2023年05月09日

今日からコロナ感染症5類扱いに。

WHOも5月から緊急事態宣言を解除し世界的に行動制限をかけない扱いとしたが。我が国においても5月8日より、感染症の扱いを2類から5類に緩和し、季節性インフルエンザ並みの扱いとすることになった。この3年間まさしく未知のウイルスとの戦いで、これまでに世界中で大雑把だが70億人がり患し、700万人もが亡くなった。我が国でも累計約3400万人がり患し、7万5千人が亡くなっているようだ。
ワクチンや治療薬の開発にもよりやっと沈静化したようだが、ウイルスの変容によって気は抜けない。感染対策も大切だが感染対策で何より人々の対話の機会が制限され、感染を恐れ接触を避ける風潮さえおこり、人々の心に閉塞感が鬱積したことは大きな社会形成上の問題となって、弊害を生んでおり、最もここに重点を置いて心の回復に取り組まなければならないと私は思う。
マスクで表情がうかがえなく心がつながりにくいのも事実だろう。人込みや狭い空間で飛沫を飛ばすような大声での会話は注意して、普通の会話にあまり気を使わなくてもすむようにしたいものだ。経済も立て直さなければならない。元気を出しましょう。
posted by 明比昭治 at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする