2021年07月18日

大相撲名古屋場所横綱「白鵬」全勝優勝

大相撲名古屋場所は横綱「白鵬」がこれまで6場所を休場し、これ以上休場するようなら横綱の引退も考えなければならない状況だったが何とか復帰して1人横綱の対面を保った場所となった。また先の2場所を大関として連続優勝し、一時は序2段まで落ちて這い上がってきた照ノ富士が次は横綱との意地がかかった場所であった。この2人の活躍と勝敗が注目された場所であったが、2人とも連日健闘し全勝を重ね、千秋楽に全勝同士で優勝を競う大一番となり、結果、横綱「白鵬」が勝ち、見事全勝優勝を果たした。一方敗れた「照ノ富士」も来場所には横綱昇進も間違いないものだろう。2人の健闘を称えたい。
だが苦言も呈したい、優勝のかかった最後の大一番、やっぱり相撲はがっぷりよつで技を掛け合って勝負してほしい。顔面への張り手の応酬でボクシングでもあるまいに、喧嘩まがいの相撲は見ていて綺麗でないですね、なにしろ横綱相撲なのだから・・・。品格が感じられる相撲を取っていただきたいものだ。勝負だから勝ちを目指すことは当然だがやはりそこには相撲道の品格ある勝利を目指してほしものだ。
是非来場所以後は、若手の模範となるような相撲道の実践探求を行い、丸い土俵の上できらり輝く国技の振興を図って欲しいものです。
posted by 明比昭治 at 20:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする