2021年10月20日

始まった総選挙。岸田内閣の船出。

10月19日第49回衆議院議員総選挙が公示され、465の議席を巡り12日間の選挙戦が始まった。自民党総裁選が9月末にあり「岸田文雄総裁」が選ばれ、続く10月4日の臨時国会で内閣総理大臣に首班指名され、所信表明を行い、各党の代表質問をうけ、岸田政権の方針を示したうえでの解散となった。解散といえど21日には4年間の衆議院任期が切れるところであり、実質は任期満了ではある。
選挙の争点はやはりコロナ禍により疲弊する人心や経済の立て直しで、ポストコロナの時代をどう切り開いてゆくのか?ということだと思われるのだが、相変わらずコロナ対策が悪かった、反省がないと批判が野党は主戦論だが、未体験の事態処方箋も無く、探り探りの対応は止むを得づ、病気への対応としても、日常や他の救急医療と共存しての対応が迫られるわけで、医療スタッフにも限りある中での非常事態としてみんな協力しながらあたってきていただいており、一定の抑え込みの兆しも見え始めているところだ。前向きの議論が必要だ。
独立国家の有りようについて世界でも色々な動きがある。そんな国際情勢も見据えながら、我が国の国民の命と領土を守り、国際協調を図りながら、平和と安定した経済(暮らし)を守るための外交や貿易経済にどう取り組むのかも、大きな世界の流れの中で日本の生き方も非常に重要な局面だ。そう見てみると我が国の今後の指針を求め行動する判断基準を、しっかり求めなければならない瀬戸際に立った今日の政権選択選挙の意味がある選挙だ。減税やバラマキ給付で目先の欲につられるような寂しい政治感覚はきっぱり断ち切ろう。必ず付けや最後の責任は政治家が取るのではない国民が取らなければならない主権者なのだ。
その意味でも我が愛媛第3選挙区では、選挙の度に所属政党が異なり政治節操も理念もない「現職議員」を変えなければ地方疲弊が一層進むことになるだろう。どうしても地方自治にも取り組み、国政にも取り組み、まさに天性の役目とに自覚をもってとりくむ「井原たくみ」候補を送り出さなければならない。選挙区地元3市長のも現職は地域課題を共有して協議する姿勢も行動も全く見られず、地方インフラの整備や経済基盤の推進など全く役に立っていないとの本音が語られている。どうしても自民党政権を維持し、政権与党に「井原たくみ」議員を送りださなければならない。選挙活動にあったっても公職選挙法にのっとり誠実な運動を務めて我々は取り組んでいるのだが、立憲民主・共産連合の取り組みはモラルも法もあったもんで無い、法の裏を突き人の心を煽動すればよいとの取り組みが多くみられる、寂しい限りだ。だが見過ごせば良識の規範さえ狂ってくる。
posted by 明比昭治 at 09:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする