2021年09月03日

菅総理1年で終わる。お疲れさんです。

昨年安倍総理の体調不良から在任日数歴代最長を記録した「安倍総理」が突然の辞任を発表し、後継指名された安倍総理を同じく長期にわたり官房長官として女房役で支えてきた「菅」さんが、圧倒的支持を得て総裁選挙でも勝利し、「国民のために働く」と標榜し、既得権益の見直しや規制改革にも取り組み、デジタル新時代を目指して「デジタル庁」を発足させ、携帯電話料金の値下げにも切り込むなど、精力的に国政の課題にも取り組まれた。コロナ禍により感染の収束に、ワクチン接種が効果を上げるとの信念を持ち、思い切って進めると取り組んでいるのだが、一方では経済との両立も図らねばならず、長期にわたる国民の疲れや惰性、更には感染力が強い新しいウイルスが広がり、医療崩壊を招くような事態ともなり、打つ手も後手後手の感じを受けるジレンマの中での取り組みとなり、国民にとっては期待する効果が上がらないと、自分たちの協力や責任を棚に上げての評論で、内閣支持率が20%そこそこまで落ち込み、さらに総理の地元横浜市長選挙で応援し、現職の大臣を辞してまで立候補した小此木さんの敗北は、菅総理のもとでこれから迎える総選挙で自民党が勝てるのか?との声が高まり、菅総理も色々熟慮されたのだろう、自ら次の総裁選には出ないで、コロナ対策の職務に専念すると、9月3日表明されたニュースに接した。
政治家として大成するにはやはり数を抑えられるための、どろどろの権力闘争がつきものだ。これは自民党だろうと立憲民主党だろうとどの政党だろうと同じだろう。民主的結果を導くのはやはり数で決するのが常道だから。この緊張感がエネルギーとなって政治力が高まってくるものでもある。しかし、ふと個人に還って見るときに闘争の明け暮れに、時に自分の思い通りにならないことがあるのも世の常だろう。そんなとき虚しさを感じることもあるようだ。菅さんは今そんな心境なのだろうか?
posted by 明比昭治 at 21:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする