2022年03月09日

暴力(戦争)を止めよ!

ロシアのプーチン政権のウクライナへの一方的侵攻で、建物や施設がミサイルや砲弾で破壊され、何の罪も関係もない市民が死傷の危険にさらされ、家族が引き裂かれて逃げ惑うという悲惨な状況にさらされている。寒空の中子供たちも着の身着のままお母さんに手を引かれて非難している。せめてにもと逃げ延びた隣国などでボランティアが支援活動をしてくれているのだが、この先の安心・安住・生活の目途もない。
こんな不利尽なことが許されてはならない。一刻も早くプーチン・ロシアの蛮行を止めなければならない。目には目をと軍備で対抗しては何の解決にもならず、被害の事態が広まるばかりだ。
日本に住む私たちも決して他人事で見過ごしてはならない。不利尽な侵略を許していれば、明日は我が身の状況を作ることにも繋がりかねない。
「話せばわかる」と仲裁をすることもあろうが、複雑な利害や感情がそれぞれのおかれた環境により違うため簡単ではない。最も大切なことはかけがえのない命を暴力で奪うことは誰の権利にもない。たがいに助け合って命を大切に守り合うことこそが、知恵のある人間の役目だ。
posted by 明比昭治 at 11:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする