2021年11月20日

このまま収まって欲しいコロナ感染。

11月に入って全国的にもコロナ感染者の状況が急速に減ってきた。夏場を過ぎての第5波のピークからすれば驚くばかりの現象で何よりだ。
原因はまだ解明されてはいませんが、全国民が感染防止に気を付け、さらにワクチンの接種も70%を超える接種率となり、ウイルその行き手が遮られての効果だろうと思う。
愛媛県でも累計で5409人の陽性感染者、死亡者累計が82名となっていますが(11月20日現在)、このところでは連日1日当たり約250人の検査を継続実施していますが、5日連続で陽性者が0が続いています。
全国各地でも驚くほどの減少で何よりであり、国を挙げての取り組みに国民も協力しての結果だと思う。このまままた年末や年始を控え人流が増えtも来るのだが、第6波に繋がらないように、ここは国民こぞって最大の努力で切り抜けたいものです。
@感染回避行動の継続徹底 A体調異変時は休んで病院に受診 B訪問先の感染状況を事前に確認の上、県外との往来は十分に注意する C会食はルールを守って密を避け実施 と、4つのポイントを示し愛媛県民に引き続き呼びかけ徹底をお願いしています。是非ご理解とご協力をお願いします。誰のためでもありません自分のため、家族のため、社会のためです。コロナ対策にも国家予算の倍以上の予算が組まれ実行されています。早く健全な日常を取り戻し、後世に積み残して国家財政に破綻が生じないようみんなで努力しましょう。
posted by 明比昭治 at 18:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする