2023年05月19日

G7世界の首脳会議が被爆地広島で開催される。

2023年5月19日アメリカ合衆国をはじめヨーロッパの自由主義体制先進諸国(唯一アジアでは日本)の首脳が、「広島サミット」に集結した。先の世界大戦終結から76年の平和な時間を打ち砕き、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が行われ、核兵器の使用もちらつかせるロシアのプーチン大統領だが、唯一の被爆地で被ばくによる悲惨な状況を目の当たりにし、核使用の抑止に結び付く大きな動機に結び付くことをぜひ期待したい。戦争をしてはいけない。核兵器の使用の愚は絶対にあってはならない。アメリカのバイデン大統領も国内事情から対面参加が危ぶまれていたが、参加された。急遽ウクライナのゼレンスキー大統領もオブザーバーすることになったようだ。この機会が世界の戦争状況に歯止めとなり、平穏な世界の戻ることの機会になることを期待するもので、ここに日本の「岸田首相」の役目が生かされればと願い「広島サミット」の成功を何より願いたい。これに水を差すようなことがあったりしてはならない。
それにしても中国が中央アジアの国を集めて西安で会議をして、対抗する勢力の結束を見せたり、G7の会議やゼレンスキー大統領の参加に暴言のようなコメントを発しているが、思い上がりも甚だしいと感じざるを得ない。どこに平和思想があるのか疑わしいと思えてならず残念だ。
 
posted by 明比昭治 at 20:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月17日

総会や各種行事が復活。

3年余新型コロナの感染防止のため、緊急事態宣言を発して人流を止めたり制限したりと、各種の行事や社会活動が制限制止されていたところだが、先の5月8日から感染法上の制約も2類から5類扱いとなり、ある種の緊張感はあるが、マスクも人混み以外ははずせるようにもなり、各種の行事や会議が復活開催実施されるようになった。
特に公的な行事はことごとく書面決議や、リモート開催などの処置で対応されていたところだが、一斉に総会シーズンのこともあり、出席依頼の案内が来ることになった。やはり人々の動きにより人々の考えも伝わってくることが肌で感じられ、心にも落ち着きができるとも感じられる。
子供たちの学校行事も復活し、最近は運動会も気候変動により秋は熱中症の心配が高いので、最近は春の行われるところが多くなり、西条市内でも小中学校がこの5月にこれまでのような通常のプログラムで開催する様子が見て取れる案内をいただいた。これまでは行事の案内があっても来賓出席はお断りしますとの案内だったが、どうぞお越しをいただき子供たちの様子をご覧くださいとなっている。そこで中学校に見学に行ってみると何とみんなが待っていたかのように、じいちゃんばあちゃんまで応援や見学に大勢参加していた。やっぱり人の笑顔や笑い声が聞こえると安心でき心が和みますね!いろいろな行事にみんなで参加しましょう!
posted by 明比昭治 at 11:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月15日

令和5年自民党西条支部総会開催。、

5月15日西条市地域創生センターに於いて、「自由民主党西条支部定期総会」を開催いたしました。本来ですと2月中に開催すべきところでしたが、本年は統一地方選挙の県議会議員選挙が3月31日に告示という日程があり、支部長(明比)と副支部長(黒川)の2人が、党の公認候補として出馬を準備しており、昨年末には支部の推薦候補としての決定もされており、それぞれの候補陣営も選挙準備のために奔走しており、これまでも選挙年には選挙後にさらに県連総会までに、開催するという慣例で運営されてきたので、今年もこの日程となった。
来賓としては井原巧衆議院議員(本人)、山本順三参議院議員(広川秘書代理)、西条市長玉井敏久(本人)も出席いただいての開催だった。
議事としては@令和4年次の事業報告・決算報告・令和5年の事業計画・事業予算の承認 A役員の改選を諮り、いずれも原案の通り決定された。
昨年は参議院の通常選挙が7月に行われ、公認の「山本順三」さんが4選を果たし、11月には推薦した「中村時広」愛媛県知事がこれも4選を見事果たされた。今年では4月の県議選で「あけひ昭治」が県議として7選目、「黒川理恵子」が2期目の県議当選を果たし、いずれも市政・県政・国政のルートを結ぶ政策実現への道が確保できたことは何よりと、支部長として報告させていただいた。
ただし、党活動は選挙活動が目的ではなく、それは政策課題実現の為の1つの手段であり、日常の市民とのコミニュケーションによる地域課題の解決や、ひいては明るい安心な未来を築くための日常生活の向上につながる活動団体の仲間の活動であることを忘れず、同志の輪を拡げもって社会に貢献するとの使命感を忘れず頑張りましょうと、支部長としてあらためて決意を述べさせていただいた。
党員同志の獲得によって、一層活動に活力も出てくるので、変わらぬご協力をお願いします。コロナ後の活力創出が、いま求められる取り組みです。みんなで知恵と力を寄せ合いましょう。心さみしい時代へ進まないよう頑張りましょう。

 
posted by 明比昭治 at 21:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月12日

愛媛県議会第111代議長に「高山康人」さん選出される。

先の統一地方選挙による改選で、愛媛県議会議員の新任期は2023年(令和5年)4月30日から始まったが、5月11日に臨時議会が招集され、新しい議長に、北宇和郡・宇和島市選挙区選出の、6期目の当選を果たした「高山康人」(56)さんが選出され、第111代議長に就任された(任期は申し合わせにより1年となっている)。また第108代副議長には越智郡・今治市選挙区選出の「福羅浩一」(55)さんが選出され就任された。
今任期に始まりにあたり、大きく分裂していた自民党会派が合同し、47名の議員数の中で、31名が会派届を出しており、これからも分裂のない限り「自民党会派」で決定された、諸々の案件は決定力があるという流れになるだろう。数による横暴なことはあってはならないが、政策取り組みが同じ仲間の同志が結束行動をとることは、組織論の「いろはのい」だから、守られなければならない。
私も第102代の議長を1年間務めさせていただいたが、結構行事も多く、忙しく議長職をこなさせていただいた。この3年間は新型コロナ騒動になかにあり、諸行事が取りやめとなったり、オンラインでのリモート開催の会議に対応するなど、出張による行動は殆どなく、各地へ赴いたり対面での議論や協議がなく、体力的には楽だったかもしれないが、やはり活力ある空気づくりには欠けた。
今年度に入り5月8日から国も新型コロナを緊急事態で制限をかけるという感染症2類の扱いから5類の扱いとし、季節性インフルエンザ並みの扱い対応とすることにしたので、各種行事や会議も復活し忙しくなってくることと思う。早く活気を取り戻すため、頑張ってとエールを送る次第だ。
posted by 明比昭治 at 16:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月09日

今日からコロナ感染症5類扱いに。

WHOも5月から緊急事態宣言を解除し世界的に行動制限をかけない扱いとしたが。我が国においても5月8日より、感染症の扱いを2類から5類に緩和し、季節性インフルエンザ並みの扱いとすることになった。この3年間まさしく未知のウイルスとの戦いで、これまでに世界中で大雑把だが70億人がり患し、700万人もが亡くなった。我が国でも累計約3400万人がり患し、7万5千人が亡くなっているようだ。
ワクチンや治療薬の開発にもよりやっと沈静化したようだが、ウイルスの変容によって気は抜けない。感染対策も大切だが感染対策で何より人々の対話の機会が制限され、感染を恐れ接触を避ける風潮さえおこり、人々の心に閉塞感が鬱積したことは大きな社会形成上の問題となって、弊害を生んでおり、最もここに重点を置いて心の回復に取り組まなければならないと私は思う。
マスクで表情がうかがえなく心がつながりにくいのも事実だろう。人込みや狭い空間で飛沫を飛ばすような大声での会話は注意して、普通の会話にあまり気を使わなくてもすむようにしたいものだ。経済も立て直さなければならない。元気を出しましょう。
posted by 明比昭治 at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月06日

クレムリン爆撃アメリカが関与?ありえないだろ?

ロシアがウクライナに軍事進攻し、もう1年以上たつのだが一向に収束の兆しも見えず、一方的に攻め込まれているウクライナでは全土の各地で被害があり、復興にも大変だと思われるが、それでも陥落した様子もなくむしろロシアが攻めあぐねている状態だと思われる。
西側諸国のウクライナ支援もあるのだろうが、ウクライナもよく持ちこたえているとも思われる。いずれにせよ善良な市民が犠牲になることであり戦争は決して許される行為ではない。
モスクワのクレムリンの政府機関の上空で無人機が撃墜されたとニュースが流され、ウクライナが攻め込んだとか、アメリカが攻撃したとか言われているが、国境での爆撃ならともかく、ロシアの内陸のモスクワにウクライナやアメリカの飛行機が飛んでゆけるはずがない、必ずそれまでに偵察機やレーダーで感知され撃ち落されるのが普通だろう。解りきったような茶番なことをロシア政府もよくぞ発表するものだ。
ロシアも自国民でなく、金で雇ったにわか軍人兵でこの戦争に傭兵しているようだが、プーチン政権の独裁に反旗をあげる国内勢力も起こってきているのだろう。いずれプーチンも自滅の道へ進むのだろうことを、今回のクレムリン爆撃は予見している事柄のように思える。
北朝鮮・中国そのたロシアや中国に支援を受けて、危険な軍備を持っている国々の迷走のなきことも祈りたい。善良な人の命を奪う戦争は絶対にしてはならない! プーチンさん戦争は止めなさい!
posted by 明比昭治 at 15:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月29日

今年のゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?

いよいよ春のゴールデンウイークが始まりました。皆さんいかがお過ごしですか?どうも半分くらいが雨模様の天候がすぐれない予報ですね。前半は何とか晴れるようですので、外出を計画している方は前半に予定されるといいですね。ともかく前3年は新型コロナ感染防止のため、行動が制約されほとんど外出(旅行)もできず、友達などとワイワイの食事会も宴会もできなかったので、今年はやっとの解放感もあるでしょう。
外国旅行などもかなり出かけるほうも、インバンウンドのほうも緩和され、往時の7・8割がた回復とも報道されていますね。
大いに気分転換も必要でしょう楽しみましょう。ただし必要な感染防止には心がけながら・・・要するに節度ある行動に気を付け、特にドライブの際には交通事故には気を付けましょう。
いろいろな会議や懇親会も、対面での取り組みが始まりました。やはり生の声で顔を見ながらの会話は、表情も心の動きも見えていいですね。
連休明けからは感染症対策も2類から5類へと一般のインフルエンザと同等の扱いになりますが、感染すれば毒性や後遺症に心配もあるようですので、まったく無防備にすることなく、気を付けましょう。
わたしは、先の選挙もありゆっくり過ごしたいと思っています。家族にも苦労を掛けたので、温泉旅行でも出来たらいいのですが、どこも一杯で予約も取りにくいので、家で食事会でもしてゆっくりすることにいたします。読書も含め鋭気を養ってまたまた頑張ります。
posted by 明比昭治 at 18:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月26日

統一地方選挙を終えて

いわゆる統一地方選挙(知事・県議会議員・市長・市議会議員・町長・町議会議員など)でいわゆる地方自治に携わる方々を選ぶ選挙が3月末から4月中旬にかけて、全国各地で選挙が行われた。(統一と言いながら合併や解散などで統一が50%にも満たない状況であるが・・)この選挙で特徴的なことが@無投票当選が多くなっている。A投票率が下がっているB女性候補者の立候補が多くなっている。などが特徴的なありようだった。どれも大事な要因であり、今後の在り方に大いに生かされるべきだろう。何も手を打たなければ国民の政治離れは益々ひどくなってくるだろう。自由・平等・基本的人権の尊重など民主主義体制を守るための憲法を定め、諸制度を組み立てて社会を維持してきたのだが、それらの約束を守るため国民の自主的判断や行動が過半数以上の人が関わらない(参加しない)状況で本当の民意が示されたと判断してよいのだろうか?最近選挙のたびに考えさせられる問題だ。
ともかく投票に参加して、候補者の人となりを理解して支持できる人に投票し、その後も政治家の行動をよく見て、協力して行動しましょう。
今回の選挙でもなされる反省だ。次には改善につなげよう!

posted by 明比昭治 at 17:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月18日

また選挙応援の総理が狙われる。

和歌山県の衆議院議員補欠選挙の応援演説に来た「岸田文雄首相」に爆発物が投げ込まれ、首相にも聴衆にも幸いけが人が出なかったが、筒状の爆発物は破片が40Mも飛散するという事件がおこった。
昨年は参議院議員選挙の応援に、奈良に出向いていた安倍元総理が改造銃で撃たれ死亡する痛ましく残念な事件もあったところだが、選挙中は特に民衆の中に入って身近に話しかけ、政治姿勢などを語り、貴重な選挙の判断材料を示すのが開かれた民主社会での代表を選ぶ判断材料を持つ機会を作ることは、最も大切で認められる活動である。これを根底から覆えし、民主主義を否定する蛮行は、許されざることである。
選挙に関心が薄れ投票率が下がる一方の危機的状況を逃れるためにも、政治家と有権者は身近に接することこそ大事なのだが、こんな訳のわからない蛮行には断罪
で処罰すべきだ。最近これも含めて良識の欠片も感じられない事件が多いが、日本が怪しいとも思える。思いやりの心など何処のいあるのだろう?
posted by 明比昭治 at 18:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月10日

当選できました!図らずも今回もトップで!皆様のおかげです!

令和5年4月9日投開票で行われた、県議会議員選挙の西条市選挙区で、今回7期目への挑戦で選挙戦に挑みましたが、見事に4議席のうちトップ当選で議席を得させて戴くことになりました。
本当に皆様の温かいご理解とご支援の賜物であり、感謝に堪えません。後援会の皆様には88歳とご高齢になった会長の「田中達夫様」をはじめこれまでも誰一人変わらず役員を務めていただき、鉄壁の結束でツーカーの気心で結ばれており、他のどの政治家の皆さんの後援会よりも結束力の良い後援会が、私の活動力の源であり、自信の活力源です。もっとも自慢できる応援隊です。
27歳で西条市議会議員に当選させていただいて以来、今年で48年、今回の県議の任期を含めて50年余(途中4年の落選浪人がありましたが)まさに半世紀を議員として地方自治に携わらせて戴くことになります。年々歳々いろいろな取り組みに関わらせていただき、充実の毎日を送らせていただいていますが、自分でも感心しています。
時代は今大きな構造改革が求められています。基本は人間としての生きているている価値をどう求め発揮してゆくという「人間力」に科学や技術をどう生かして共存社会を築いて行くかです。誰もが野次馬に乗らず冷静な見識をもって、協調し頑張りましょう。
有難うございます。今後とも宜しくお願いします。
posted by 明比昭治 at 08:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月07日

県議選挙の最後のお願いです。投票お願いします。

いよいよ4月9日投票開票の県議会議員選挙へ残り1日となりました。明比昭治7期目に向け最後のお願いです。決して忘れず投票をお願いします。明比昭治地方自治にかけて、西条の政治環境づくり一筋に取り組んできましたが、コロナ後のさらにロシアの軍事侵攻による平和への脅かしの中、社会の安定・平和を守るため懇親の努力を傾け、未来が希望ある社会をつくるため、背筋を伸ばし、市民を裏切ることのない政治姿勢をつらぬき、混迷の社会を切り抜け正してゆけるよう頑張ります。恥ない結果が出せるよう心ある同志の皆さんの応援・投票を宜しくお願いします。
posted by 明比昭治 at 19:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月04日

選挙戦中日となりました。応援激励有難うございます。

3月31日告示となりました県議会議員選挙も、今日で4日の中日となりました。立候補や出陣の準備の終われていましたが、多くの後援会の皆さんや古くからの変わらぬ友人の支援者、更には各種団体・企業の皆様に力強い応援を今回の選挙でも賜り、順調に選挙戦を進めております。
早朝から夕刻まで皆さんのご支援に感謝に堪えません。
今回の選挙戦は3年前からの新型コロナの感染拡大防止のため、あらゆる機会の会議や活動の制約が大きく影響し、活動的で活発な運動には結びついていませんが、長い間で培ってきた皆さんとの絆に結ばれたつながりが何よりありがたく感じる選挙戦です。しかし気になるのは投票率で明比さん大丈夫よ!今まで出かけることが制約されていたのだから投票に行くことも遠慮しなければならないのだろう。国会の議論や議員の行動の報道を見ていても政治や選挙に不振や満足感が得られないなどなど・・・選挙を盛り立てる要因がなく、投票率が非常に心配されます。
地方議会は日常性価値の最も身近にとらえられる課題につながる政治活動ですから、言葉に惑わされることなく日常の活動や政治活動姿勢の心情をしっかり見極め、信頼で切る人を選んでほしいものです。
明比昭治地方自治一筋に地元のため、これまでも取り組んできました、これからも地域と国政のパイプ役としてしっかりと取り組みます。
明比昭治の支援を呼び掛けてください。期日前投票も多いの活用して投票率の向上にも呼びかけをお願します。賢城期目に押し上げてご支援をお願いします。
posted by 明比昭治 at 09:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月23日

WBC大会日本優勝万歳!

WBC大会決勝戦で、「侍日本」アメリカを下し優勝。試合前選手のチームを鼓舞しチームワークを徹底するため、各試合ごとに声出しをやっていたが、決勝戦では「大谷」くんが音頭を取っていた。その言葉にアメリカのドリームチームの選手に憧れないで、自分たちの試合をしよう!と呼びかけがあったようだが、まさにその通りで相手に自ら飲まれて臆していたのでは最初から負けている。堂々と決勝戦まで進んだ日本チームが誰に引けを取ることもない実力のある選手の集まりでありチームなのだ。さすがアメリカにわたりアメリカで実力を発揮し、むしろ世界中から集まったアメリカの球界の選手として、日ごろから臆することなく自ら戦っている成績を残している選手の言葉として貴重な経験則の言葉だ。
それによりみんな自信をもって決勝戦を戦い、最高の実力をそれぞれ発揮し優勝が導かれた。本当に侍ジャパン「優勝おめでとう」。日本が世界の臆することのない実力を何の世界でも発揮できるものを持っているのだ。頑張ろう。世界に貢献できる日本の魂を守ろう!
posted by 明比昭治 at 21:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月21日

WBC大会準決勝日本メキシコに勝利。

日本での予選に勝利し、アメリカフロリダに舞台を移し、決勝トーナメントを行っている野球のWBC大会だが、準決勝で日本はメキシコと対戦、試合はメキシコに3点リードで進んだが、9回の裏、日本は大谷から打撃が始まり、次がフォアボール、5番村上となり村神様センターオーバーヒットで見事に最後は劇的逆転勝利、日本の根性と底力を見せつけた。このように最後まであきらめず、全員が協力して目指す目的のために頑張る姿勢の大切さを示してくれた。この学習は大きいものがある。今厳しい世情にあるが今こそ同じ方向を目指して国民が協力すべき時だ。この教えをぜひ日本国の将来のためにも生かしたいものだ。そんなことをつくづくと教えられた試合運びと結果だった。あと1勝総力を上げて頑張り、優勝を勝ち取ろう!
posted by 明比昭治 at 19:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月16日

県議会議員6期目の最後となる定例議会を終えました。感謝と責任感で万感の思いです。

3月15日愛媛県議会議員として6期目の最後の定例議会が閉会となりました。3月7日にはこの議会での一般質問の最後の登壇者として機会をいただき、@増え続ける高齢者の孤独・孤立問題への支援にどう取り組むか。A西条は県下で最も大きい被害が想定されている今後の巨大地震に備える公共土木施設の強靭化への取り組みの進捗状況と、ため池の防災対策は。B石鎚をめぐる主要地方道西条久万線の危険区域の改修状況と早期貫通に向けての考えは。C企業創業支援のスタートアップ支援について。D地域資源活用のユニークべニュー生かした観光誘客の取り組みは。
E県有施設の老朽化対策に「公共施設等総合管理計画」の中で年次的にどう取り組むのか。の6点の諸項目について、地元課題も含め質問をさせていただきました。【詳しくはホームページで報告していますのでご覧ください】。
コロナ対策騒動やロシアのウクライナへの軍事侵攻などで、社会秩序が平和思想においても・経済バランスにおいても大きな変動状況を内蔵し、人々の心の平穏も保てず、不安定・不穏な社会状況にあり、一日も早く、地元問題も、国内問題も、安定し将来希望がもてる状況を生み出さなければならない。そんな思いを込めながら質問にも立たせてもらった。
あらためて厳しい課題に勇気をもって取り組む政治的リーダーシップも必要であるとの自覚をもって、将来へ希望につなぐ社会づくりのために、県議会議員としての活動に勇気をもって取り組みたく、明日から7期目への活動の場が得られるようにと選挙戦に全力で取り組みます。
皆様のご支援をよろしくお願します。この選挙戦盛り上がりません投票率が気にかかります。必ず投票に行くよう呼びかけをお願いします。
posted by 明比昭治 at 23:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月01日

今年の県議選まで1ヶ月。

今年は愛媛県議会議員選挙も改選期となる。先にも書いたのであるが、7期目への出馬について、後継してもらえる若手の擁立について後援会幹部とも取り組んだのであるが、残念ながら実らず、自民党関係議席の確保のためにも私に引き続き出馬されたいとのこととなり、3年余も続くコロナ禍により、蔓延防止策とは言えいろいろな社会生活や事業活動への制約が、人々の心の中まで浸透し、物事がうまく運べないのは他人の性のごとく、排他的な風潮がよく見られるようになっている。こんな心の荒廃が将来不安を増幅させ、だからこそ元気を取り戻すようにみんなで頑張ろう!と意気を上げ、課題解決に協力のエネルギーを沸き立たせるべきだとの、後援会や党員の後ろ盾をいただき、7期目への出馬を決意し、皆さんにこの気持ちを伝え共有して活動の輪を広げる活動を始めたのだが、選挙告示まで1っヶ月となった。
私の議会活動の様子や、政策取り組みの思想などホームページに逐一、掲載しています。
今日とってつけたような活動でなく、27歳で市議会議員として取り組んで以来、終始一貫議会の活動報告を包み隠さず、絶やさず、市民にお届けしてきています。
近年選挙や政治活動が、スキャンダルを中心ネタにし、有権者を野次馬のように巻き込むようなSNSで無責任情報流布が当たり前のように扱われ、社会混乱の要因となっている、良識だけは守ろう!社会を混乱させて最後の犠牲者は全国民となるのだ。皆さん冷静に考えてほしい。
私のことを名指ししないが、公式な議会活動の海外研修視察のことについて、問題があるかのように流布している政党ビラが出ているようだが、私のホームページで公式な議会活動の報告をご覧ください。外国の様子も知り、交流の機会も生かして、議員活動の見識を広め、日ごろの県政議員活動の中でも政策に生かし取り組んでいます。物見遊山な旅行など議会で許可されるはずもない。公党たる人格あるひとならフェアな見識を発表されたいものだ。


posted by 明比昭治 at 21:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月11日

3年ぶりに開催できた「建国記念の日奉祝大会」

神武天皇が日本の国の天皇に即位され、皇紀2683年の歴史をもつ「建国記念の日」(紀元節)をお祝いし、地元の伊曽乃神社で橿原神宮遥拝・皇居遥拝の後「奉祝祭」に参列、コロナ禍で開催を見送っていた市民団体による「奉祝大会」が3年ぶりに開催され、午後は西条市文化会館での行事に参加した。
記念講演として「日本を守るための提言」の演題で『江崎道朗』さんの講演があり、世界の中での日本のあるべき道の選択を、世界的視野の中で求めてゆく必要性がとかれ、とかく目の前のことに翻弄されることのないようにすることが、国と国民を守ることになる。これまでも先人は世界的で先験的視野で国を導いてきた。等々の講演であった。
万世一系の天皇陛下と皇室を守り世界に比類なき悠久の歴史を紡いできたこの国に誇りをもって、目先の雑事に翻弄されることなく、自己の信念をしっかり持って、家族や地域社会・国家を守る国と国民として、頑張ろうと私も皆さんに呼び掛けて、会の閉会の挨拶を務めさせていただいた。
posted by 明比昭治 at 18:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月05日

1月は往ぬる。2月は逃げる。3月は去る。

昔の人は良く言ったものだ。もう1月を何かや行事に追われ越してしまい。2月に入っても節分じゃ、立春じゃと毎日暦を追うように毎日をすごし、いつの間にやら過ぎてしまっているようなことになるのだろう。
今年は特に正月来、4月の統一地方選挙を目指して、選挙の準備をかかることとなったので、余計に毎日のすぎることが早く感じてならない。焦ってもしょうがないが、コロナ禍によりこの3年間ほとんど各種大会や行事が組まれず、市民の皆さんと直接顔を合わすことも言葉も交わすことも非常に限られた状況で、市民の皆さんの選挙に対する反応も薄く、訪問しても長居は敬遠されるので、ほんの儀礼的な挨拶に終わってしまうような状況もあり、さらに選挙のための儀礼かやと、冷たい反応があったりで、非常に反応が見えずらく、気持ちもあせるばかりでもある。
愚痴を言っても始まらない。長年培ってきた皆さんとの信頼を信じて、進むばかりだろう。国会の政界の状況がスキャンダル暴きで、国民からの信頼感を失うような状況で、マスコミも報道して国民の不信感を煽って増幅させるような事案も多く。有権者が選挙など・・と敬遠の空気も高くなっている。これを払しょくできる活動を私たちが心得て実行するばかりであろう。責任重大な役目だがしっかり背筋を伸ばして頑張ります。
posted by 明比昭治 at 21:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月31日

今年は参道に露天商も出て賑やかに「お椿さん」

伊予路に春を呼ぶと言われている松山の「椿神社」のお祭りが、天候にも恵まれ3日間賑わった。コロナ渦騒動で2年は参道に露天商も出さないで、夜の参拝も中止して期間を10日間にして実施されていたのだが、今年は何時ものように露天商も出て3日間だが賑やかに斎行された。
1・2日は曇り空で寒波に見舞われた中だったが、3日目は晴天で気温も和らぎ、言い伝え通り、伊予路に春を呼ぶ気候を呼んでくれたようだ。
コロナ感染も第8波のピークを越えたようで、政府も5月8日からは、マスクの着用も緩和する方針を出している。それにもすったもんだの議論をしているが、まず自己責任で自分の健康管理は取り組むことが前提に無ければならないのではないか。その上で周りに迷惑をかけないことを考え、色々な病気治療に支障が起きないよう、まん延流行をみんなで抑えようではありませんか。
一方でしばらく潜んでいたインフルエンザが流行の兆しという。健康管理にくれぐれもご注意を!
posted by 明比昭治 at 19:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月28日

SNSの悪用で人格も社会秩序も壊してはならない!

ネット社会に進展は目まぐるしく進んでいる。大産業革命が起こっているともいえるのだろう。合理性を追求し無駄をなくし効率的な社会に発展させるために、今やなくてはならないツールであり社会の流れである。
しかし、一方で人間の心を蝕む利用の仕方も進んでおり、ネットで中傷いじめ、ネットで詐欺、犯罪も多発している。ネットで犯罪手段を組み、遠隔操作で現場を指示し、各地で強盗事件を起こしている事件を聞くにつけ、日本の治安の行方が恐ろしく思う。
ネットで有名人などのスキャンダルをでっち上げて中傷して売名を諮り、国会議員にまでなれる時代だが、国権の最高決議機関であり最高の良識の府に携わる人がそもそも国会議員であるべきものだが、議員になった人も許せないが、それを軽薄に投票して選んだ国民の行動にも民意の表し方の低次元化にあきれるばかりだ。こんな社会の有りようを次代を担う若い人たちに何と説明したら良いのだろう。
家庭で学校でみんなで話し合い社会の良識の有りようとそれを守るべき行動規範を、皆で考えよう。良識の有るマスコミが良識ある報道で、良識ある国民の民意を育てる役割を果たして欲しい。こんな義務や責任感もない人格の集団国家になってはならない。自由や民主主義を守るためには、自分の欲望の追求手段の主張をごり押ししてはなりません。偉そうには言えませんが、共存協調は当たり前の行動規範でしょう。
posted by 明比昭治 at 21:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする