に取り組まれ、愛媛国体の開催に向けては本当に全力投入で取り組まれている姿を目の当たりにしたものです。この姿を見て私も微力ながらお支えしなければと、体協役員としてと務めさせてきました。
先日(2月25日)も恒例となっている「県スポーツ協会」の表彰式でお会いし、車いすでお越しを頂いていたが、私の挨拶にもしっかりお声を頂き、激励いただいたところだった。
西条市では名誉市民として顕彰もさせていただいている。何より日本有数のオリンピック山岳競技の練習場として利用できる、競技用の施設(石鎚クライミングパーク)は、国体開催会場用に向け、大亀会長からの寄付をもとに作られたものだ。
寂しくなったが、会長ご苦労様でした。どうか安らかにおやすみください、ご冥福を心からお祈りします。
posted by 明比昭治 at 14:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする