2021年03月20日

所属組織の仲間より組織外の仲間を優先しては組織は成り立たない筈だが・・。

どんな組織に所属しようと、所属する組織の要諦をなす、所属の構成員の結束や組織の目指す方針規約を守ることは必須の原則だろう。一般的には入会や入社の際に、誓約書や宣誓書を作成して、所属構成員の自覚を促すものでもある。それは自覚と責任感が組織の健全な維持や発展のためには必須の前提があるからだろう。
これに反して他の組織や利害が反するものに、情報を提供したり、共謀して所属組織への不利益に結ぶような行為は、反逆であり絶対に許されざるべきことである。これを守ることが安全・安心・秩序良俗を守る社会の必須条件事項だ。
本来そんな社会常識をわきまえた人たちの集まりが政治家の政党集団であるべきだが、理念よりも個人の名誉の利得のために、ポストを得るためには、仲間を裏切ろうと犠牲にしようと、取ったものの勝ちで正当性にしてしまうケースがよく見られる。
私も議員として反省しきりのことに良く遭遇する。全国の議員の皆さん秩序ある民主主義を守る範を示した行動をしようでは有りませんか。
私の個人的な見識ですが・・・。そんなことが一般社会に反映されていることが危惧するものです。言いたい放題が正常でしょうか?
訳の分からないようなことを書きましたが、これが最近特に気になる、私の独り言です。
posted by 明比昭治 at 18:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする